伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第33回(最終回)/方舟のファイサル
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

第33回(最終回)/方舟のファイサル

僕は大学に復学。学芸員の資格をとって卒業。それから帰郷して磐城市職員となり、郊外にある山に囲まれた小さな資料館に配属された。週一度、カルチャースクールの絵画講師として地元の人たちに水彩画やデッサンを教えている。

真希さんは中学校で美術教師をしている。僕は彼女の家に婿として転がりこんだ。籍は入れているのだけれども、「病い」はまだ完治しておらず、腰は相変わらず役ただずで、子供などつくれない。実質をいえば姉と弟の関係を引きずっていた。それでも傍目には仲の良い夫婦として映っていたようだ。

花が絨毯をつくる季節の週末だった。僕たちはテトラポットに並んで座って、海を描いていた。新舞子という白砂青松の名所だ。砂浜に打ち寄せる波を、概観を描いてから、細部である波を木炭で一気に描く。
真希さんがいった。

「ねえ、涼介君。今でこそ評価が高くなっているゴッホも、もともとはセミプロの画家だったんだよね。画商だった弟テオと文通していた。ゴッホは最後の作品、『ライラック』弟夫妻に贈っている。甥が生まれたのを祝福したものよ。それからテオの家の子供部屋にはその絵が飾られるようになった」

真希さんも僕も手を止めてはいない。真希さんは続けた。

「ゴッホの祖国オランダはね、貴族じゃなくて、一般市民たちが絵画を食堂に飾る習慣があった。第二次世界大戦のときに、ナチス・ドイツが絵画を略奪していった。戦後、市民たちはあらゆる方策で取り戻そうとした。なぜだか判る? 家族になっていたからよ。涼介君、貴方の絵はピカソのように、画用紙に一枚描いて画商に手渡せば別荘が買えるタイプの絵じゃない。どこかの名もない市民の食堂に飾られて家族になる。父が貴男の絵をセミプロといったのはそういう意味よ」

僕のスケッチは出来上がろうとしていた。大好きなアンモナイトを画面上方に描き込む。ペットボトルのミネラルウオーターを口に含んで飛沫をかけた。画面が滲んだ。アンモナイトを残して、周囲の海と空を、指や手のひらでこする。

真希さんが、のぞき込んだ。

「何っ、これ? 木炭デッサンと水墨画が融合したまったく新しい画法。進化している。凄い! 涼介君、劇的に進化しているよ」

僕が大人になるまでに、いくつかの小惑星落下のような衝撃と、それによる「核の冬」のような状態を経験した。螺旋のように繰り返される運命。愛するアンモナイトは死んだ。ランプ先生のいう、「神」になることはできなかったが、「人」に進化することはできたかもしれない。

翌年、彼女が懐妊し女児を出産すると、「雫さんの生まれ変わりよ」といってくれた。近頃はすっかり泣き上戸だ。

『伊勢物語』主人公の詩人は、恋人を鬼に食われ、東国をさまよった挙句、故郷にしか居場所がないと悟って都に戻る。「東下り」という連作だ。僕は反対に西をさまよって田舎に帰った。

  ☆

昔、恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は指を差して恋太郎と呼んだ。花や紅葉がはらはらと漂う、そんな若者であった。


スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。