伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第27回/方舟のファイサル(謎の男ファイサルとは?)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第27回/方舟のファイサル(謎の男ファイサルとは?)

食事を終え大部屋に戻って仮眠し、目が覚めたところで浴室に行った。

浴槽はくすんだ色をしていて、四角く、プラスチック製だったか、十人くらいが入れると思われた。底のほうがぬるぬるしていて赤みをおびていた。

客の大半を占める中国人たちは、共同浴場での浴槽のつかりかたに慣れておらず、ホテルの個室バスタブのように身体を洗う。ゆえに大勢の中国人が入った後の風呂の底には汚泥と化した垢が大量に沈むことになるのだ。

僕があがろうとしたとき、いつの間に来たのだろう、レバノン青年が僕の後にきていて、浴槽をのぞきこみ、「キッタナーイ」とつぶやいた。ルイ・ビトンのサングラスは外している。

浴室に、中年の中国人が入ってきてシャワーを使おうとしたのだが、いきなり熱いのを出してヘッドを床に落とし外してしまった。ホースの先がねずみ花火のようにくるくると床で回転している。止め方が判らないのだろう、(悪いけれど止めてくれないか)という目配せをし、中国人は、そのまま、外のシャワーを浴びることもなく逃げるように外へ出た。僕は蛇口をとめて、ヘッドを元に戻してやった。

レバノン人は、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を口ずさみながらシャワーを浴び始めた。心臓が高鳴ってきた。平静を装って横に並び僕も蛇口をひねった。少ししてから蛇口を止め、シャンプーを頭にぶっかけ泡立てると切りだした。

「タムラ・リョウスケだね」

「どうして僕の名前を知っている?」

「『兄弟』が教えてくれた。ファイサルだ」 

「『兄弟』って?」 

「戦友だ。子供のときから一緒、いま脱衣場にいる」

二十代後半というところだろうか、シャワーで洗っても消せない匂いがする

ファイサルと名乗ったレバノンの男は、偶然にここに入浴したのではなく、さしで話しがしたかったようだ。体躯は大きくはない。どちらかといえば小柄だ。無駄なものが一切なく、筋肉は最小限必要なものだけで、まるで登山家のよう。しなやかに伸びた四肢、プラチナのイヤリング、そして右肩に掘り込んだワンポイントの入れ墨《タトウー》。入れ墨はどういうわけだかスヌーピーとウッドストックが彫ってある。

(いったい、どういう奴だよ) 

ファイサルは蛇口を回して泡を流す。僕もならって、シャワーを止めた。 

「リョウスケ、アヤノ好きか?」

「ええ、好きですよ」

「そうか」

すると、いきなり、レバノンからきた男が、僕の横っ腹に人差し指をあてて、「ぱあん」とつぶやいた。憎悪は感じられないのだが、かえって恐怖感を与える。

(何人も殺している。撃つときに感情がないんだ)

そいつは、片目をつぶってから僕の肩を叩いて先に出ていった。扉が閉まると、膝が、がたがた震えているのに気づく。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line