伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第11回/方舟のファイサル
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

第11回/方舟のファイサル

第二章 天使の記憶


一九八八年九月――

夏休みの遺跡調査が終わり秋になった。夕方近く、僕は、雫と待ち合わせして帰る。遺跡の目の前にあるバス停。その後ろに控えたオレンジ色をした洋風屋根瓦の喫茶店はとてもありがたい存在だった。珍しく店の前にオレンジ色のポルシェが停まっていた。中に入ると、レコード・プレイヤーからはシャンソンが流れていて、カウンターの横には、楽器ケースが壁に立てかけられている。僕が不思議そうにみていると、マダムが微笑んだ。

「あれね。教授のよ」

教授と呼ばれた人は少し遅れてやってきた。夏休みの発掘調査の顧問になっていた先生だ。ケースの中身はマンドリン。教授は微笑んで、「どうだい、唄ってみないかい?」と僕に提案した。

教授はくわえ煙草。霜を混じえた頭はナチュラルヘア。細面、口髭。いつもスーツを着こなして、蓋のない懐中時計をズボンのポケットにしのばせていた。そしていつも煙草をくわえている。従弟からもらったカセットのカバーにあった音楽家のポール・モーリアそっくりだ。少し長いので、学生たちは、ポモリ教授と呼んでいた。

シャンソン・レコードのアルバムが終わったので、マダムが針をはずした。教授が奏でだす。


  ある晴れた昼下がり市場へ続く道
  荷馬車が、ごとごと子牛をつれてゆく


「『ドナドナ』はね、楽しげに唄ってバランスをとる。音楽というのはそういうふうにやるんだよ」

(なるほど) 続けた。


  可愛い仔牛、売られてゆくよ
  悲しそうな瞳でみているよ
  ドナドナドナ
  仔牛を載せて、  
  ドナドナドナ
  荷馬車が揺れる


 「うん。いいぞお」

 雫が入ってきた。「どうしたの?」と素っ頓狂な声をあげた。楽しいから唱いたくなり、唱うから楽しいのだ。ほかに理由などあるものか。ポモリ教授と過ごす時間はとても愉快だった。教授は僕にいった。

「恋人さんかい?」

「はい、そうです」

「ずっと一緒に生きられたらいいね」

「そのつもりです」

教授はマンドリンをケースにしまいながら、ナポリタンを三人分注文し、僕と雫にご馳走してくれた。


スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。