伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 第4回/恋愛三国志『カント祭』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

第4回/恋愛三国志『カント祭』

粗筋/昔、帝国学園という中学校があり、生徒会というものはあったが、実質は番長が君臨していた。だが、黄助、薫太といった二代に渡る番長が、生徒会のケンに手を下そうとしたとき、立ち上がった乙女連合によって追放された。ところが乙女連合は、絶世の美少年であるケンの唇を巡って、二分してしまう。運動会「カント祭」が始まった。

恋愛三国志
第4回 カント祭

日差しがきつくなってきた。もう昼食の時間になる。午前では、玉入れ、綱引きといった運動会定番演目が行われていた。紹子を棟梁に頂く紅組は、曹子の白組を圧倒していた。

「曹子さん、ちょっとやばいかも」

「ここが踏ん張りどころ。勝利というのはこういうところでつかむものよ」
二年生の曹子は、ジャージ上着を肩で羽織り、カバーに収まったテニスラケットに両手を添えて、長い髪を風にたなびかせていた。

三年生の紹子が、またしても麾下の紅組が勝利して、浮かれた顔で横を通りかかった。

ブルジョア嬢を気取った生意気な金髪の小娘が……。敗け惜しみを――」

「あら、まだ貴女が勝ったわけではなくってよ」

黒髪でショートヘアの紹子、金髪にしたロングヘアの曹子。二人とも背丈があり、まるでスーパー・モデルのようだった。

帝国学園は、敷地が二百メートル四方あり、高さニメートル・フェンスの内側は桜で囲まれている。鉄筋コンクリート三階建ての校舎が一棟を北に配し、中央のトラック・各種球技場といった運動場を挟んで、東に体育館とプール。西に剣道・柔道・弓道といった各種道場、プールが並んでいる。

牡丹桜が咲く頃。運動会が行われる。学校の創立者が、学生のときに著書を読んで感銘を受けたという哲学者の名をとって、「カント祭」と呼んでいた。全校生徒は、源平合戦になぞらえて、紅組と白組に分かれる。

午後の演目の第一回戦は女子騎馬戦だ。勢いに乗った紅組が、白組に迫ったそのときだ。屋上にいた白組の男子生徒が、対戦相手である紅組女子の顔に、鏡で光を当てたのだ。めくらましをくらっている隙に、白組が突撃して一気に形成を逆転させた。

紹子が地団駄を踏んだ。

「ひ、卑怯な――」

「戦いに卑怯も糞もなくってよ」

曹子が笑った。

この年の体育祭においては、ルールはシンプル化していた。腕っ節の強い者が勝者なのだ。風向きが変わった。前半押されていた白組が紅組を制したのだ。生徒会長ケンは白組女子たちに口づけして回ることとなり、紅組を率いていた三年生の紹子は、手下であった男子生徒の支持を徐々に失って行くのだった。

朝のことだ。運転手付きの黒塗りベンツが校門前に止まった。僕は金髪の曹子に手を取られ降りた。出迎えた生徒たちが僕たちを、いや、曹子に、うやうやしく一礼するのだった。

「曹子、いまにみていらっしゃい」

ただ紹子の側にいた乙女連合の実力者である孫美や劉胡といったグループは、曹子の強引なやり方を良しとせず、同盟関係を強固にして行くのであった。分裂した乙女連合のもめ事は、夏休みを過ぎ、秋の文化祭「アカカベ祭」に持ち越される。

(つづく)

【登場人物】
ケン:中学二年生。上級生生徒会長の転校により、副会長から会長にスライドする/黄助:初代番長/薫太:二代目番長/呂三郎:薫太の幹部/紹子・術江姉妹、曹子、孫美、劉胡:乙女連合実力者
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

こんにちは、
おきてがみ訪問、何時もありがとうございます
これからもよろしくお願いします。

ninntama様

お返事ありがとうございます
今後とも宜しくお願いいたします
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line