伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 ギリシャ文明/滅亡文明12
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

ギリシャ文明/滅亡文明12


ギリシャ人そのものはいまだに存在する。古代ギリシャというのは、ローマ帝国により統治される以前のギリシャ文明のことだ。古代ギリシャ人には三系統があった。イオニア人、ドーリア人、アカイア人だ。

第12回 滅亡文明
ギリシャ文明

紀元前2000年ごろ、イオニア人がエーゲ海北岸から、かつてトロヤ文明のあった小アジア(現トルコ)に住むようになる。

それから600経った紀元前1400年ごろにアカイア人が、ギリシャ南部のぺロポネソス半島・クレタ島を支配。それまであったミケーネ文明・ミノア文明の残照を根絶やしにした。

さらに200年経った紀元前1200年ごろ、ドーリア人が、アカイア人が支配していたペロポネソス半島を横取りする格好で割り込んできた。



ギリシャ人たちは、先住民文明を取り入れつつ、さらに400年経った紀元前7・800年ごろに、都市国家群をそれぞれ築いて行く。古代ギリシャ文明はここから始まる。この文明は、やがて大いに栄え、人口を爆発的に増やした。結果、本土で収容しきれず、地中海・黒海沿岸に植民都市を次々と建設して行くことになる。

貿易が盛んだった。交易品は穀物と錫。錫はもろい銅と合金すれば丈夫な青銅器になる。

ギリシャ本土にあった各都市は、だんだんと有力都市に統合されて行く。 アテナイ、コリントス、スパルタなどが有名なところだ。その過程で、国王権力が弱くなって有力貴族が実権を握り、さらに市民が戦争に参加して行くと、民主制となり、逆に反動して有力者が国家の実権を握る僭主制になったりした。

紀元前492年・449年、「世界」の覇者であったアケメネス朝ペルシャが侵入してくるペルシャ戦争が勃発。対するギリシャは、アテネとスパルタを中心に連合し撃退する。「市民」という自覚をもったギリシャの重装歩兵は、密集陣形をつかって、奴隷戦士35万前後のペルシャ軍を撃破した。



ペルシャ戦争後、せっかく団結したギリシャ諸都市は、ペロポネソス戦争などの覇権争いをする。体力がなくなったところで、北部に割拠して兵力を温存していたマケドニアが南部に雪崩れ込んで、一気に全土を統一してしまう。以降をヘレニズム時代という。

そのときの王がフィリッポス王で、息子が、あの、アレクサンドロス大王である。大王がアケメネス朝ペルシャを征服して、世界に君臨したが、三十代で没してしまう。

後継者たちが帝国を分割。プトレマイオス朝エジプト、セレウコス朝シリア、アンティゴノス朝マケドニアに分裂。マケドニアは内紛を経ながらも辛うじて王権を保つのだが、紀元前168年にローマに敗れて四つの共和国に分割されてしまう。古代ギリシャはここで終わった。



一見して、自民族各都市・諸国家の勢力争いがもとで古代ギリシャ文明は滅んだかのようにみえる。果たしてそれだけか?

環境考古学の立場からすればこう指摘されている。もともとギリシャは豊かな森であった。森の木々を切り出して、大きな船をつくり、地中海一帯を交易圏とした。豊かな財力で都市を築いて行く。

森を切り払って、そのままにしておけば良いものを、彼らはそこで羊を放牧した。羊は再生しようとする木々の芽を食べてしまう。森は死滅し、半砂漠状態となる。緑豊かな天上界オリンポス山は禿山となり、土砂はアドリア海に流れ出す。すると沿岸は湿地となって藪蚊が大量発生。蚊はマラリア菌を身に帯びて、人々を刺してまわる。

環境破壊による食糧不足、藪蚊を媒介とした疫病で、人口が激減。ローマ文明に対抗する力を失い文明は滅んだというのだ。古代文明の崩壊パターンだ。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line