伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 アンボワーズ城で待つ君に8/ハプスブルク戦記
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

アンボワーズ城で待つ君に8/ハプスブルク戦記

まだ言葉を交わしたことのない王子の花嫁。娘である姫を奪った国の悪い王が、その花嫁すらもさらってしまいました。王子はついに行動に移ります。

ハプスブルク戦記
桜の下の王子様

第2章 アンボワーズ城で待つ君に



一四九一年のフランスだ。

シャルル八世が、二十一歳になったのを機に、摂政職にあった姉とその夫は辞任した。タガが緩んだのか、青年国王は奇怪な行動に出た。国軍を北伐させるとの詔勅を出し、ブリターニュ半島に侵攻したのだ。そこには同名の公国があった。楽勝だ。兵力は圧倒的だし、公国は先君を亡くした混乱がいまだに続いていた。何より、現在の当主は十三歳の少女だったのだ。姉と同じ名前でアンヌといった。

女公は、マクシミリアンに援軍を要請した。まだ直接言葉を交わしたこともない形式的な夫だ。その人は、アルプスの彼方のウィーンでハンガリー軍と対峙した格好で動きが取れないでいた。ブリターニュのレンヌ都城は、さしたる抵抗をすることもなく、ヴァロワ王家による占領を許してしまった。

アンヌ女公のいる宮殿は、いかにも封建領主が棲むゴシック風の城館で、柱列が等間隔に並んでいた。シャルル八世は長身で細面だ。取り巻きを引き連れたその人が、レンヌ宮殿広間に颯爽とした足取りで入った。

(田舎臭い城館だ)

君主の椅子に座った少女は、侍女にしがみついて震えているばかりで、脅迫される都度、首を縦にするほかなかった。

「教皇には、たぷり贈り物をして、マクシミリアンとの離婚を承諾させている。後は貴女の同意を得ればよいだけだ。もっとも、拒否することは許さないけどね」

若い国王が、震える少女の手を引いて、前大公の書斎にやって来ると、取り巻きの中にいる黒衣の貴紳を呼んだ。

「好きなだけやろう」

「ありがたき幸せ」
コミーヌが、書棚を少し眺めると、羊皮紙を綴った古文書を一冊だけ抜き取った。

「欲のないことだな」

シャルルが笑った。



若い国王は、神聖ローマ帝国ローマ王の幼な妻を強奪し、意気揚々と、本拠地アンボワーズ城に凱旋した。元摂政であるブルボン公夫妻が待ち受けていた。シャルルが下馬した。姉のアンヌが、駆け寄って、平手打ちを食らわせた。

「マルグリットの立場はどうなるのです?」

「離婚します」

「離婚? フランドル地方の支配権は、ブルゴーニュ公国公位継承権を持つマルグリットを王妃にしているということで成り立っている。離婚するということは、ヨーロッパ随
一豊かな彼の地を手放すということよ」

「ならば、妾にでもしておきましょう」

「マクシミリアンが黙っていないわ」

「奴ですか? 花嫁を掠め取られるというのに見捨てた腰抜けではありませんか」

シャルルは腹を抱えて笑い出した。



マクシミリアンは、フランスから遠くは離れたオースオトリーのウィーンにいた。広間には主だった家臣を集まっている。知らせを訊いて、珈琲カップを床に叩きつけた。

「コケにするのもほどがある!」

経済軍師フッカーがいった。

「国庫は潤沢。大丈夫、フランスと十分戦えます」

帝国騎士ザナウが続けた。

「ハンガリーとの講和を急ぎます。主公、条約が締結されたら、直ちに兵をお挙げ下さい。ネッケ、段取りしろ」


後輩の帝国騎士がうなづいた。

懐刀となったイタリア人傭兵隊長は、「主公の行かれるところなら、どこでもお供しますよ」といってはにかんだ。

家臣たちが、それぞれの持ち場に散って行った。


【登場人物】 

マルグリット公女:マクシミリアン皇子とマリー女公の娘。

フィリップ公子:マルグリットの兄で、後の「美男公」。

マリー女公:故人。マクシミリアンの妻。

マクシミリアン皇子:神聖ローマ皇帝フリードリヒ三世の皇子。マリー女公を妃としてブルゴーニュの共同統治者となる。

ザウアとネッケ:神聖ローマ帝国騎士。

マルグリット:ブルゴーニュ公妃でマリー公女の継母。

コミーヌ:ブルゴーニュ公国元家臣でフランス王国に寝返る黒衣の貴紳。

ルイ十一世:故人。フランスの前国王。
ブルボン公ピエール:シャルル八世の摂政。

アン:シャルル八世の歳の離れた姉。ブルボン公妃。

シャルル八世:フランス国王。ルイ十一世の息子。

ガスパーレ:貴族出身のイタリア人傭兵。マクシミリアン誘拐の実行犯から、懐刀へ転進。

フッカー:青年商人。マクシミリアンの経済分野の軍師。



スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。