伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 アンボワーズ城で待つ君に5/ハプスブルク戦記
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

アンボワーズ城で待つ君に5/ハプスブルク戦記

姫君から預かった領地をことごとく失い、故国に帰った王子は失意の底にありました。けれども、そこで転機が訪れます。今まで泣かされてきた資金不足は一気に解決し、巻き返しが可能となったのです。


ハプスブルク戦記
桜の下の王子様

第2章 アンボワーズ城で待つ君に

5

一四八八年十月までに、マクシミリアンが、ブルゴーニュから完全撤退したのには理由があった。腹心の謀反だ。『黒衣の貴紳』がうごめいていていたのだ。

コミーヌは、マクシミリアンが信頼をおいているクレーフェ将軍の屋敷に現れ、夫人と子供たちを誘拐し、フランスに連れ去った。アンボワーズ城に監禁した上で捕囚にこう持ちかけた。

「クレーフェ夫人、御主人をブルゴーニュ都市同盟側に寝返るように哀願しなさい。でないと、貴女とお子様方の生命は保証出来ない」

クレーフェ将軍は、家族を人質にとられ、やむなく謀反を起こした。マクシミリアンの手の内を知っている。このため、ブルゴーニュの諸都市は難攻不落と化した。

若いローマ王は涙を飲んで祖国オーストリーに引き揚げざるを得なくなったのだ。



年が明けた。オーストリーにある居館だ。ザナウが偉丈夫の青年を拾ってきて、主君に目通りをさせた。若者はフッカーと名乗った。

「恐れながら、主公。戦争っちゅうもんは、戦う前に大方決まっております」

「では訊こう? 卿にとっての戦争とはなんだ?」

「国力です。国力があれば、沢山の兵士。潤沢な武器弾薬を揃えられます。何より、国民から税金を搾り取らずとも済みますゆえ、内憂というものがありません」

商人フッカーは、経済政策における軍師となった。

神聖ローマ帝国は、多数の領邦国家で構成されていた。チロルやバイエルンといった公国もそうだった。

一四八九年、両国で武力衝突が勃発した。どちらの君主もハプスブルク家の親戚筋にあたり、マクシミリアンに仲裁を求めてきた。このときフッカーが上奏してきた。

青年商人が笑った。

「チロルは、バイエルンに多額の借金があります。領地を抵当にしているのにも関わらず、返済しようとしない。オースリーが、借金ごと、チロルから買い取ってしまうのです」

「チロルを買い取る? 莫迦な。そんな金が、どこにあるというのだ?」

フッカーは親指を下に向けた。

「配下の山師をチロルに送り探索させています。地下には、巨大な銀鉱脈が眠っているとのことです。十年もあれば難なく借金を返済出来ることでしょう」

ネッケが口を挟んだ。

「なるほど、フッカーの見込みがかなえば一石二鳥だ。紛争が解決し、なおかつ、無血で新領土が得られる」

インスブルックは、現在のオーストリア共和国の西側にある町で、チロル州の州都になっている。マクシミリアンはそこに宮殿を設け、直接統治に乗り出した。まずは借金の返済から始めなくてはならない。

チロル公国の国家機構は、諸貴族が、領民から勝手に徴税するといった腐敗が横行していた。マクシミリアンは、ザナウやネッケを要職に置き、不正を払拭・監視させた。

他方で、フッカーが経営する銀山は収益を上げ、十年を見越していた借金返済を六年に前倒しして完済させたのだった。

さらにお釣りまであった。潤沢な資源が首都で集積されるものだから、武器工場では、最新モデルの甲冑を量産出来るようになったのだ。

そして――。

「いつかのお約束、本気にして来てしまいましたよ」

イタリア人傭兵が、最新式マスケット銃を携えた手勢百名を率いて麾下に参じた。

(ガスパーレが来た。この男と組めば、さらわれた子供たちを取り戻せる)

マクシミリアンは確信した。


【登場人物】 

マルグリット公女:マクシミリアン皇子とマリー女公の間に生まれる。マリーの継母マルグリットの名を戴く。誘拐同然にフランスに連れ去られる。

フィリップ公子:マルグリットの兄で、後に「美男公」の異名をとる。

マリー公女:故人。ブルゴーニュ公国シャルル突進公の一人娘。亡き母親はブルゴーニュ公妃で、宿敵であるフランス王は本家筋にあたる。

マクシミリアン皇子:神聖ローマ皇帝フリードリヒ三世の皇子。後に「中世最後の騎士」と呼ばれる。マリー公女を妃としてブルゴーニュの共同統治者となる。

ザウアとネッケ:神聖ローマ帝国騎士。

マルグリット:ブルゴーニュ公妃でマリー公女の継母。

コミーヌ:ブルゴーニュ公国元家臣でフランス王国に寝返る黒衣の貴紳。

ルイ十一世:故人。フランスの前国王。蟇蛙のような容貌をもつ。息子はシャルル八世。妻はシャルロット。

ブルボン公ピエール:シャルル八世の摂政。

アン:シャルル八世の歳の離れた姉。ブルボン公妃。

シャルル八世:フランス国王。ルイ十一世の息子。

ガスパーレ:貴族出身のイタリア人傭兵。マクシミリアン誘拐の実行犯。

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。