伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 ケルト文明/滅亡文明10
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

ケルト文明/滅亡文明10

ケルト人は、青銅器時代に中央アジアの草原からやってきた人々であるという。インド・ヨーロッパ語族だ。馬に牽かせた戦車に乗っていて、中部ヨーロッパに定住する。

第10回 滅亡文明
ケルト文明

その後、彼らはブリテン島に渡り、アイルランドにも生活圏を広めてゆく。統一したケルト王権があったというわけではなく、地域ごとに氏族集団を形成していた。
 


ハルシュタット文化は、アルプス山脈づたいに、ルーマニアからフランスに至るヨーロッパ内陸部に広がった文化である。紀元前十二世紀から紀元前五世紀ごろまでの文化である。前半が青銅器文化で、後半が鉄器文化だ。支配階層は墳墓を持ち、戦車を埋葬していた。



ラ・テーヌ文化は、ハルシュタット文化を継承した鉄器文化で、ヨーロッパのほぼ全域に広まっている。紀元前6世紀から紀元前1世紀ごろまでの文化である。エトルリア・ギリシャ・スキタイといった諸文明の影響を受けている。紀元前3世紀が最盛期のようで、バルカン半島から小アジアまで勢力圏を拡大した。



島のケルトと呼ばれる、ブリテン島の集団が、いつそこに渡ったかは判らないのだが、最盛期であるこの時期なのかもしれない。

紀元前1世紀になると、ゲルマン人に圧迫されて、西フランスからスペインに至る地域に移動する。そして共和政ローマの英雄カエサルによって征服される。そのあたりは、この人が元老院に提出したレポート『ガリア戦記』に詳しい。ガリア地域の住民はケルト人が多かったようだ。

征服地のケルト人は、ラテン語を話してローマ化し、中世のフランク族の支配を経てフランス人になってゆく。大陸のケルトと呼ばれる欧州大陸にいた人々は、各地域の王権に服属し、被征服者たちと融合して行く。



カエサルが、ガリア地域の延長で征服したのがブリテン島である。ローマ人たちは、原住民であるケルト人たちを押さえて植民都市を築いた。紀元前5世紀になると、ガリアにゲルマン人が攻めてきた。ローマ帝国は、補給路が途絶えてしまうため、やむなくブリテン島の経営を断念し、大陸に引き上げる。そこに割り込んできたのが、ゲルマン系のアングロ族やサクソン族である。

ただ、ブリテン諸島でも、縁辺部のスコットランド・アイルランド・ウエールズ・コンウォールといった地域には、ケルト系文化が温存される。コンウォールのケルト人の一派は、アングロ・サクソン人に圧迫されて、フランスのブリターニュ半島に移り住んだ。

土着宗教にドルイド教というのがある。神官であるドルイドたちは、最初、ギリシャ文字を使っていたが、やがて独自のオガム文字を発明し使用する。4世紀から7世紀のことである。やがて、キリスト教が浸透してゆくと、ラテン文字に代わり消滅する。



学術的な定義において、文化は人間が起こすアクション、文明は都市・文字・金属といったを駆使した国家的なメカニズムのことをさしている。

ケルト人の諸文化は、中世になるまで、ケルト人独自の文字、都市といったものはあまりしられていない。慣用的に文明としてはいるが、ケルト人諸氏族の文化を包括的に称したものといえる。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line