伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 アンボワーズ城で待つ君に1/ハプスブルク戦記
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

アンボワーズ城で待つ君に1/ハプスブルク戦記

前回までの粗筋ベルギー・オランダを合わせたあたりをフランドル地方といい、そこにブルゴーニュ公国という国家が存在した。15世紀のことだ。勇猛公シャルルが戦死。フランス王国が侵攻する気配を示している。後をとった娘マリーは、ハプスブルク家の御曹司にして婚約者であるマクシミリアンに手紙を書き、救援を依頼。マクシミリアンは、十九才にして天才を証明し、姫君を守り抜いた。


王子は、魔王にさらわれた最愛の娘を取り戻すために、手を尽くしていました。そのために必要な地位も手にいれて行きます。けれども魔法使いは、そんな王子をあざ笑うのでした。


ハプスブルク戦記
桜の下の王子様

第2章 アンボワーズ城で待つ君に





「慎重公」の異名をとるルイ十一世が崩御して三年が経過した一四八六年のこと、二十七歳になったマクシミリアン皇子は、ドイツ諸侯による選挙でローマ王に推戴された。ローマ王の称号は、神聖ローマ帝国における皇太子を意味する。

跪いたマクシミリアンの頭上に王冠が被せられた。

(わが娘マルグリット。もうすぐだ。私は、もうすぐ君を迎えに行く。王冠はその第一歩)

戴冠式に臨んでいるのは、神聖ローマ皇帝および帝国諸侯たちである。皇子が大司教から大聖堂で戴冠を受けた様子を、帝国騎士ザウアとネッケが末席で観ていた。

ネッケがザウアにいった。

「主公がローマ王に。これでフランスと互角に戦えるってもんですよね、先輩」

「いや。諸侯はしたたか者。トルコ帝国が迫ってきている。総司令官に主公を立たせて戦わせる腹だ。そのくせ、フランスとの戦いには、あくまでハプスブルク家と、ヴァロワ家の私闘だといって突っぱね、援軍を断るだろうよ」

さらに後ろの扉のあたりには、いつの間に現れたのであろう、「黒衣の貴紳」の異名をとるコミーヌが立っていた。熱狂する観衆の中で、諸侯の侍童となっていた貴族子弟だけが存在に気づいた。

「神聖ローマ帝国など有名無実。選挙で戴冠したハプスブルクの皇帝やら皇太子の地位など盤石なものではない」

そういってから、コミーヌが、指を鳴らした。

二羽の白い鳩が、大聖堂を飛び回る。

「奇跡だ。鳩に姿を変えた天使が祝福にやってきた!」

参列者たちは感激した。涙までこぼしている者もいた。「天使」はしばらく旋回してから、満足そうな笑みを浮かべている大司教の頭に糞を落した。誰も笑うに笑えない。

コミーヌだけが皮肉な笑みを浮かべ、黒衣を翻して宙に消えた。



【登場人物】 

マルグリット公女:マクシミリアン皇子とマリー女公の間に生まれる。マリーの継母マルグリットの名を戴く。誘拐同然にフランスに連れ去られる。

フィリップ公子:マルグリットの兄で、後に「美男公」の異名をとる。

マリー公女:故人。ブルゴーニュ公国シャルル突進公の一人娘。亡き母親はブルゴーニュ公妃で、宿敵であるフランス王は本家筋にあたる。

マクシミリアン皇子:神聖ローマ皇帝フリードリヒ三世の皇子。後に「中世最後の騎士」と呼ばれる。マリー公女を妃としてブルゴーニュの共同統治者となる。

ザウアとネッケ:神聖ローマ帝国騎士。

マルグリット:ブルゴーニュ公妃でマリー公女の継母。

コミーヌ:ブルゴーニュ公国元家臣でフランス王国に寝返る黒衣の貴紳。

ルイ十一世:故人。フランスの前国王。蟇蛙のような容貌をもつ。息子はシャルル八世。妻はシャルロット。

ブルボン公ピエール:シャルル八世の摂政。

アン:シャルル八世の歳の離れた姉。ブルボン公妃。

シャルル八世:フランス国王。ルイ十一世の息子。
スポンサーサイト

theme : ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line