伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 公女からの手紙8/ハプスブルク戦記
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

公女からの手紙8/ハプスブルク戦記

王子様と姫君は幸福に暮らしておりました。四人めの子供をお腹に宿したときも、二人は仲よく狩場に行きます。立派な猪が現れたので、王子様が仕留めようと、森の奥深くに入って行った直後、近くでお祭りのような騒ぎ声がしました。

気になった姫君が藪の向こうをのぞきこむと、闘牛が行われているではありませんか。牛が闘牛におどりかかりますが、闘牛は突進。姫君の馬は驚いて、その人を振り落としてしまったのです。

闘牛士は悪い魔法使い、闘牛は猪でした。

ハプスブルク戦記
桜の下の王子様

第1章 公女からの手紙


8

ブルゴーニュ軍がフランス軍を破ったギネガテの戦いの勝利から三年目となる一四八二年三月。その年、マクシミリアンは二十二歳、マリー二十四歳になる。

ブルゴーニュの領主一行が狩猟場の御料森に入った。立派な猪をみかけたので、夫のマクシミリアン皇子が従者、それと猟犬を伴って奥に入ってゆく。平時であれば一緒に追いかけたのだが、マリー女公は第四子を身籠っていたので、侍女や子供たちと一緒に川の畔で夫の帰りを待つことにした。

すると茂みの向こうから賑やかな歓声がしている。そちらをのぞいてみた。

闘牛だ。

闘牛というのがいつから始まったのかは判らない。スペインを初め欧州各国で行われ、王侯騎士が権威を示すためのものと、村祭りで若者が牛をけしかけて勇気を示すものとがあったという。

マリーの前で現れたのは、貴族風の闘牛で、馬上の騎士が牛を追いこんで長槍でとどめを刺すというものだ。

巨大な闘牛は黒く、後足で砂を蹴って突進していった。騎士は、突撃を軽やかにかわして槍を一撃くらわせる。手負いの闘牛はそのまま、マリーのところへ突っ込んでくる。馬が暴れマリーが振り落された。

幼子二人が大泣きする。

銃声。マクシミリアンがマリーに襲い掛かった獣を仕留めた。女公が闘牛と見間違えたのは、夫が追いかけていた猪である。猟犬が断末魔の猪に食らいついているのを横目に、血相を変えたマクシミリアンが下馬してマリーに駆け寄った。

(コミーヌ……)

宮廷魔道士がわが身に悪しき魔法をかけたのか?

朦朧とするマリーは、騎乗した黒衣の貴紳をみた。コミーヌは横顔で薄笑いを浮かべると、恭しく一礼して森の中に消えて行く。


【登場人物】 

マリー公女:ブルゴーニュ公国シャルル突進公の一人娘。二十歳。亡き母親はブルゴーニュ公妃で、宿敵であるフランス王は本家筋にあたる。

マクシミリアン皇子:神聖ローマ皇帝フリードリヒ三世の皇子。十八歳。後に「中世最後の騎士」と呼ばれる。マリー公女を妃としてブルゴーニュの共同統治者となる。

ザウアとネッケ:神聖ローマ帝国騎士。

マルグリット:ブルゴーニュ公妃でマリー公女の継母。

コミーヌ:ブルゴーニュ公国元家臣でフランス王国に寝返る黒衣の貴紳。

ルイ十一世:蟇蛙のような容貌をもつ。息子はシャルル八世。妻はシャルロット。


スポンサーサイト

theme : ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。