伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 変態小説/掌編
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

変態小説/掌編

女が寝返りした。

こっちをみている。

「みてみて」

開脚する。まるでバレリーナのようだ。一糸まとっていない。

僕は目を伏せた。

「ねえ、襲わないの? ボクちゃんって、意気地なしね」

女が嘲笑した。



掌編アマミの劇場
変態小説



女が部屋にいついたのは、四月金曜の夜からだった。街の広場に噴水のある池があり、そこの縁で寝ていた。タクシーで送ろうとしたのだが、寝込んでしまった。仕方がないので、泊めてやることにした。それからだ。

部屋で女は裸だった。注意しても無駄だった。腰を突き上げたり、ねじったりした。糸をひいていたこともある。なんて淫らなのだ。けれども僕という人間は環境に適応するのが早い。あまり気にならなくなった。



休みが明け、キャンパスに行くため、久しぶりに外出することになった。女は僕にしがみついて離れない。よくいって訊かせ、とにかく服だけは着せた。

改札口をくぐり、私鉄の駅のホームに立った。通勤時間帯で大勢の乗客が並んでいる。

「ねえ、ボクちゃん。服脱いでいい? 脚開げてもいいかなあ?」

「駄目です!」

「ケチ」

電車がやってきた。扉が開いて、乗客が降りてくる。車両には、同期で、思いを寄せている優香が乗っているではないか。

「でもしちゃう」

「や、やっ、やめてくれ」

勢い、僕の脚に女は脚を絡めて、ブラウスをボタンごと引き裂き、すべてをさらけ出した。バレリーナのように片脚を頭に触れるほどに拡げたのだ。














がばっ❀










うわああああ……。


































ちょうちょ、ちょうちょ、菜の葉にと~ま~れ♬


(蝶の)変態小説。本日も有難うございます。



芋虫はさなぎに、羽化すれば麗しの蝶となる。胸ときめく少年の心。

文体診断ロゴーンは、またAAAA。毎度毎度、こういう内容に限ってなぜに……。(ぼそぼそ)


スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line