伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 公女からの手紙4/ハプスブルク戦記
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

公女からの手紙4/ハプスブルク戦記

ハプスブルク戦記
桜の下の王子様

第1章 公女からの手紙

4

結婚していた姫君は、王子はいつも一緒で、狩や演劇を共にするなど仲よく暮らしていました。王子は姫君と仲よくなりたくて必死で姫君の国の言葉を覚えました。そして国民に親しく語りかけ、国民からも尊敬される立派な人になって行きます。



マリー公女とマクシミリアン皇子との婚儀により、内戦は回避された。ブルゴーニュ公国ブリュッセル都城。新婚夫婦はそこに居を定めた。

――なんという壮麗な宮殿なのだ。

尖頭アーチ、飛び梁といった部位が規則的に並んで、集合美を醸し出すゴシック建築の宮殿。そればかりではない。大聖堂や富豪たちの家々でさえ華麗なものであった。ウイーンの都なぞ無骨にさえ見えてしまうのだった。

当時の欧州における国際語はラテン語であった。夫婦の会話は専らそれでなされる。政略結婚ではあったのだけれども、夫婦仲は極めて良い。御料林では馬の轡《くつわ》を並べて狩もしたし、ブリュッセルの野外舞台では市民と一緒に演劇も鑑賞した。

ある日、マクシミリアンはマリーにいった。

「フランス語を教えてくれませんか?」

ブルゴーニュ公国はもともとフランス王家ヴァロワ家傍系が同地に拠って独立したものである。宮廷語はフランス語だ。

マリーは目を見張った。勉強熱心な年下の夫は、クリスマスまでには日常会話が出来るようになる。それが出来るようになると、今度は現地の言葉フラマン語を学習しだした。

桜の花が咲くころ、夫妻が国内を巡幸しときは次々にフラマン語が飛び出すので皆が驚く。

――onze vrienden.(わが友)

マクシミリアンが親しくそう呼びかけると、強張った顔をしていた人々の顔が途端にほころぶ。

(この人の器は想像以上だ)

マリーは思った。



結婚式から一年近くが経ち、ザウアとネッケが現地や南ドイツで集めた傭兵たちが規定数に達し、二人に率いられ、ブリュッセルにやってきた。

事情はフランスも一緒だ。集結した騎士や徒士《かち》たちともにフランス王ルイ十一世もパリから出撃した。騎乗する王横にいるのは年若い黒衣の貴紳である。

「コミーヌ、そういえば、ブリュッセルにはわが妻がいた気がする」

「気がする? 奥方様を愛してはおられぬのですか?」

「愛? くだらぬ。王妃は世継ぎをもうければ用済みだ」

「王妃様を放逐なされたのはのはそういうことですか?」

「そういうことだ」

一四七九年八月、ルイ十一世が率いるフランス軍とマクシミリアン皇子が率いる神聖ローマ帝国軍が衝突するギネガテの会戦は間近だった。



【登場人物】 

マリー公女:ブルゴーニュ公国シャルル突進公の一人娘。二十歳。亡

マクシミリアン皇子:神聖ローマ皇帝フリードリヒ三世の皇子。十八歳。後に「中世最後の騎士」と呼ばれる。マリー公女を妃としてブルゴーニュの共同統治者となる。

ザウアとネッケ:神聖ローマ帝国騎士。

マルグリット:ブルゴーニュ公妃でマリー公女の継母。

コミーヌ:ブルゴーニュ公国元家臣でフランス王国に寝返る黒衣の貴紳。

ルイ十一世:蟇蛙のような容貌をもつ。息子はシャルル八世。


スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。