伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 終章、美酒を口にする者6 ファア王国志(全編完結)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

終章、美酒を口にする者6 ファア王国志(全編完結)

    
ファア王国志

終章 美酒を口にする者
 


中原の一角にあるギルメル侯国。そこの城邑の一つに「世界」の王侯諸侯が集い盟約を結ぶことになった。次代はユンリイ王の孫の代になっているもののサトウはまだ存命で大傅《だいふ》という職に就いている。宰相よりも上位で王の顧問役というのが建前だが、実のところは閑職で、ユンリイ大王の伝記『ファア王国志』の執筆をしており、最終章をこの会盟で終わらせるべく取材のためにやってきたのだ。

サトウの共をしているのは、ナカイの孫で秘書をしている。

「サトウ? ユンリイ王の時代の名臣ではないか? まだ生きていたのか?」

後背に低い山稜が連なり、湖沼に臨んだ小さな田舎町だ。ファア国王の随員としてやってきたサトウは、戦象の輿からナカイの孫におぶられるような恰好で、ようやくに、会盟の場にやってきたのだ。

「ナカイの孫よ。儂は今、大王がみたら腹を抱えて笑い転げそうな珍事を目の当たりにしている」



ギルメルの息子エトナ。ユンリイに蘭の花を贈った少年だ。その人が長じて祖国の宰相となった。エトナは、

「中原諸国が大国に蹂躙される時代が百年続き、大いに疲弊しています。ファア王国とジーン侯国の抗争をおわらせるには、中原諸国が団結しなくてはならないのです。これは父クラウストが考えた『秘策』です」

と他の中原諸国を説き伏せて一種の連合体を組織する。その上で、戦い続けて膠着状態になってしまった北のジーン侯国、南のファア王国双方に使節を遣わし、「双方を盟主として毎年貢物を贈る代わりに講和を結んで頂きたい」と持ちかける。

こうして戦争の終結というものを勝ち取るのではなく買い取ったのだから、ギルメル人をして至高の商人であることを証明した。



エトナはすでに壮年の紳士になっていた。その人がサトウに訊いてきた。

「『講和』という言葉があります。一過的な条約に対して用いられるものですが、『講和』の後に訪れる戦争のない状態というものを、ここにいる誰もが体験したことがない。老卿の博識に何か良いお言葉はございませんか?」

長い髭を撫でながらサトウが答えた。

「前王朝ギル帝国の時代にこんな言葉ある。『平和』というそうじゃ。H・E・I・W・Aだ」

H・E・I・W・A?

なんという間抜けな発音なのだろう。会盟の席に訪れた人々は腹を抱えて笑い出す。しかしその言葉を万国が共通語として使うことに異を唱える者は誰もいなかった。「皆が笑った」ということを善しとしたのは諧謔《かいぎゃく》である。

サトウの『ファア王国志』所見には、「ユンリイ大王の最大の功績は、ティアにおける『決戦』勝利ではなく、和平を実現させたギルメルを根絶やしとしなかったことにある」と記されている。

ファア王国、ジーン侯国、ズウ帝国。いずれも滅びはしなかったし何も変わらないかにみえる。だが中原の「平和」は一つの王朝に匹敵する百年間続き、その間にユンリイが模索した『鉄器革命』がなされていったのである。

                     (ファア王国志稿了)



【脚注】

〈ファア王国〉
ユンリイ王:青年君主「覇王」
シナモン内親王:ユンリイの姉
サトウ、ナカイ、弓仙のヤン、戟のセオ、剣のラン、国師マガ:ファア王国の王臣たち。
フィエルナとルイ:王妃と副妃。エルナの長女次女

〈ルーコン氏族〉
エルナ:森の民ルーコン氏族の女族長

〈ジーン侯国〉
ハーン将軍:世界最強の黒甲兵を率いる名将
キース元帥:ハーン将軍の盟友。名将
オーソン:帝国の廷臣で客分としてハーンの参謀に
アベラ将軍:前宰相の息子。第三軍の若い将領
ダンカン将軍:公室一門。第四軍の若い将領
  
〈クオン侯国〉
セリナ:ティア侯国公女、絶世の美女
 
〈ティア侯国〉
同名都城は中原屈指の商都。ファア・ジーン間の係争地。ジーン侯国傘下の同盟国

〈ギルメル侯国〉
日の出の勢いのファア王国に恐れをなし、他の中原諸国が盟主ジーン侯国を見限って行くなか、最後まで屈しない「中原の頑固者」である。主将クラウストは三十半ば。一子エトラの父で大公の弟

〈その他の中原諸国〉
ジーンの同盟国:ズウ帝国。ファアの同盟国:クオン侯国

 
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line