伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 厩門・友里恵の場合 恋太郎白書127・短編
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

厩門・友里恵の場合 恋太郎白書127・短編


母屋には天井板というものがなく、複雑に組まれた梁が剥き出しになり、てっぺんには小さな屋根のついた煙だしと呼ばれる換気用の小窓が二つついている。

いわきは雪の少ない地方だが日に目覚めると、布団の上にうっすらと積もっていて驚く。

見知らぬ土地の大家族のただ中に放り込まれた友里恵はストレスから二度流産する。

嫁いできたばかりのころは母屋が寝室であったが、あまりにもプライバシーがないというので勇作が母親にかけあって別棟の部屋に移動することになった。そこが厩門(うまやもん)の二階であった。

馬といえば、会津にある友里恵の実家でも飼っていた。記憶する馬たち。一頭は少年時代の兄が土手につないでいた馬がそこから落ちて首の骨を折り死んでしまい、代えを飼うため田畑を何枚か手放したこと。

新しく来た馬は、村会議員である実父の選挙費用のため家政での資金繰りが苦しくなって手放さざるを得なくなった。バクロ商人が来た途端に馬は全てを察して大粒の涙を流し家族中で泣いたことを思い出す。

厩門が友里恵にとって因縁深いところは、三度目の流産をした場所であるからだ。部屋に至る階段が急で腹部に負荷がかかった。

そのことで勇作が家族と大もめし、職場に近い平市内にアパートを借りた。友里恵はなぜだか、ぼんやりと、数日厩門と職場を往来する。勇作の母親は、

「勇作の妻なのだから夫の後を追うのは当然でしょ」

といって厩門から追い出し勇作とアパート住まいになる。そして恋太郎を産む。今となってみれば気丈な勇作の母親なりの気遣いだったことに気付くのである。


【登場人物】

恋太郎;失恋の天才児。

勇作・友里恵:恋太郎の父母で中学教師。



スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line