伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 野口英世が祖父に包帯したこと 恋太郎白書122
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

野口英世が祖父に包帯したこと 恋太郎白書122


人生の中では意外なところで意外な人に出会うものだ。友里恵の祖父は身分は低いのだけれども会津藩士で、維新を迎えて帰農した家の次男に生まれる。長男は屯田兵として北海道に渡った。

初恋の相手も祖父で、抱っこされたり昔話を訊かされるのを喜んだものだ。



会津藩の御典医が開いた医院が若松市街にあった。
祖父が若いころ骨折をして通院していたとき、若い助手がいて添え木や包帯をして代えてくれたりしてくれた。助手は酒が弱い割には酒好きで、夜になると大声で城下町を闊歩していた。この人には婚約者がおり結婚をして後を継ぐことになっていた。

ところが勉強熱心な助手は医師の資格をとると、東京に出てそのままアメリカに渡った。費用は開陽館が持ったのだという。そして若い医師は彼の地で妻を娶り婚約は自動的に解消され、費用は婚約者側が泣き寝入りという形をとる。

その医師こそが野口英世で、開陽館には祖父の妹が嫁ぐことになるというのもまた意外な話である。



ある夏、集落をコレラが襲う。友里恵も病を得て熱にうなされ天井をみると、天狗が貼りついてこちらを凝視している。助けを呼ぼうにも声が出ない。やがてまた意識を失う。夢か幻か。

天狗というのはもともとは翼をもった天界の犬を示し、天人と混同するようになった。天人とは天使ということになろうか。天使は幼い少女が昇天することを睨みつけることで阻んだ。

流行り病で集落の人の半分が亡くなり、祖父も亡くなった。友里恵は九死に一生を得る。



【登場人物】

友里恵:長じて恋太郎の母になる。


スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line