伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 紫陽花7 恋太郎白書
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

紫陽花7 恋太郎白書

一九八〇年代末。預金をすれば五六パーセントの利息がついた。求人需要は過剰で、各企業は求人の際、客船やらホテルを準備して学生たちを呼び、就職説明会を行ったものだ。民間企業には新卒者のボーナスが百万というところもあり、学生たちは公務員を希望する同級生をみかけるものなら、「田舎は公務員くらいしか職がなくて可愛そうだな」と冷かしたものだった。

「就職などいつでもできる」

そんな考えを持った若者も大勢おり、卒業後は大学院に進む者の他に、一二年、短期留学したりしていた。愛矢は、とりあえず円高と好景気に沸く日本に渡ってきた外国人を相手にした日本語学校に就職。(資金が溜まったら暇つぶしに大学院にでも行きたい)などとうそぶいていた。

バブル期というのは決して優雅なわけではない。流暢なことを口にはしても、就職すれば苛烈な現実が待っていることは承知していた。愛矢はそれに備えて猛勉強をしだし図書館に通うことが多くなる。アルバイトは辞めた。すると紫陽花といる時間が大幅に減ってしまったのだ。

デートとなると決まってどういうわけだかアクシデントが起こった。紫陽花のアルバイト先であるレストランで、「貸切宴会が入ったから急に行けなくなった」とか、愛矢の就職内定先が、「オーナーが研修を兼ねたお食事会をセットしました。愛矢君も是非参加してもらいたい」と言われ、やむなくデートよりも優先させたりもした。

愛矢の卒業も間近である春先、デートをキャンセルされてしまった紫陽花は、リュックに二人分準備したサンドイッチを詰め込んで行き先であった多摩動物公園に一人で出かけた。

紫陽花の自宅に近い多摩センター駅から多摩動物公園駅に至るまで、現在でこそモノレールでつながっているが、当時はまだ敷設されておらず、もっぱら三四十分をかけてバスで移動していた。

動物園の改札を抜けて象のところに来たとき、紫陽花は、フェンスの前にスケッチブックを立てかけたイーゼルを置き、木炭素描をしている恋太郎をみつけた。

「あれっ、恋太郎さん?」

「紫陽花さん、愛矢は?」

フェンスの向こうにいる象が林檎をつまんだ長い鼻を高く掲げるや家族連れの客たちが歓声を上げる。紫陽花がリュックからサンドイッチを取り出して突き出してきたので恋太郎は面食らった。

「デート、すっぽかされちゃったの。サンドイッチがあるから恋太郎さんお昼を一緒に食べてくれません?」

「いいけど……」

動物園の鳥獣のほかに園内のどこかの梅樹にとまっているであろう鶯が鳴いていた。


P5200163_convert_20110604102752.jpg

【登場人物】

恋太郎《れんたろう》:失恋の天才児。 大学四年生。

愛矢《よしや》:恋太郎の幼馴染みにして悪友。

紫陽花:愛矢の恋人。大学二年生。

麻胡《まこ》先生:恋太郎の妻になる。科学者、元高校教師、仙女の末裔。

寮長:梨山寮の責任者。麻胡先生の伯父。

雫《しずく》:恋太郎の初めての恋人。大学三年の時、ストーカーに殺害される。

ポモリ教授:恋太郎の恩師。考古学者。


※ 掌編版シリーズであるこのシリーズ初期において、愛矢は恋太郎の大学に近い別の大学に通っている設定でしたが、長編編集中につき、同じ学校という設定に改めています。
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。