伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 紫陽花4 恋太郎白書
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

紫陽花4 恋太郎白書

愛矢と紫陽花が出会ったのは、多摩センター駅バスターミナルの一角にあったレストランで、厨房で皿洗いをしているとき、紫陽花が給仕をしていた。

恋太郎は平均身長よりも高いほうだが、愛矢はその恋太郎よりも頭一つ超えた背丈がある。一重まぶたではあったが、当時流行りだした「醤油顔」というもので、手順を誤らなければ女性に好かれる容姿であった。ところが類は友を呼ぶである。愛矢は恋太郎同様に好き娘《こ》の前に来ると何もいえなくなる特徴がある。

紫陽花は愛矢の腕に肩を軽くぶつけながら話を始めた。

「愛矢さんははじめ、私にそっけなかったんです。仕事での伝言以外は、こちらからしないと話かけてこないから、嫌われているんじゃなかいかって思っていた。でも同僚の女の子に訊くと、案外優しい人。『話しかけないのは照れ屋だから』っていわれていて競争率が高かったんですよ」

多摩センターにあるロータリーになったバスターミナルに面したガラス張りの大きなレストランである。二人のアルバイト先はそこだった。

大学に入ったばかりのころ、偶然、帰りのバスに乗っていたポモリ教授が、「夕飯、おごるよ」といったので着いて行ったのだ。和食と洋食が置いてある。和食ハンバーグとフレンチのフルコース。都心にでも行かねば、当時はフレンチ専門のレストランは繁盛しなかった。それゆえに郊外にあるフルコースを出すような店は剣菱とシャンパンが同居しているようなファミリー・レストランのスタイルをとっていたのだ。

メニューはどれも学生にとってはけっこうな値段で、アサリ・スパゲッティーを御馳走になったのだ。愛矢がそこに勤務していることは知ってはいたが恋太郎が冷やかしに寄り付きもしなかったのはそういう理由からである。

恋太郎と同じく愛矢は史学科に属していた。当時の考古学関係者を大別すると、山高帽を被るような貴族タイプと、浮浪者のような不精髭を生やし作業用ジャンパーを羽織るようなタイプが存在している。小田急線とバスを乗り継ぐこともあるが、ときたまポルシェで通勤するポモリ教授を気取って、昨今の愛矢はアルバイトの給料で二万円はするであろう山高帽を被っており、紫陽花が気恥ずかしいことをいうたびに顔を帽子で隠していた。

猫


【登場人物】

恋太郎《れんたろう》:失恋の天才児。 大学四年生。

愛矢《よしや》:恋太郎の幼馴染みにして悪友。

紫陽花:愛矢の恋人。大学二年生。

麻胡《まこ》先生:恋太郎の妻になる。科学者、元高校教師、仙女の末裔。

寮長:梨山寮の責任者。麻胡先生の伯父。

雫《しずく》:恋太郎の初めての恋人。大学三年の時、ストーカーに殺害される。

ポモリ教授:恋太郎の恩師。考古学者。


※ 古い、一話掌編版で、愛矢は恋太郎の大学に近い別の大学に通っている設定でしたが、長編編集中につき、同じ学校という設定に改めています。

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line