伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 紫陽花3 恋太郎白書
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

紫陽花3 恋太郎白書


雨は降り続く。

(そうだなあ、去年の今頃だった)

雫を失ってからどれくらい経ったのだろう。周囲は恋太郎を気遣ってその人の名を口にすることはない。後で知ることになるのだけれども、愛矢が愛する女性を親友に紹介するというのは、交際を始めてから半年も後の事なのだ。

学校が終わって、喫茶店「めらんこりい」に入る。お気に入りである窓際の席に座ろうとした瞬間、心臓が弾けるかのような感覚を覚える。

「雫」

いや、別人だ。全く似ていない。つきあい始めるきっかけとなったあの日、その人は奥の席にいて、ソロ・コンサートを楽しむかのように恋太郎の朗読する英詩を聴いていたのだ。

「恋太郎さんね?」

「もしかして、愛矢の?」

「そうです。紫陽花です」

小顔の割に眼が大きく細縁の眼鏡をかけている。髪は肩のところで髪をそろえており、背丈は当時の平均身長よりやや高い。

マダムがレコードをかけて、「『マドモアゼル・パリ』っていうのよ」といった。古い曲だが軽快なシャンソンだ。

紫陽花は二学年下で、アルバイト先で愛矢に出会ったのだという。話しをしてゆくと、愛矢のことよりも、だんだん恋太郎の話題に変わってしまう。実際、彼女は恋太郎のことなら何でも知っていた。

小田急線生田駅に近い崖っ縁の寮に住んでいること、料理が得意で休日には愛矢のアパートで自慢の一品を肴にワインの栓をあけること。

愛矢は、デートのとき会話が続かなくなると決まって恋太郎の話題をだす。幼少の時から、現在に至るまで。あらゆることを話しているようだ。事情を知らない人が横で訊いていればまるで恋太郎の幼馴染みではないかと錯覚するのではないかと思うほどだった。

雨が強くなった。通りに面した窓の外の花は散ることもなくなお艶やかな色彩となってゆく。アルバムとなったレーコードが終わるころ、玄関ドアが開いて、来客を知らせるベルがけたたましく鳴る。愛矢だ。

「よおっ」

「いい娘《こ》だな」

「当然だ」

愛矢がはにかんで煙草をくわえた。




【登場人物】

恋太郎《れんたろう》:失恋の天才児。

愛矢《よしや》:恋太郎の幼馴染みにして悪友。

麻胡《まこ》先生:卒業後恋太郎の妻になる科学者。元高校教師。仙女の末裔。

寮長:梨山寮の責任者。麻胡先生の伯父。
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line