伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 紫陽花2 恋太郎白書
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

紫陽花2 恋太郎白書

崖っぷちにある紫陽花の花壇越しに虹を眺めていた寮長は合掌するので、恋太郎は理由を訊いた。

「昔、戦艦武蔵に乗っていた。船底には大通りがあって、散髪屋とか売店があってな、さしずめ街のようだった。食堂には冷蔵庫やクーラーなんかがあって快適だった。エレベーターもある。戦闘がない日は機関砲の砲筒に、洗濯物を干したものだった。
 艦が傾いたとき海に飛び込んでしばらく泳ぐと、流れ出した重油に火がついて水面が燃えていた。俺は火のないところで息継ぎして、板切れの一つにしがみついて海原を漂った。
 二日ほど漂ってから。捜索に来た味方の水上機が降りてきた。『助かった』と思って俺が眠りかかったとき、水上機の乗員はロープを鞭代わりにして叩いた。というのは、そこで安心して眠ると死んでしまうからだ
 武蔵、何度めに乗り換えた軍艦だったろう。知っている奴で生き残っているのはいない」

 物語のような奇跡を体験した人というのは案外身近にいるものだ。奇跡といえば、テレビで『COSMOS』という人気番組があり愛矢が感動したといっていた。解説者が アメリカの科学者カール・セーガンで、著書はベストセラーとなり、上下巻まで買った。敬虔なクリスチャンは進化論を否定する、しかも愛矢は牧師の息子だったのだが。



 およそのこと、宇宙というのは圧縮された物体で、極限となったところで大爆発をお越し散り散りに砕けた炎のカケラが銀河系といった星雲になる。やがて恒星の周りに無数にある冷めた火の粉がぶつかり合って塊ができ、さらにぶつかりあって惑星となる。その一つが地球だ。
 ちょっとした軌道の関係で、水惑星となり、そこから生命が生まれる。ときどき小惑星がぶつかって大半の生命が絶滅しても、一部は生き延びて進化する。そんな生命体の中で、恋唄《セレナーデ》を唄う種族が出現した。恋唄は言語へと進化させる。奇跡に奇跡を重ねて進化した恋する種族。それが人間だ。



これだけの恋愛哲学をもっていながらモテた試しのないのが愛矢である。悪友である恋太郎も人のことをいえた義理ではなく、二人合わせて「恋愛コンビ」と級友たちからいわれたのは頭文字をとったことのほかに、ロマンチストであることと反比例してモテない現実への皮肉だったとしかいいようがない。



翌朝、寮を出た恋太郎は、小田急生田駅から下り方向の準急列車に乗る。そういうとき、線路を挟んだ向こうのホームで麻胡先生と出会ったりもしたものだが、その日は会わなかった。

電車が来て扉が開く。乗る間際、ふと振り向く。プラットホームの端は柵になっており、その下にも霧雨の中に咲く紫陽花が揺れている。

(愛矢はどんなふうに恋人を紹介するのだろう)

扉が閉まり電車がホームを離れてゆく。



【登場人物】

恋太郎《れんたろう》:失恋の天才児。

愛矢《よしや》:恋太郎の幼馴染みにして悪友。

麻胡《まこ》先生:卒業後恋太郎の妻になる科学者。元高校教師。仙女の末裔。

寮長:梨山寮の責任者。麻胡先生の伯父。
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line