伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 遺跡調査班「黒騎兵」8 遺跡調査員恋太郎18
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

遺跡調査班「黒騎兵」8 遺跡調査員恋太郎18

遺構を掘る前に、遺構の上面が、どのようになっていたかを記録する作業「遺構確認」段階を行う。作業員たちが一列に並んで、鍬《くわ》に似た農具である鋤簾《じょれん》をつかい斜面を綺麗にカットする。調査第一段階の写真と平面図が完了。

通常なら、アルミパイプを組み合わせてつくった望楼《やぐら》から写真撮影を行い、平板測量などで実測する。

平板測量というのは、
狭いエリアでの地図を作成するための測量方法で、三脚の上に平板・図面を設置、照準器であるアリダードを用い、測点を目視、図面上に点を落してゆき結線してゆき図化する方法だ。

黒騎の調査方法は当時の業界の常識から離れていた。昴に指示して、ラジコン・ヘリを飛ばして遺跡全体を網羅する遺構確認状況写真をとる。このとき、測量用の基準点となる標識のプラスチック板をいくつか設置しておく。『航空写真』と『航空実測』をしているのである。

次の段階である、雨天時の発掘調査については、複数のテントを準備しておき、発掘う作業中の竪穴式住居跡を覆ってしまう。これで全天候下での作業が可能となった。

竪穴式住居跡の遺物取り上げ方法は、あらかじめ方眼網《メッシュ》を測量しておいた正方形二メートル枠区画を上下に三分割して、上層・中層・下層として、機械的にビニール袋に放り込んでゆく。

花咲課長が、「調査ではない」と舌打ちするところだが、課長が、「手を抜いた」と問題視した分、掘削の効率は十倍以上となった。

さらに、驚くべきは覆土の埋没過程を観察するために、削り残しておくベルトの取り扱いだった。通常は、調査員がベルトの壁を削ることで現れる地層に、釘で直接、線を刻み写真撮影を行い、次に実測に手慣れた図面班を投入して図化する。この図化が手間なのだ。

黒騎は、図面作成作業に、農業用ビニールシートを使い、作業員にマジックペンを渡して、なぞらせ。後日、廃校となった小学校体育館を借りて撮影。レンズによる歪みは、あらかじめ、計算しておいて、当時の画像ソフトである『花子フォトレタ』で補正してしまう。このあたりの補正作業はエンジニアである昴を中心に遂行された。

また時間のかかる土層図に注釈を書きこむ作業に関しては、図面からコメントを分離して、あらかじめ記載項目をチェック・シート化しておいたノート・ファイルに書きこんでゆく「土層カード」というものを使っていた。

黒騎の調査方法は、あらゆるものが独特で、当時の常識を凌駕している。恋太郎は素直に感嘆したものだ。



昼休み、谷底にある集落の中央部を流れている河川敷に降りた恋太郎が石器を作っていた。頁岩という石で、学生時代に授業で習ったように、膝の上でつくる。

そこに黒騎がやってきて、「打撃を膝の上でやると靭帯《じんたい》を痛める。古い研究者がやらかす誤りだ。当時の人間だって、そんなリスクを冒してまで石器を作ったりはしない」といった。黒騎は拳大の石を二つ用意して、左掌の上の石を、くるくると横回転させながら、右手の石で規則的に敲打してゆく。

「円盤形石器はこう作る」

縁辺をカットして、文字通り円盤の形をした石器となった。

またしても目から鱗。恋太郎は黒騎という二十七歳の青年研究者が「本物」であることを実感した。

胸板のがっしりした黒騎が、煙草「マルボロ」の一本にライターで火をつけて煙を吐く。そこで横にいる細身の恋太郎に訊いた。

「恋太郎君、俺が今、何を考えているか判るかい?」

「報告書のレイアウトですね。本社の重役たちがいっていました。黒騎さんは、調査段階で、『本』の半ばは仕上がっているって」

「いや違う。俺は今、君とセックスしたい」

「!」

恋太郎が絶句した。黒騎は、大きく煙を吐いて、「冗談だ」と笑うと、目が点になっている新人の肩を叩き、事務所に戻って行った。




【脚注】

恵比寿谷遺跡。南を向いた尾根の緩斜面、標高二百メートルに立地する縄文時代後期集落跡。現地事務所は、谷底にある集落の外れにある。そこから遺跡までは徒歩で上がってゆくしかない。

黒騎《くろき》:老舗の民間調査機関、株式会社アークにスカウトされた元の嵐山市教育委員会係長。室長補佐。恵比寿谷遺跡調査班「黒騎兵」《ブラックライダーズ》班長。愛車BMW-R75サイドカー仕様オートバイ。

花咲課長:熟練調査員。目付け役。

斗南:中堅調査員。

松島(お局様):中堅の女性調査員。

恋太郎:新人調査員。

現場代理人:村上(トトロ)監督。遺跡の施設・器材・安全衛生管理部門の責任者。

現場世話人:昴《すばる》。万能エンジニア。女性。

佐藤、中居:雑誌『東京倶楽部』(株式会社東京倶楽部編集室)の記者とカメラマン。
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。