伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 伯爵令嬢シナモン第3部「修道院島」序章1
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

伯爵令嬢シナモン第3部「修道院島」序章1

(※ ニコッとタウンからの転載記事です)

前回までの粗筋
.
 1920年代の終わりごろ、聡明で優雅な考古学者レディー・シナモンは、ライフワークとなる研究目的から日本にむかった。

 途中、上海に立ち寄り飛行船シルフィーに乗り、殺人事件に巻き込まれる。(第1部 「飛行船の殺人」) 

 日本へ到着し、雑誌『東京倶楽部』が、飛行船シルフィーの報道をすると、飛行船の麗人「レディー・シナモン」をもっと知りたいという膨大な数の投書が寄せられた。このため、社命によって、佐藤と中居は、英国大使館に赴き、シナモンが、探偵として、考古学者としてデビューした5年前に遡る事件をまとめたファイルを目にしたのだった。(第2部 「コンウォールの才媛」)

 そして……。

.
主要登場人物 
. 
レディー・シナモン……英国伯爵令嬢・考古学者。「コンウォールの才媛」の異名がある。
スイーツマン・ウルフレザー……リザード伯爵セシル家の老家宰。『伯爵令嬢シナモン』著者。萩原朔太郎……群馬県出身の詩人。

.
  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

.

 リザード市は、イングランド島西端コンウォール半島に位置している。そこには大西洋を臨んだ岬にゴシック風の城館リザード城がある。麓の市街地から城館にたどり着くには少し坂道を登らなければならない。
 坂道を、自転車を押した郵便配達員が行き、やがて頂きにたどりついた。頂は城壁に囲まれており、内部にはいるには、北門か南門のいずれかを通らねばならない。郵便配達員が、峻厳な北門をくぐると、意表をつくかのように華やかな薔薇園となり、そこを左に曲がったところにある北館へと歩いて行った。
.
 リザード城の郭(くるわ)は、薔薇園を中心に、西にたたずむ本館と、北門・南門に隣接した南北の別館が存在する。郵便配達員が、北館にある執務室の扉をノックすると、燕尾服を着た初老の人物が現れた。
「ご機嫌よう家宰(かさい)さん、お手紙ですよ」
 郵便配達員はそういって封書を初老の男に手渡すと、自転車に乗って、もときた坂道をくだっていった。初老の男は受け取った封書の宛名と差出人を指でなぞって読んでみた。
.
 ----姫様宛だな。ほお、萩原朔太郎----あの日本の詩人か……。そういえば、探偵小説が大好きな御仁であったな。
 そうつぶやくと、家宰は杖をついて本館へと向かった。
.
 扉を開けた途端、甘い紅茶の香りが漂ってくる。部屋は、おびただしい蔵書を収めた広間となっており、テーブルの上には、古代の壺、大理石の彫刻、青銅剣、それに開かれた数冊のノートが置かれていた。そこがその人の研究室となっている。研究室のもっとも奥には大きな事務机があり。手前にはソファとテーブルの応接セットがある。
「お手紙が届いたのですね。お疲れさまです。紅茶をいれているところでしたので、どうぞおかけください」
 古風なドレスに身を包み黄金の髪を後ろに結った若い貴婦人が、銀ポットから、二つのティーカップに琥珀色の液体を注いでいる。
.
 ----私はリザード伯爵セシル家の家宰スイーツマン・ウルフレザー。リザード伯爵家は、チューダー朝から続く古い家柄でしてな、他家とは少しばかり違ういい回しをすることもあるが、そこのところはご容赦されたい。伯爵様を御屋形様(おやかたさま)、伯爵令嬢を姫様、そして執事長のことを家宰(かさい)と呼ぶのが習わし。当家には自慢の姫様がいらっしゃる。
.
 ザ・ライト・オノラブル・レディー・シナモン・セシル・オブ・リザード
.
 十八歳。いずれはリザード伯爵家を継いで伯爵夫人となられる。職業は考古学者、あだ名は〈コンウォールの才媛〉。聡明で優雅、そしてお茶目なところもある方だ。
 では、姫様の物語を始めるとしよう……。

.


  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

後 記
.

 いましがた物音がしましてね。ドアを開けてみましたところ、玄関先に大好きなモンブランのショートケーキが入った箱が置いてあり、「祝『伯爵令嬢シナモン第3部』更新」とかいたメッセージが添えられてありましたよ。(はて誰だろう?)
.

コメント

.

アバター
BENクー様

いつも早くのコメントに感謝します。いつものごとく見切り発車です。構想はぜんぜんまとまってませんが、人がいればなんとかなるでしょう。では、毎度ながら強引にオチへもっていきますよ。よろしくどうぞ。
 
アバター
シナモン3の始まりですね!
詩人萩原朔太郎からの手紙・・・ん~。これだけでも歴史・時代の雰囲気が伝わってきます!
・・・というわけで本日のステプ、ポチっとな♪

.
.
ポチボタン

 ※人気ランキング娯楽部 ※

 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

.

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村 




おきてがみ
次の行まで必要
------------------------------

 

  つづきをみる

スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

おはようございます

おはようございます。
今朝もまた冷えます。

また優雅なオープニングですね。
ゴシック風の城が目に浮かび、香りいい紅茶が匂ってくるようです。
家宰に御屋形様、それに荻原朔太郎、雰囲気満点ですね。
これからの展開を楽しみにしております。
狼皮のスイーツマンさん、いつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。レスを書いていますのでいつかご覧になってください。

おはようございます

おはようございます(*^_^*)
今朝も寒いようです。

狼皮のスイーツマンさん、あいさつ簿にありがとうございました。
更新できないほどアクセスが集中していたのですか。
すごいですね(*^_^*)
今日もお疲れ様です。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line