伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 To Iwaki. 2011. 03.21. 和文付 (area 40 km south of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

To Iwaki. 2011. 03.21. 和文付 (area 40 km south of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station)

Rain Monday March 21 (和文、下にあります)

Vernal Equinox Day.
The last day of three day weekend.

Containing the radioactive rain, but it may be asked to talk black, not actually be changed in any way. My mother was wearing a raincoat walking his dog. Day, but otherwise, not everyone out. "You wash your body is sick with the rain" was behind it.
Not because of shower water failure.

Morning, the public car speakers, "provided that the rice and water in a packed community center justified," and informed. People have said that out of charity but do not, they very hard to hear the word dull. In a welcome, but the rain is radioactive. Yuke's have round-trip walk five kilometers.
Old mother is impossible to say.

This is probably just the food, the supplies would be a hovercraft landed at the port last Friday Onahama.
Commercial trucks, or they abandoned the truck and fled outside the city for fear of radioactive contamination rumor, but that come from the beginning.

Metropolitan area, and they left me Ibaraki during absence, seems to have helped each other in the neighborhood. Healthy older men, five kilometers round trip from the water station, and was carrying me in passing the house carrying something. Around noon, the house next door, "Please come and tie the sandwich has reached us," but he got a call my mother and said, "bring me food because my son," refused to let his voice bounce
or.

Food and water could be managed. The hospitals remain closed, however, prospects - they resume. Have run out of medicine over the family with a chronic disease.
Although reluctant to come out in other provinces, "Tomorrow, were useless to try to call the hospital, goes together" like.

Families, "to take a bath" I mean, the phone Kaketara spa idea, "Within the prospect of resuming" replied.

Iwaki City metropolitan area from the highway exit "Joban" as a vehicle ban in general. In the report, the team will be calming down the digestion of the primary, suddenly a hero was born. I would like to volunteer at home, but I also seem unreasonable.
Just trying to make a small donation.



いわきへ

3月21日 月曜日 雨

春分の日。三連休の最終日である。

放射能を含んだ雨は黒いという話を訊いたことがあるが、実際のところなんら変わることはない。母はレインコートを着て犬を散歩させた。当日、それ以外、誰も外出していない。広報では、「雨がかかったら洗い流せ」というのだけれども、シャワーは断水のため使用できないというのに。

朝方、広報車がスピーカーで、「公民館でパック詰めの御飯支給と給水をする」と知らせた。日とのことは言えた義理ではないのだけれども、言葉が訛っていてとても訊きづらい。ありがたいのではあるが、放射能雨の中だ。歩いてゆけば往復五キロになる。老いた母には無理な話だ。

この食糧は恐らくのところ、先週の金曜日にホバークラフトで小名浜港に陸揚げされた物資なのだろう。民間トラックは、放射能汚染の風評を恐れて市の外側にトラックを乗り捨てて逃げてしまうか、初めから来ないということだ。

私が茨城や首都圏に出ていて、不在の間、近所では助け合っていたようだ。元気な年配男性が、給水所である往復五キロのところから、自家のものを運ぶついでに運んでくれたりしていた。昼ごろ、隣の家から、「お結びとサンドイッチが届いてからおいで下さい」と電話があったのだけれども母は、「息子が食糧を届けてくれましたので」と声を弾ませて断った。

水・食糧はなんとかなるかもしれない。しかし病院が閉鎖されたままで、再開の見通しを告げない。持病を持った家族の薬が尽きかけている。他県に出るのをためらっているが、「明日、病院に電話してみて駄目だったら、一緒にゆく」といった。

家族が、「風呂に入りたい」というので、心当たりの温泉に電話をかけたら、「再開の見通しがたたない」と答えた。

常磐自動車道の一般車両が解禁となる。報道では、原発の消化チームが沈静化させ、一躍英雄が誕生した。私も故郷でボランティアをしたいところだが、無理なようだ。僅かばかりの寄付をするとしよう。


スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line