伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 雪が降っていたから外伝2 恋太郎白書71
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

雪が降っていたから外伝2 恋太郎白書71

むかし恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は若者を指差して恋太郎《れんたろう》とよんだ。花や紅葉が、はらはら、と宙に漂うかのような若者だった。 



谷川岳は標高一九六三メートルという、ごくありふれた高さのながら、急峻な渓谷、絶壁をなした岩山で、それゆえに超絶した景観があり、登山者たちを楽しませている。コースはいくつもあり、登山者用の上級コースと、一般ハイキング向けの初級コースとがある。

一九六〇年、ちょうど谷川岳ロープウエイが創業されていた。勇作と友里恵、それに卓也と吾郎の四人は天神平までロープウエイで行き、そこから頂上を目指そうということになった。もちろん、初級コースだ。

さすがに定年に間もない校長や教頭たちは遠慮して、ロープウエイの終点まできて、「麓の景勝地を観て回る」といって引き返した。

標高一三一〇メートル地点である天神峠を起点に、熊穴沢避難小屋を中継し、頂上に至り、「ラクダのコル」を巡って下山する六・五キロのルートだ。

天神峠から、比較的なだらかな尾根道を辿ってゆくと三十分ほどで熊沢穴避難所に至る。そこから、マチガ沢、一ノ倉沢といった切り立った岩塊が出現。頂上付近は意外にも平坦となっており、「トマの耳」と「オキの耳」という双峰となっている。そのうちの「トマの耳」が頂上なので、そこに登ってから下山する。

見知らぬ高山植物が繁茂し、遠くを望めば蒼天にかすむ周囲の峰々がある。四人は歓声をあげた。

吾郎が不思議そうに東側の絶壁を下をのぞきこんだ。人の群れがあって、そこから小銃や機関銃の音が鳴り響いている。友里恵も狐につままれたような顔だ。

「あれ、なんでしょうね?」

「自衛隊の演習?」

卓也が口を挟む。

「宿屋の親爺が、『登山家二人が遭難して、崖っ淵で宙吊りになっている。救助隊が駆け付けたときは亡くなっていたけれど引き揚げられない。そこで自衛隊の狙撃チームを呼んでザイルを狙い撃ちにする』といっていたなあ。たぶんそれだ」

勇作は、(絶壁をよじ登っていて脚を滑らしたんだろうな)
とつぶやいた。

学生時代から勇作は、上越国境上にある谷川岳を十数回以上、ハイキングコースはもちろんのこと、登山者向けを含めた全コースを巡っていたが、すべてを知り尽くしたという実感はない。遭難者はかなりの数に上っており、別名を「魔の山」というほどなのだ。

しばらく山頂で休憩した四人は、山頂から西黒尾根を下って、ガレ沢にある「ラクダのコル」を目指す。鎖場が多い。途中、急に気温が下がってきたところで、道脇にぽつんと座り込んだ若い女性がいたので友里恵が、「どうしたのですか?」と声をかけた。

  つづく


スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line