伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 淫乱侯国《クオン》2 (ファア王国志4) 
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

淫乱侯国《クオン》2 (ファア王国志4) 

【前回までの粗筋】

宰相ガナオ一門が実権を握っていたファア王国。「肉林王」と揶揄されていた若きユンリイ王は、暗愚を装いつつ、腹心である国師マガを介して密かに人材を集め、徐々に力を蓄え、「世界最強」を誇る宿敵ジーン侯国のハーン将軍麾下の軍勢と互角に渡りあい名声をあげはじめた。宰相一門は危機感を強め反乱を企てるが、逆にユンリイ王に殲滅させられたのだ。ややして、ファア王国の属国であるクオン侯国で異変が起こりつつあった。



【本編】

蛇というのは一匹の雌に対して複数の雄がからみついて性交する。セリナ夫人と連中との関係もそうであった。連中というのは、クオン侯国の大公、宰相、執政といった顔ぶれで、夜な夜な現れては未亡人の屋敷で悦楽にふけっている。

およそこの国に、サトウやナカイのような忠臣はおらず、誰も諌言しょうとはしなかった。また、君主は、強大な政敵の攻撃を一時かわすために奇行を振る舞ったユンリイ王のような英名さもなく、まこと暗君だったのだ。

セリナ夫人は後妻で、先妻の継子にカシュアという青年がおり、大貴族である家の名跡を継いでいた。夫人と継子との年齢差は、実のところ姉と弟ほどにしか離れてはいない。

カシュアがクオンの宮廷に出仕したときのこと、例の大公たちたち三人が、女性ものの下着を見せ合いほくそ笑んでいた。朝堂で、しかも群臣たちの前である。執政は、カシュアがくるなり、

「主公《わがきみ》、カシュアは我らの倅《せがれ》にあたるというわけですな」

と戯事をいった。カシュアは年少とはいえ大貴族であり、副大臣級の要職にあり、群臣たちは追従して笑うことはできず重苦しい空気となった。愚かなことに、主従三人はその夜も、セリナ夫人との情交をもとうと、喜々として、カシュアの屋敷に馬車をいれたのである。

カシュアは、屋敷の望楼や楼門に伏兵を潜ませており、大公が門をくぐるなり射殺。残る大臣たちは、前方にいた
主君の異変をみて、慌てて馬車を引き換えして、自邸には戻らず、家族を見捨てて、そのまま宗主国であるファア王国に亡命した。

主君を弑逆《しいぎゃく》したカシュアは大臣二人の邸宅を焼き討ちして侯国を制圧。クオンの民衆は、青年に同情的であり、大公の縁戚であることもあって、同国の大公の席に座ることとなった。その旨も、宗主国ファアに上奏されることとなる。



なんという悲しい運命なのだろう。セリナ夫人は淫乱というよりも、むしろ「家」を守るために、主従三人と情交をもったのではなかろうか。国師マガは複雑な顔だ。かつてクオンを訪れ、セリナ夫人に情けをかけたこともある。けれどもそこでの発言は避けた。

法務大臣職にあったサトウは、「亡命してきたクオンの大臣二人を追放すべきだ」主張した。要職にあったナカイも同調した。

対して、将軍職に就いていた、ヤン、セオ、ランといった王臣たちは、こう主張した。

「確かに彼らは愚行して国を混乱させた。カシュアに同情するところもある。されども、ファア王国は宗主国であり、属国の過ちを看過するわけにはいけません。例の大臣二人を道案内として、ただちに兵をさしむけ、クオンを取り潰すべきです」

異国の動植物も収めている広大な羽林園《うりんえん》。そこの菩提樹の木陰に藤椅子一つをおいて、群臣の意見に耳を傾けていたユンリイ王は、ヤンたちの意見を採用することにした。

電光石火、ファア王国の大軍が北伐を開始した。


 
【脚注】

〈ファア王国〉
ユンリイ王:青年君主、「覇王」。
シナモン内親王:ユンリイの姉。
サトウ、ナカイ、弓仙のヤン、戟のセオ、剣のラン、国師マガ:ファア王国の王臣たち。
フィエルナとルイ:王妃と副妃。エルナの長女次女。
宰相ガナオと執政シュナ:王族たち。故人。
老師タオ;マガの師。先代国師、故人。

〈ルーコン氏族〉
エルナ:森の民ルーコン氏族の女族長。

〈ジーン侯国〉
ハーン将軍:世界最強の黒甲兵を率いる名将。
キース元帥:ハーン将軍の盟友。名将。
オーソン:帝国の廷臣。客分としてハーンの参謀となる。
.
〈クオン侯国〉
セリナ:ティア侯国公主で、クオン侯国大貴族に嫁した絶世の美女。

〈その他の諸国〉
ジーンの同盟国:ズウ帝国、ティア侯国、ローナン侯国。
ファアの同盟国:クオン侯国、ライファン侯国、チャイ侯国。

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line