伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 麻胡先生のこと7 恋太郎白書64
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

麻胡先生のこと7 恋太郎白書64

むかし恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は若者を指差して恋太郎《れんたろう》とよんだ。花や紅葉が、はらはら、と宙に漂うかのような若者だった。 



駐車場の西奥にアパートがあり二階になっている。一階中央が恋太郎の部屋。東西に長く西隣が麻胡先生の部屋だ。恋太郎の部屋には、台所、風呂、トイレ。それからロフトのあるリビングがある。床はフローリングとなり、ホットカーペットを敷いている。また会社が研究機関であるので、二メートルほどある本棚が壁の両側に、中央には折り畳み机を配していた。

恋太郎が開けないのでいると、相手は硝子《ガラス》サッシのある庭側に回り込み、小石で割った。恋太郎は警察に電話をかけたのだが、「どうしましたか」と訊いてきたところで、会話を中断せざるを得ない。進入してきた男は、恋太郎よりも頭一つ大きく、筋肉質でいかにも格闘技をしているようにみえる。

「あの人はどこだ?」

「あの人って誰だ?」

「とぼけっるな、ボケっ。駅やスーパーで、いつも一緒に歩いていただろう? まったくずうずうしい野郎だ。俺の女に馴れ馴れしく連れだって、並ぶ間隔が狭すぎる。笑って話すんじゃねえ。まさか、そのまま、いいことになろうってかあ? 信じらんねえ。糞ったれ、泥棒野郎!」

「俺の女? 泥棒野郎? 麻胡先生は怖がっていたし、硝子戸を割って土足で上り込んできた上に、泥棒よばわりか?」

「ぐちゃぐちゃ、いってるんじゃねえ!」

男はポケットから、バタフライナイフを取り出し、こわばった頬をゆがめて笑い、突っ込んでくる。刹那、恋太郎は、片側の本棚をひっくり返した。本は落ちる間もなく、本棚と一緒に倒れ、男の背を強打して、折り畳みテーブルのところで止まった。男は床で突っ伏しているが、テーブルのおかげで怪我というほどのことはない。

恋太郎は麻胡先生からもらったスプレー缶のボタンを押して、ナイフを持ったままの男の顔にかけた。オレンジのような匂いがする。しかし酸味のある霧状となった液体は催涙成分があるらしく、男は悲鳴をあげてもがく。

そこでナイフを手にしている相手の拳を、かかとで踏みつけ、次いで、後ろに回って金的を数度蹴り、失神したところをカーデガンで後手に縛った。

携帯電話というのがまだ普及しておらず、「移動電話」などとも呼ばれていた時代だ。恋太郎は備え付けの電話で通報したのだが、隣部屋の住人が警察に通報してくれたらしく、あっさりと、犯人は捕獲された。

麻胡麻先生がくれた催涙スプレーはもちろん市販のものではない。もともと化学者だから、香水スプレーに何かの薬剤を混ぜて、お手製の催涙ガススプレーをつくり、護身用に持っていたのだ。ただ、これほど危ない目に遭ったことはなかったようだけれども。

かつて、おんぼろフェリーの鑑真号《がんじんごう》で上海に渡航するとき、行きずりの女性に助けを求められ、レバノン戦士「ファミリー」と対峙したことがある。やせっぽちで、ど突けば折れそうなひ弱に見える恋太郎だが、当時よりも、はるかに図太くなっている。学生時代、はじめての恋人であった雫《しずく》が、前の交際相手に滅多刺しにされたときよりも一歩成長していたのだ。

男は、殺人未遂、恫喝、住居不法侵入、器物破損の現行犯逮捕された。あとで担当の警察官訊かされるところによると、男は、有名大学の学生で、有段というほどではないが柔道をかじっている。ふだんは大人しくしているのだけれども、級友との会話の途中で豹変し、怒鳴って罵声を浴びせたりしたこともある異常性格者だとも訊かされた。



※次回 「麻胡先生のこと」(8/8)稿了予定

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line