伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 麻胡先生のこと4 恋太郎白書61
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

麻胡先生のこと4 恋太郎白書61

むかし恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は若者を指差して恋太郎《れんたろう》とよんだ。花や紅葉が、はらはら、と宙に漂うかのような若者だった。 



カフェテラスで麻胡先生が、「引っ越すことにしたわ」と切り出した。

恋太郎は、「僕が先生を守ります」とまではいえず、「仕方のないことです」と答えた。

麻胡先生の帰宅は規則正しいものだった。尾行してくる男の件があったので電車で通勤していたものを、自家用車に切り替えるようになったし、行きつけのスーパーも代えた。セキュリティー・システムが万全なマンションに越すという話は、恋太郎にしては悲しいことではあるが、麻胡先生が身を守るには仕方がないことだとも考えるのだ。

麻胡先生は、マンションに越すまでの間、同僚の女性宅にいさせてもうらうことになり、恋太郎のアパートの隣部屋に寄りつくということはないし、アパートに寄るときは必ず恋太郎に連絡することになっている。

夜更け、彼女の部屋から音がする。何かを探しているかのような音。不審に思って、電話をしてみると返事がない。外にでてドアをノックする。鍵が開いている。(おかしい) 恋太郎がノブを回す。すると勢いよくドアが開いて、恋太郎に体当たりする。弾き飛ばされ飛ばされた恋太郎は後を追おうとしたが、相手の逃げ足は早い。

恋太郎は、麻胡本人と警察に連絡した。恋太郎にしてみれば、部屋を荒らしたときに、犯人は髪の毛なり、指紋なり残してゆき、事件は早期解決となるだろうと考えていたのだがそういう簡単なことではないようで、時間ばかりが過ぎてゆく。

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line