伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 低湿地遺跡 (シャベル2)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

低湿地遺跡 (シャベル2)

やたらに暑いと立ったままでも眠ってしまうことがある。寝るというより失神に近いかもしれない。夕方五時を過ぎた事務所ではこれまた眠ってしまった。厄介なことに、新潟県の役人が隣接のプレハブで常駐していて伝達をしにくる。会議ではない、ただ自分の考えを述べに来るだけだ。

遺跡というのは低湿地遺跡。低湿地遺跡というのは、文字通り、平野部などの湿地帯に築かれた遺跡で、複雑な層位を遺構が掘りこんでいるため、誤認しやすく、難易度が高い。面倒だ。まともな遺構の輪郭など見えやしない。

入社したての頃、鍛冶工房遺跡調査にしばらく立ち会っていた。そこの遺跡にも鍛冶場の跡があることが推定できた。ただし低湿地遺跡の場数を踏んでいない私にはプランをみつけることはできず、それは経験のある同僚の手を借りざるを得なかった。同僚はあやふやなシミに対し試験的な四角い掘り込みを穿って層位を観察。それを何本も設定して、四角い溝で囲った柱穴列を発見した。けっきょくのところ、そこの遺跡は平安時代に築かれた、軍事工房施設であることが判った。

年が改まると、難易度の高い遺跡であること、役人の前で寝てしまったことを理由に私は解任された。



このころ所属していた会社は経営状態が悪化、賞与はなく、本給自体も悪化していた。私は降板からくる会社損害を理由に、技術手当なるものをカットされた。賞与が基本給の何か月分かをかけるため、賞与と切り離して、追加される追加給与である。四万円ほどである。

低湿地遺跡での落第生は複数にのぼった。懲罰を受けたのは先輩と私。先輩は一か月、私は都合一年だったと思う。重役たちは、私一人が一年以上技術手当をカットされたのは大人しいからだ。そこを社長がいいように扱っている、不当な懲罰だといっていた。



いくつかの遺跡を転々とめぐり、人手不足から再び苦手な低湿地遺跡に放り込まれた。次は縄文時代の遺跡である。はじめは何やら理解できなかったのだが、作業員さんに上手く指示して層位をバランスよく少しずつ水平に落としていけば遺構の輪郭をつかむことができる。ということを体感した。

総指揮していた県の役人は、典型的な村落パターンを想定して調査を行っていた。ところがどっこい、土の中のことだ。そうそうイメージ通りに行くものではなく、河川跡に沿ってランダムに住居跡を築いた村落跡で、遺構の上部は河川氾濫で壊されてしまっていることが判明した。

身体で理解し、終盤に、一気に調査をかたずける。その点は評価されたのだが、前半の戸惑いからきた遅れは如何ともしがたく失点となり、またも降板させられた。



次の遺跡もまた河川跡に築かれた新潟県の低湿地遺跡であった。古代の建物跡はあまりなく、中世の波止場のような施設が出てきたのを憶えている。調査は上出来とはいかないが、なんとか、構造を理解することができた。

傾いた会社は、受注先である自治体教育委員会が求める人材・資材を送る余力がなく、右も左もわからない私が現場で責めを追う形となった。

そこの役人も私を降板させようとしていたのだが、「代えがいない」と上司の一人が掛け合って、つなぎとめた。できれば私も引き上げたいところではあったのだが。この上司の助言を受けつつ、どうにか三っつ目の低湿地遺跡での調査を終えた。

一番きつかったことといえば、派遣できた直属部下がミスして、旧河川跡底部の測点を測り忘れたときだ。河川跡は湧水著しく、絶えずポンプをかけていないと水が張ってしまう。ポンプを抜く直前のことだ。私は彼に、測点のとり忘れはないか念を押した。測点データは、彼だけにしか扱えない機械の中にあって、その時点ではみることができない。その夜、派遣社員をだしてきた測量会社の測量士から、ミスのことが告げられる。

翌朝、水の張った河川跡に入り測点をとる。水かさは胸のあたりまである。水面を基準とし、三.五mスタッフで測る。こんなやり方は安全対策上認められない。大きな穴があり、そこに落ちたとき、服が邪魔でおぼれかけた。慌てて長靴を脱ぎ捨て、三.五mスタッフにしがみつきつつ、立ち泳ぎして浅瀬に戻る。十一月下旬、降雪直前のことで、宿舎に帰りすぐさま湯船につかるが、凍えをとるのにしばらくかかった。

日中、ミスした部下は、「確かに測点は取りませんでしたけれど、遺物からだいたいの高さがわかるのですけどね」とうそぶいた。遺物はあくまでも宙に浮いた状態だ。やはり直にとるのが基本である。

早朝に水につかって測点追加をしていたことを口にはしなかったけれど、休憩時間を過ぎても茶飲み話しをしていて怠けている部下を目にして思わず罵る。彼は平謝りしていたのだが、傍目には、そこばかりが目につき、「いじめですよ」と隣接する別の発掘調査会社職員からも指摘され、かなりの悪評がたった。



調査後ほどなく、月給支給額が旧に復したのだけれども、支給日は滞り二か月遅れとなる事態が続いた。

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。