伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 雪が降っていたから14 恋太郎白書51
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

雪が降っていたから14 恋太郎白書51

【本編】 

むかし恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は若者を指差して恋太郎《れんたろう》とよんだ。花や紅葉が、はらはら、と宙に漂うかのような若者だった。 



麻胡は電話で恋いに告げた。

「少し時間ができたからそっちへ行くね。宿舎は女人禁制ではなかったでしょ。なにか問題でも」

笑っていた。

数日後、麻胡がやってきた。東京から新潟まで新幹線に乗り、そこから在来線の特急「いなほ」で最寄り駅で下車。恋太郎は駅前駐車場に車を停め、出迎えると、改札口の向こうで麻胡が手を振っている。

同僚という感覚から、親しく感じ、そして胸を焦がすようになるという進行速度は人によって異なる。

勇作と友里恵の進行速度は傍目にみていて異様に遅かった。ただ、勇作はテニス部顧問兼監督をしているときの意外なほどに大雑把な友里恵の行動が気に入ったようだ。

友里恵のほうもまた、いつも隣にいて茫洋とした勇作が、波にさらわれた生徒を救い出したときにみせた意外な機知と度胸を頼もしく感じ、より身近に感じるようになったことは間違いない。

季節は秋となった。秋といえば運動会である。校庭のトラックを囲んだ縁辺は、生徒の父兄たちが観覧席となり、さらに後背には、いくつかの露店も駆けつけ、たこ焼きやら焼きそばの香ばしい煙をだしている。

トラックとその内部では次やら次へと演目が繰り広げられていった。定番の団体二百メートル走リレー、個人五十メートル走、玉入れ、綱引きと続いていく。そして最大の出し物といえばなんといっても学年別クラス対抗騎馬戦だった。

教師たちが休憩用テントの席に勇作と友里恵が並んで座った。

「友里恵先生、いよいよ決勝ですね、うちのクラスと友里恵先生のクラスが決勝にでられるなんてこれもまた奇遇」

「奇遇もここまでです。だってうちの生徒たちって、強いのですもの」

「あれっ、友里恵先生、うちの生徒たちに勝てると思っているのですか?」

「もちろんですとも。実は特訓していたんですよ」

「なにやら練習していましたね」

どちらかというと勇作の受け持つ一組のほうが二組よりも、男女とも背丈が高い生徒がそろっており、各大会で記録を残している運動部の選手が多い。友里恵にはなにやら秘策があるらしい。

城南中学校の騎馬戦は風変わりだ。男女個別ではなく
クラス全員参加。男子生徒の班と女子生徒の班が左右横隊となって、同人数の対抗するクラスと対峙している。やがて競技開始をしらせる競技用ピストルの引き金がひかれた。

勇作の1組は勢いに任せてしゃにむに突っ込んでくるのだが、友里恵の2組は整然としていた。第一班と第二班が連携して相手側の1班を素早く各個撃破し、手がすくと味方の班を側面支援していく戦術をとった。このため、勇作のクラスはものの五分で完敗してしまったのである。

友里恵の秘策は、本人も周囲も気がついてはいなかったのだが、偶然にも第二次世界大戦時にドイツ軍が採用した基本的な戦車戦術であった。歓声をあげた友里恵の隣にいた勇作が泣きっ面になっていたのはいうまでもない。

(つづく)


【脚注】

恋太郎《れんたろう》:勇作と友里恵の子。会社員。
麻胡《まこ》:恋太郎の妻。宇宙飛行士。
勇作:斜陽の旧家当主。教師。登山家。
友里恵:勇作の妻になる。教師。
美佳《みか》:恋太郎の同僚。

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line