伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 雪が降っていたから1(恋太郎白書38)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

雪が降っていたから1(恋太郎白書38)

【本編】
.
むかし恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は若者を指差して恋太郎《れんたろう》とよんだ。花や紅葉が、はらはら、と宙に漂うかのような若者だった。
.

.
父勇作の危篤を訊かされたとき、恋太郎は長期出張先である群馬県にいた。会社に連絡して休暇と、担当業務の代行を依頼する。高速道は、建設途中の区間が長く、半分以上は下道を使った。道のりは二百キロだ。
.
入退院を繰り返す父を見舞って、何度も帰省したものだ。仕事の合間を縫って病室の父に顔だけでもみせようと帰る。
.
「あなた、何しに来たの」
.
恋太郎が見舞いだけで介護が手伝えない、と知った母友里恵は罵倒したことがあった。
.
勇作の病名は咽頭癌《いんとうがん》。友里恵の言葉に介護による極限状態を垣間みた。
危篤のしらせから一週間が経ち、父は山を一つ越して小康状態になった。担当医は、「いずれにせよ今週中ですね」と告げた。
.
恋太郎は、少年時代からかきためていた水彩画を額に収めて、殺風景な父の病室の白壁を飾った。下の世話をしてくれた看護婦が、「あら、素敵ですね。お父様のスケッチブックも拝見しましたよ。お上手でした」 と微笑む。
.
看護婦がバキュウム式の糞尿吸引機で下のものを処理している間。友里恵と恋太郎はロビーにでた。母はいった。
.
「今週もつかもたないかなの。沢山の絵を片付けるのは大変だから、明日、持ち帰って」
.
近くにいた看護婦が寂しげな顔をする。絵を片付け終えた恋太郎は友里恵に命じられ、出入りの庭師棟梁を手伝い庭の選定作業をした。蝉がよく鳴く炎天下、樹木に登って枝葉を切ること作業に疲れ、病院を見舞えない日もあった。そう、友里恵が命じたのは介護ではなく葬式の準備。介護をしている母は、粛々と葬式の手配をしていたのである。
.
ヘビースモーカーであった勇作。旧制中学のころは水泳で全国大会上位となり、大学では登山部に入り、水難・遭難での人命救助をして表彰されたことも何度かある。仕事は熱心で部下の仕事まで自分でやらないと気がすまない。詩をかき感情の起伏が大きい。些細なことでも怒声をあげる。介護される身となっても態度は変わらず、疲れた母が介護ヘルパーを頼んでも追い返してしまう。
.
患者の小康状態は、担当医の予想よりも長くつづき、恋太郎は会社から、(いい加減に業務に戻ってくれ)といわれ、父親には、「週末にまた来るよ」群馬に戻った。二日後だったか、朝の通勤途中、母親から臨終のしらせを訊いて、その足で帰省する。
.
息を引き取る間際、勇作は友里恵に、「結婚してくれてありがとう。幸せだった」と告げたのだという。恋太郎は、友里恵が、弔問客が来るたび、誇らしげに勇作の最期の言葉を話しているのを訊いた。
.
思うに老夫婦は、他者に邪魔されることなく、残り僅かな時間を二人で独占したかったのではなかろうか。
.
(つづく)
.

.
【脚注】
.
恋太郎《れんたろう》/ 東京郊外の大学に通う学生。本編の主人公。
愛也《よしや》/ 恋太郎の幼なじみ。恋太郎の大学近くにアパートを借りている学生。
マダムと美咲《みさき》/ 喫茶店〝めらんこりい〟オーナーと女子高に通う娘。
ポモリ教授/ 恋太郎の通う大学で教鞭を執る。
麻胡《まこ》先生/ 元高校教師。科学者。宇宙飛行士。華僑系帰化人の孫娘。未来、恋太郎の妻になる。
 雫《しずく》/恋太郎の大学同期生で、はじめての恋人。ストーカーに殺害される。
ダンディー氏/法律事務所の花形弁護士。麻胡先生の友人。映画鑑賞を趣味とする。

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line