伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 雫編6/7 「かぐや姫」 恋太郎白書36
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

雫編6/7 「かぐや姫」 恋太郎白書36

【本編】
.
むかし恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は若者を指差して恋太郎《れんたろう》とよんだ。花や紅葉が、はらはら、と宙に漂うかのような若者だった。
.

.
雫《しずく》の亡骸《なきがら》を乗せた霊柩車が火葬場にむかって消えてゆく。雫は買い物の帰りに路上で刺されて死んだ。刺したのは高校時代の交際相手。よく手をあげる男。上京したのも男から逃げるためだった。
.
出会ったばかりのころならば恋太郎べったりで、スーパーにもつきあわせていたものだったのが嘘のよう。恋太郎に、「卒業後したら同棲して、資金がたまったら結婚しよう」といわれるほどに、愛が全身に満ち、一人でいても恋太郎を身近に感じるほどになっていたのだ。
.
それが仇となったのだ。
.
寮にいて、警察から知らせをうけた恋太郎が、事実を受け入れることは容易ではない。葬儀の日もまともには立ち上がれず、立ち上がっても何度も転び、親友の愛也《よしや》の肩を借りて、どうにか葬儀場の席に着くことができたのだった。
.

.
式典の直前、ダンディー氏が、隣に座った麻胡先生にいった。
.
「在原業平が主人公ではないかといわれている歌物語『伊勢物語』って知っていますよね。そのなかに「白玉か」というくだりがあるでしょ」
.
「ああ、業平と恋仲にありながらも皇后《きさき》として入裏《にゅうだい》することになる藤原高子《ふじわらのたかいこ》。『業平が高子をさらって駆け落ちしたはいいものの、雨宿りしたところが鬼が住む蔵。高子は鬼にさらわれてしまい、悔し涙を浮かべる』という話ですよね」 
.
「可哀そうにな。雫ちゃん、背中からバタフライナイフで滅多刺しだったそうだ。恋太郎君も見ちゃおれんよ。なんだか恋太郎君をみていると業平みたいだ」
.
二人は愛也の肩を借りてどうにか焼香をしたものの、棺に横たわる恋人の顔をみて、膝を落としてしまう恋太郎を会場の後ろのほうでみやった。
.

.
何日も朦朧《もうろう》として学校にも脚を運ばなくなった恋太郎を、麻胡先生は夕食に誘った。恋太郎は、まともに食事が喉に通らない様子で、廃人のよう。食事の途中で、テーブルに突っ伏す有様だった。麻胡先生は肩を貸してどうにか寝台に運び込み、恋太郎を抱いて添い寝した。
.
「月に兎はいるのかなあ」
.
「いないよ。でも、かぐや姫はいるかもね」
.
うつろな目をした恋太郎の髪をなでて、麻胡先生がささやく。窓越しから月光が差し込み、二人の横顔を淡く照らしている。
.
.
【脚注】
.
恋太郎《れんたろう》/ 東京郊外の大学に通う学生。本編の主人公。
愛也《よしや》/ 恋太郎の幼なじみ。恋太郎の大学近くにアパートを借りている学生。
マダムと美咲《みさき》/ 喫茶店〝めらんこりい〟オーナーと女子高に通う娘。
ポモリ教授/ 恋太郎の通う大学で教鞭を執る。
麻胡《まこ》先生/ 恋太郎と愛也の高校時代の化学教師で現在は大学院生。仙女の系譜をひく。在職中、男子生徒の絶大な支持があった。華僑系帰化人の孫娘。
 雫《しずく》/恋太郎の大学同期生で、はじめての恋人。
ダンディー氏/法律事務所の花形弁護士。麻胡先生に気がある様子。映画鑑賞を趣味とする。
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

Σ(*゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!

自分のものにならないから・・
そいう身勝手な男がいるのよね!

恋太郎さんかわいそう・・・
今日は、恋太郎さんのために、手を合わせる事にします。

くろこ姫様

いつも読んで下さりありがとうございます
恋太郎の初めての恋人、雫《しずく》。
かくも悲しいことに。
白玉のようでいて、その手には、あまたに残る愛を
残して昇天したものと私は考えるところです。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line