伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 帝国への道16 (ファア王国志2)稿了
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

帝国への道16 (ファア王国志2)稿了

     
ファア王国軍は、ティア侯国から南隣のクオン侯国に転進、さらに南にくだった都城エイに「凱旋」する。その間に、「草」衆が中原諸国に放たれた。
.
クオンは、ファアが、中原へ足がかりとする同盟国で、実質的には衛星国といってよい。王国の間謀本部は、クオン大貴族屋敷の一角を間借りしたところに置かれ、そこでサトウとナカイが「草」衆の指揮を執った。
.
「ジーンの同盟国ローナン侯国では、首尾よく、市場で連日聴衆にファア王国の帝都包囲とジーン軍撃破とを喧伝いたしましたところ、同国家臣たちも動揺しております」
.
続々と報告にやってくる「草」たちの報告を木簡に記録していたナカイがサトウに目をやった。
.
「先輩、なんだか詐欺みたいな話しっすよ。判定負けみたいなティアでの戦を圧勝だなんて。だいたいにして、帝都もティア都城も陥としちゃいないし」
.
「主公《わがきみ》は初めから、帝都もティア都城も陥落させる気はなかったんだ。ハーンの軍勢を国境から引き離すこと、森の民ルーコンを取り込むこと、これすら副産物に過ぎない」
.
「じゃあ、なんすか」
.
「ズウ帝国を打倒しファア帝国樹立せしめる王朝革命への布石。そのための第一段階として中原諸国へ揺さぶりをかけているんだ」
.
ナカイは、ようやくユンリイ王率いるファア王国軍の大遠征の意味と、自分たちが総仕上げを託されていることを理解した。
.
効果は、じわじわと現れてきた。ティア侯国から帰国したジーン侯国のハーン将軍や参謀オーソンが、ユンリイの真意を知り、対抗して「草」を放ち、戦果の事実を世に知らしめようとしたものの後の祭りで、誰も耳を貸さない。オーソン参謀が放った「草」が、中原諸国の市井にゆくと、
.
「ズウ王朝は、ファア王朝に取って代わられる。ジーン侯国の傘下に甘んじているよりも、わが国は、ファア王国傘下にいるほうが有利だ」
.
人々は決まって、そう答えたものだった。舌打ちするよりなす術がない。
.
以後、ジーン侯国傘下にあった中原諸国が、年々歳々数を減じてゆくのに歯止めがかからなくなった。
.
(賽狗《ドッグレース》の犬三頭がいれば、味方の高速の犬には敵の中速の犬を、中速の犬には低速の犬を、そして低速の犬には高速の犬をあてがえ。そうすれば二対一で勝つ)
.
ハーンはユンリイにとって師であった。少年時代に出会った敵将の教えを青年王は応用したのだ。弱体化した帝国帝都を包囲して強大な国力を全世界に誇示し、戦闘で勝てぬハーンの「黒甲兵」にはあえて全力をぶつけず、相手に勝る諜報戦略で、敵の同盟諸国を攪乱。王朝交代の布石としたのである。
.
サトウは、改めてユンリイの深謀遠慮の一端を垣間見た思いがしたのだった。
.

.
他方、ルーコン氏族の襲撃のときに活躍をしたものの、ジーン軍を相手に二度も国軍主力を混乱させ、ユンリイ王を危険にさらした執政シュナへの処断を求める声が王臣たちからなされ、王国を仕切ってきた宰相一族に、さらなる批判が集まった。
.
「もはやこれまでだ」
.
無念そうな顔でひざまずいた執政シュナ。肩に手をやった宰相ガナオは、甲冑を身にまといだした。
.
.
(『ファア王国志』第二章稿了/第三章へつづく)
.
.
【脚注】
.
ユンリイ王:ファア王国の青年君主。本編主人公。
サトウ、ナカイ、弓仙のヤン、戟のセオ、剣のラン、国師マガ:ファア王国の王臣たち。
フィエルナとルイ:ユンリイの幼妻たち。王妃と副妃。森の氏族ルーコン族長エルナの長女次女。
執政シュナ:宰相一門。国軍の長。
宰相ガナオ:長らく王国を実質支配してきた王族。
ハーン将軍:ジーン侯国最強の将領。
オーソン:帝国廷臣。客分としてハーン付参謀となる。
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line