伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 帝国への道2 (ファア王国志2)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

帝国への道2 (ファア王国志2)


細面、切れ長の目、高い鼻。背丈は十人並みで細身、四肢は長い。容貌や体型まで姉弟は酷似している。違いといえば王姉シナモン内親王よりすこし高いというだけのことだ。内親王が危惧する点はそこにあった。
.
「仮面? 矢よけですね」
.
仮面を王の顔につけた内親王がうなづき、「似合いますよ」といって、ユンリイの後にまわって、紐を結んでやる。
.
青年王は、暗い宮殿よりも、巨大庭園羽林園《うりんえん》に植えられた菩提樹の木陰で過ごすことを好む。政令もここから発せられることが多い。
.
    ☆
.
藤椅子にもたれかかるユンリイ王を遠巻きにみていた、王臣のナカイが、横にいるサトウにいった。
.
「あんな仮面なんかしたら、町娘が嘆くっすよね、先輩。なんせ、主公《わがきみ》は色男っすから」
.
「いや、主公《わがきみ》は目立ちすぎる。王宮ではともかく、あの容姿は戦場では邪魔なんだ」
.
    ☆
.
仮面は漆黒で、鬼神の目を象《かたど》ったもの。あえて美麗な容貌を隠し、威嚇するような感じがする。内親王は、敵兵が、「女のようだ」として、ユンリイをなめてかからないようにしたのだ。
.
シナモンが、「贈り物はまだあります」といって、後を振り向くと、控えていた筋肉の塊のような壮年の男が白い歯をみせた。
.
「南方の属国から献上された隕鉄《いんてつ》を鍛えて十振りの剣をつくりました。どうぞお納めください」
.
かつて内親王が王臣として推したオロンという宮廷鍛冶職人である。十振りの剣のうちの一つを両手で掲げていると、藤椅子のユンリイは立ち上がって、受け取り、早速、鞘から引き抜き、空に戯れさせてから、鞘に収める。
.
「隕鉄剣。もった感触は青銅の剣とかわらぬが」
.
「隕鉄はもとはといえば流星です。流星は天空の神々からの贈り物。主公を必ずやお守りすることでしょう」
.
ひざまずいたまま工匠がそういった。
.
「そういうものか」
.
ユンリイは、椅子の肘掛けにかけてあった薄絹《うすぎぬ》を宙に放った。布は、ふわふわ、として漂っている。剣をふたたび引き抜いて、素早く、斬る。
.
「良き剣である。ありがたく貰っておくぞ」
.
    ☆
.
帝都攻略のための遠征軍の準備が整い、出陣となった。六十頭の象に率いられた近衛軍の兵員六千を中核に、二頭立ての馬車を中核とした戦車五百乗兵員五万からなる国軍が北伐を開始した。
.
 長蛇の列をなした遠征軍の中核近衛軍にあって、戦象一頭と百人からなる部隊をそれぞれ預けられたサトウとナカイが、戦象を並べて進軍していた。
.
「兵員五万六千。帝都を攻略するのにこんなにいりませんよ。二万もあれば十分っすよ」
.
「『軍』とは脅しだ。主公は戦わずして勝つことをお望みなのだ。帝都が落ちれば主公がズウの皇帝から冠《かん》を奪いとって代わることもありうる。そうなれば宗主ズウの背後にいるジーンも黙っておるまい。ジーンを倒してこその世界一統。直接対決まで、無駄な消耗を避けねばならぬ」
.
「そういうことですか」
.
「そういことだ」
.
ズウの帝都をルウという。ルウに至る幹線街道は、 ジーン傘下にある中原諸国を通っている。面倒な幹線街道を避け、比較的敵のいないルートをゆき背後を衝く奇襲作戦だ。峻厳な裏街道を通って北に進むと、深い森にぶちあたる。黒林《こくりん》とよばれるころで、蛮族ルーコンの住処《すみか》となっていた。唯一の難敵。ズウ帝国と諸侯国やファア王国にも組みしない精強な第三勢力。ときたま帝国直轄都市や諸侯国首都を襲って壊滅させることもある。そういう得体の知れない存在が深い森の中にはいた。
.
(つづく)

スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。