伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 肉林王(ファア王国志)9 まもなく完結
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

肉林王(ファア王国志)9 まもなく完結

 ユンリイ王(※1)の宴《うたげ》は、ナカイ(※2)が諫言してからも繰り返された。そのことは宰相ガナオ(※3)と執政シュナ(※4)を安堵させた。
.
「宰相、主公《しゅこう》が人材を集めているという話。はじめて訊いたときは耳を疑い、われら一門を排斥する布石ではないのかと考えましたぞ」
.
「われらに対抗しようとする国師マガ(※5)が裏で仕切っていたというだけのことだ。主公には初めから人材を集め、御身の身辺を固めるというご発想はないことがはっきりした。王国の版図は五千里四方(※6)、国庫は穀物で満ちている。宴席での出費などさしたるものではない。政治はわれら一門に任せ、主公は宴会でもしておられればよい。政治も軍事も素人の君主が口出しても厄介なだけだ」
.
「宰相、もし主公が国政に口をはさんできたら?」
.
「執政、それを私にいわせるのか? 罪なことを」
.
 宰相府の西から王宮が望める。基壇に上に築かれた三層からなる王宮正殿は黄色い亙が葺かれ威容を誇っている。正殿からは音楽と歓声が鳴り止まない。二人は一瞥《いちべつ》するや笑みを浮かべた。
.
    ☆
.
 月の晩だ。杯に映った月はまだ満ちてはいない。酒池肉林の宴が終わりかけたとき、白衣の王臣が広間にずかずかと踏み込んで、国王の前に、どっかと腰を降ろした。珍味と余興に酔っていた王臣たちの酔いが一気に冷めた。
.
「サトウ殿(※7)、宴の席ですぞ。死装束とは正気の沙汰か」
.
 サトウは周囲の罵倒を無視して、深々と拝礼すると、玉座にいるユンリイを正視した。
.
「先日、ナカイに諫言は無用だと命じた。サトウ、卿《けい》も知っておろう?」
.
「もちろん承知しておりますとも。しかし黙っては折れなくなりました。主公はジーン侯国(※8)が動き出したのをご存知ないのですか。ジーンが中原の同盟国領を侵すのは必定。各国から使者が駆け込んできております」
.
「ジーンとのいがみ合いは二十年に及ぶ。戦とは消耗だ。大戦にはならぬ。執政シュナに一軍を預けてにらみ合いでもさせれば事足りる。そういうものだ」
.
「総大将ではありませんが、ジーンの軍勢には、ハーン将軍(※9)が加わっているとの報せです」
.
 背後にいた王臣たちがざわめいた。
.
「ハーン将軍。甲冑を漆黒で塗装した部隊、黒甲兵《こっこうへい》を率いる、あのハーンか。わが王国将兵が命を落とすときは、必ずやハーンがいる」
.
 サトウは続けた。
.
「前線の将兵は、主公の御名《おんな》を叫んで戦場の土に伏すもの。ただちに宴をおやめくださいませ」
.
 玉座にいたユンリイは、直言を吐いた死装束の王臣をしばらくみつめてから、立ち上がり、青銅でできた巨大な斧を近侍から受け取って、サトウの前に立った。
.
(斬られるのか)
.
 サトウも王臣たちも思った。だがユンリイは斧を、平伏するサトウの前に置いた。
.
「斧は司法の職長がもつ。サトウ、卿がもつにふさわしいようだな」
.
 そういうと、正殿を南口から月を見上げて、
.
「まだ月は満ちてはおらぬ。満つる前に動かば、傷も深くなるが」
.
 と嘆じてから、
.
「中原同盟諸国に合力《ごうりき》する。こたびの戦、寡人《かじん》が陣頭に立とう」
.
 王臣たちは、(肉林王とよばれるあの惰弱な王か)と耳を疑った。
いまだ満ちぬ月が雲に隠れたとき、強烈なエナジーがユンリイから発し、王臣たちをのけぞらせるほどに圧倒した。

「風ならぬ風が吹いている。暴風といってもよい。話に訊く帝気、威徳とはこういうものか」
.
 酒気漂った空気が払拭された宴席の隅にはナカイがおり、そうつぶやいたのだった。
.
 出陣前に宮殿では、サトウたちの諫言を非難した近臣たちは粛清されて流刑となった。話を伝え訊いたファア王国国民は大いに奮い立ち、青年たちは競って国軍に身を投じ、戦車三百乗兵士三万という軍勢が北進を始めた。羽ばたきをはじめた大鳥を肉林王と揶揄するものはもう誰もいない。以降、人はユンリイをして、「覇王」と呼ぶのだ。
.
 草木が強い南風にゆらされていた。
.
 その道は中原へとつづく。
.
    ☆
.
 (つづく)
.
   ☆
.
【脚注】 
.
〝南蛮〟《なんばん》と蔑称《べっしょう》される辺境諸国の一つファア王国の物語である。  

.
(※1).ユンリイ王:肉林王と揶揄され惰弱を振舞うファア王国の若き君主。本編主人公。
.
(※2)ナカイ:国師派の王臣。諫言をしてユンリイ王の不興を買う。
.
(※3)宰相ガナオ:王国の実権を握り、一門を王国の要職につける。
.
(※4)執政シュナ:宰相一門。軍事の大権を握る。
.
(※5)国師マガ:宮廷道士の長。サトウやナカイたち人材を登用。宰相に対峙する。
.
(※6)この世界での一里は、実世界での〇・四キロメートルと理解していただきたい。
.
(※7)サトウ:国師派の王臣。多くの若手人材を着々と集める。誠実な男。ナカイとは名コンビで、サトウが年長である。
.
(※8)ジーン侯国:中原諸国を挟んだ北方にある大国。ファア王国に唯一対抗しうる勢力で、両国の抗争は二十年つづいている。
.
(※9)ハーン将軍:後のジーン侯国の名宰相。ファア王国がもっとも恐れる将軍。


.

.

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

小説人気ランキング娯楽部

おきてがみ
次の行まで必要



 http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村


     ☆
      ☆

.
スポンサーサイト

theme : 自作連載ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line