伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 「文鳥貴族」 自画集15・掌編小説
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「文鳥貴族」 自画集15・掌編小説

 先日、八歳の大往生で他界いたしました文鳥王トリスタン。やたらと喧嘩に強かった彼にも、最強のライバルが存在しておりました。既に発表しました「文鳥王トリスタン」で覚えていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。そう、シルバー文鳥のシルフィー、名前の通り風の妖精のようでもあり、貴公子のようでもありました。画像は、文鳥と橘の樹木を扱った水彩画2枚をPC処理で合成したものです。
.
   ☆
.
文鳥貴族 
「文鳥貴族」 2004年 (水彩・PC処理)

    ☆
.
掌編 「文鳥貴族」 (文鳥列伝)
.
   クリスマスが間近に迫ったころ、私はシルバー文鳥を手で包んでいた。放置しておくと身体が冷えてしまうので、ときどき、手やポケットに入れて温めてやるのだ。名前はシルフィー、雄のシルバー文鳥だ。ペットショップの大きな巣籠にトリスタンと一緒の籠に入っていたで、一緒に購入した。シルバー文鳥というのは、比較的新しい品種で、白黒が際だつ桜文鳥の色を淡く灰色にさせたもので人気がある。
.
    ☆ 
.
 シルフィーは、トリスタンが仕掛けてきても、軽やかに、少し離れたところに飛んでいく。シルフィーの素早さには風切る翼のトリスタンもついてはゆけない。トリスタンが追いついた瞬間には、シルフィーは舞い上がって逃げてしまうのだ。それを何度も繰り返した。
.
 シルフィーが逃げるのは弱いからではない。争いを好まないのだ。軽やかな逃げっぷりは優雅でもあり、私には、貴公子のように映った。
.
 ところで、わが家には、もともと、蘭丸《らんまる》という雌の白文鳥がいた。二羽の雄のうち、白文鳥は蘭丸の婿として迎え、シルバー文鳥は私の趣向で飼いだしたものだった。蘭丸は、孤独を愛する気性の激しいトリスタンよりも、穏やかで心優しいシルフィーを選んだ。
.
 つがいとなった二羽は仲むつまじく、巣籠を出入りしては大いに喜んでいた。トリスタンが侵入してくると、けたたましく威嚇して撃退。無駄な戦いを避けてきたシルフィーと、弱々しいが共同戦線である。だが、同じ年の夏に蘭丸が突然亡くなった。シルフィーは、伴侶の死に、よほど堪えたのか、秋から衰弱し、ついには飛べなくなってしまった。
.
    ☆
.
 手で温めたシルフィーを、運動させるため、床に離してやる。シルフィーは舞い上がろうと何度か羽ばたくのだけれども飛ぶことはかなわず、あきらめて休み休み歩きだした。
.
 十分以上かけて、隣室にある格子でできた巣籠に到着。巣籠の屋根を外しているので、いままでなら跳躍して帰還することができた。だが、その日は無理である。みかねた私が掌をだすと、シルフィーは手に乗って、二三度軽くノックした。
.
 ──戻りたいんだ。上げてくれないか?
.
「わかってるさ」
.
 シルフィーは、「感謝する」と、はにかむように、横顔をみせて、巣籠の中に戻った。いつものことだが、そういうときはきまって、来訪者がいる。来訪者というよりは侵略者といったほうが正確だろう。そう、白文鳥のトリスタンが陣取って、餌箱から餌をついばんでいるのだ。むろんシルフィーも黙ってはおらず、〝宣戦布告〟した。
.
 白文鳥トリスタンは、後方へ退いて、シルフィーに対抗する体勢をとった。
.
 ──来たな色男。あの娘、蘭丸を捜していたのか? 恋には毒がある。死んでしまった女を未練がましく想っておるから病など得るのだ。
.
 ──ふっ、恋を知らずに生きる君は哀れだよ、トリスタン。……それより、ここは、わが領域。出ていってもらいたい。  
.
 ──〝愛の巣〟の跡地など墓場にすぎぬ。死守して何の意味がある?
.
 ──墓? そうかもしれない。だが私には必要な場所なのだ。愛した証を胸に生きていたい。もっとも、そんなことなど、君には理解できないことだろうけどね。
.
 〝宣戦布告〟の儀礼において、これほど美しい行動をとる種族を私は知らない。南国の鳥特有である華麗な歌と舞いをするのだ。シルバー文鳥はハイ・ソプラノ、白文鳥はアルトとソプラノでさえずり、軽やかなステップ、さらにデュエットが始まる。総毛立つほど華やかで澄んだハーモニー。銀と白の競り合いだ。
.
 その冬のクリスマス、シルフィーは、〝紅芝《くれないしば》の丘〟に逝った。享年三歳。トリスタンは、それからさらに五年生きたのだけれども、鏡に映る自分ばかりをみるようになった。
.
ノート20100515
.

【関連記事】
.
文鳥列伝
.
自画集
.
   ☆
      ☆
     ☆
.
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

   

 次の行まで必要
------------------------------   

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村

 
おきてがみ
.



スポンサーサイト

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

line

comment

Secret

No title

あら~!3歳で逝かれてしまったのですか??

恋人の死が、余程、答えたのかしら??
なんだか、かわいそうな気もします・・・

今度、鳥を題材にして、押し花を作ろうと思っております。
この絵の感じもすてきですね!
こんなのにしてみようかな(笑)

こんばんわ

こんばんわ。
さわやかな気候でした。

本当に鳥も性格が違いドラマがあるのですね。
よく観察されていたからなのでしょうね。
名前もそれぞれいいし、みな誇り高く。
シルフィーと蘭丸の純愛は泣かせますね。
蘭丸の死でそれほど気落ちするとは人間以上のような気がします。
トリスタンも相当な焼きもちを(^_^;)
あくまで孤高の道を歩むトリスタンですね。
最後はなんかナルシスのように自己だけしか愛せなくなったのですかね。
絵も淡い色でいいですねー。

いつも読んでいただき大変ありがとうございます。

Re: No title

文鳥の平均寿命は七・八歳で、人間の一〇分の一。三歳は三〇歳に相当します。早死にですね。恋は人生を彩る薬であり、身体を滅ぼす毒でもあることを実感いたしました。

『花鳥画』という中国絵画~日本画カテゴリの一つです。洋水彩とPC合成ですけれども。文鳥モチーフは、日本画では江戸時代からとのこと。東南アジアから輸入された文鳥は桜文鳥で、その後突然変異の白があらわれ、現在はかなりの数のバリエーションとなっています。シルバーやシナモンが最近の種としては人気です。

くろこ姫さんの押し花作品を楽しみにしております


Re: こんばんわ

Kozou様

トリスタンがシルフィーに嫉妬していたかどうか? ナルシストか? 
というお話しですが、理由は近日にでも述べます
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。