伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 村上春樹 『ノルウェイの森』 に思うこと
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

村上春樹 『ノルウェイの森』 に思うこと

 村上春樹『ノルウェイの森』 (講談社文庫 1991年 上・下巻)をよみましたよ。──だってですよ、いろいろいわれますけれど、ずっと生き残って、世界に名の知れた方ですよ。なぜ売れるか知りたいではありませんか。 
.
ノルウェーの森
.
 音楽に詳しくないもので──ビートルズの「ノルウェイの森」という名曲があるそうですね。お子ちゃまのときはピアノ教室にも通わせて頂いたこともあるのですが、そっちには向かなかったみたいです。まだ19歳独身(設定)だあ──もう一度、音楽やるぞお~っ。(←嘘)
.
   ☆
.
 物語のはじまりは、ハンブルク空港、三十七歳の主人公ワタナベは、そこで流れてきた「ノルウェイの森」を耳にして、学生時代に、突然自殺した恋人、直子のことを思い出します。
.
 直子は、もともと、高校時代の親友キズキの幼なじみ。キズキを介してワタナベは直子に出会い、三人でよく遊んだもの。ところが、十七歳になったキズキが突然自宅ガレージで自動車排気ガスを車内に引き込み自殺。
.
 高校を卒業すると、ワタナベは、故郷の神戸から逃げるように上京、東京の私立大学に進学、学生寮に暮らし、やはり逃げるように上京してきた直子と再会します。
.
 (ヘミングウェイの家系もそうだったといわれておりますが──)直子のところも自殺家系らしく、姉と叔父を失っています。二人は、キズキがいないとコミュニケーションが上手くとれません。なのに意思疎通がとれぬまま、関係を深めてしまいました。
.
 契ってすぐ直子は、大学を休学しワタナベの前から姿を消し、やがて、京都郊外にある精神治療施設「阿美寮」に入院していることを手紙で伝えてきたので、ワタナベは訪ねていきます。そこには、レイコという元ピアニストがいて、直子の世話をしてくれており、ギターが得意で、直子が大好きな「ノルウェイの森」を弾き語りしてやったものでした。(──筋から、小説タイトルはここからつけたようですね)
.
 パラレルワールドというのか、主人公の反面教師役(トリックスター)には、学生寮の先輩で、外務省官僚となる永沢さんの存在があります。大病院の御曹司で天才肌。しかも超イケメンでワタナベも出会ったばかりの頃はしびれていた様子。
.
 ワタナベが、 『グレート・ギャツビー』を読んでいることから、永沢さんと親しくなります。永沢さんいわく、(俺とキズキは似たもの同士)といい、街にワタナベを誘っては名前も知らない若い娘と一夜限りの〝遊び〟に誘うようになるのですが、実は(自分にはもたったいない)といわしめる恋人がいました。ご令嬢が通う名門女子大生ハツミさん。
.
 永沢さんは一途なハツミさんとは結婚する気がまったくない様子。ワタナベは、同情しハツミさんに永沢さんと別れるように忠告し、次第に永沢さんとは距離をもち、退寮、貸家へ転居──。
.
 ハツミさんは、永沢さんに、実質的に捨てられたあと、別な男性と結婚し自殺をします。(──直子の人生に重なりますねえ)
.
 迷走する青年ワタナベが、非情なエリート永沢さんや、デリケートすぎる親友キズキのような人にならなず救われた最大の理由は、心優しい二人の女性が現れたことからだと、私は考えます。一人は先述したピアニストのレイコ、もう一人は大学の同期生である緑の存在でしょう。
.
 主人公ワタナベは、直子との愛を深めながらも、交際する男性をもつ緑とも関係を深めていき、そのことに罪悪感をもってレイコに手紙でうち明けます。そんな最中、(──失礼ながらいいタイミングで)直子が自殺。ワタナベは迷走します。
.
 下宿に戻ってきたワタナベを、精神療養施設からでてきたレイコが見舞い、(友情の範囲内)で性交渉をとります。(──あらゆる意味でレイコはワタナベの師匠ですねえ)
.
 ワタナベを見舞ったレイコは、旭川に住む昔の友人に誘われて音楽活動を再開するか迷っており、ワタナベに再会したことで彼女なりにふんぎりがついた様子。
.
 空港までレイコを見送ったワタナベは、心の中で存在が大きくなっていた緑に、電話をかけ、(一緒に生きたい)と告げた──ところで物語が終わります。
.
    ☆
.
 私は以前に、長編 『1973年のピンボール』(講談社文庫 2004年)の感想文(← ☆感想文記事へリンク) を書いております。その中でも述べておりますが、著者作品にでてくるキーワード「井戸」がここでもでてきます。
.
 直子という自殺した主人公の恋人が登場しますが、設定面での微細な違いがあるため『ノルウェーの森』とは同一時間軸ではなく、パラレルワールドのよう。
.
 また、掌編「カンガルー日和」(『カンガルー日和』 講談社文庫 1986年)では、動物園にいった主人公と妻との会話で、カンガルーの母子をみながら、「ドラエモンのポケットって胎内回帰願望なのかな」といっています。
.
   ☆
.
 ──というわけで、私見ですけれど、子宮をイメージした存在「井戸」。胎内回帰願望
の象徴(ドラエモンのポケット=「井戸」=子宮)。主人公は、(混沌《ケイオス》に満ちた精神的な実母)直子と関係をもつことによって「シビアな「現実」に生み出され、餓死しかけたところを(精神的な義母たる)レイコに「授乳」されて育ち、緑という(現実の)伴侶となるであろう女性とともに歩み出す……ということをいわんとしているのかなあ、という印象を受けました。
.
 しかしまあ、あそこまで性描写をしなくともいいのに──放屁《おなら》を、上に向けただの、下に向けただの、延々と何ページも読まされたようで……19歳独身(設定)の私には疲れたよお~っ。
.
    ☆
.
 そういえば映画化するそうですね、 ベトナム系フランス人のトラン・アン・ユン監督
で、松山ケンイチ主演だとか。まあ、フランス映画っぽくもあります。女性むけポルノと断言したら、ファンの方──怒ります? 怒ります? そっ、そうですよねえ。 (自爆装置ON)
.
  どっかーん!
.
   ☆
      ☆
     ☆
.
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

   

 次の行まで必要
------------------------------   

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村

 
おきてがみ

スポンサーサイト

theme : エッセイ
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

こんばんわ

こんばんわー
朝晩はまた冷えるようになりました。

ノルウエーの森、読まれたのですね。
確かにタイトルと言い、初刊本の装丁と言い、現代にマッチしているのでしょうね。
これだけは読みました。
わたしもそんな評判だったら読んでみようと。
まー、九州弁でテレーっとと言いますが、テレーっとした主人公が大もて、なんでやねん(^_^;)
まあ、テレーっとがいいのでしょうね。
わたしは生身のどろどろは書かれていないとそれからやめました。
まあ、SEXだけは執念もって書かれていますね。
IQ69あ、85もすごいようですね。
ノーベル賞はちとむりかと。
その感想も書かれているとおりです。
わたしも自爆装置準備しときます(^_^;)

No title

高校生のときに読みました!
懐かしいですね~
「そんな話だったっけ?」
って記憶が曖昧ですけど・・・

寮に突撃隊?なんだかナチスかぶれの右寄りの人がいましたよね。
そのひとだけ、おかしかったので覚えています。

自爆しなくていいように、気をつけながら書いてみました(笑)

Re: こんばんわ

KOZOU 様

書籍には、官能性と芸術性の両面があります。読者も作者も、「エッチだねえ」と指さされれば、「芸術作です」と胸を張って言い訳できる便利な一品。商品としては大成功だと思いますよ。私は素人ですので真似る必要がないため、素人でいる限りは、そっちにはいきませんけれど。(笑)

Re: No title

突撃隊くんは、
右翼のように学ランをきておりますが、
主人公のあだなで、道化役です。
主人公とは同部屋。

きまじめさが、逆に愛きょうとなって、
主人公と直子の数少ない共通話題となります。
かれが新学期に寮をでたことにより、
話題がなくなり、直子がおかしくなったのかもしれません。

はい、村上ファンは多いです。
また自爆しないよう気をつけねば。

ありがとうございます。

19歳独身の男性の率直な感想・・・
おもしろかったです。

今日は、なぜか、あちこちで、
読後の感想のブログにあたります。

近頃、本を読んでいない私には、
トテモ新鮮で、おもしろいわ・・

くろこ姫様

お役に立てたとのこと
こちらこそありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

節様

たしかにそっち系の本

初期の短編を読んでいると、ほとんど、官能描写がありません
やはり、商売用と自己満足用が存在し、自己満足用は性描写を好まないようです

自己満足用の短編って、ファンタジーだったりして
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。