伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 「火山軽石に埋もれた6世紀の村」 自画集13 
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

「火山軽石に埋もれた6世紀の村」 自画集13 

 関東平野北端にある群馬県渋川市。榛名山と赤城山に挟まれたようなところにあり、狭間には利根川が南に流れている。榛名山は6世紀に2回爆発し、群馬県の前身である上野国に壊滅的な打撃を与えた。第1回目の火山降下物は比較的粒の小さな火山灰が主体となるが、第2回めは、砂利から拳大の軽石が主体となって麓の村々や水田を埋め尽くした。堆積した軽石は実に2メートル弱を測った。
.
 渋川市の6世紀代の遺跡は、ローマ帝国の都市ポンペイのようにほぼパックされた状態でみつかることが多い。
.
 6世紀における第1回爆発で代表的なのは中筋遺跡だ。火砕流で一気に村が埋まった。発掘調査中に竪穴式住居跡床面から、ラード状の物質がなんどもみつかったとのこと。もしかすると、被災した人の遺体かもしれないといわれている。
 .
   6世紀における第2回爆発で埋もれた遺跡で代表的なのは黒井峯遺跡だ。
 軽石を除去すると、そこから稀に、原形をとどめたままの集落が出現する。地面を深く抉ったところに、吹屋根や煙突を施した竪穴式住居跡、地面を四角や環状の溝で囲った平地式住居跡、馬小屋、鶏小屋、酒造りの小屋。さらには蔵である掘立柱建物跡、水田跡・畑跡・牧畜場。屋敷を囲む網代の垣根──そんなのがかなりいい状態ででてくる。
.


6世紀の村 
「火山軽石に埋もれた6世紀の村」 2004年 ペン画
.
 図は、むかし、私がお手伝いに出かけた渋川市旧子持村(こもちむら)のとある遺跡。黒井峯と同じく、榛名山の6世紀第2回爆発で埋もれた村だ。左が水田跡と用水路。右側が農民の垣根に覆われた屋敷の一部。中央奥にあるくぼみは、廃絶してなかば埋もれた竪穴式住居跡だ。
.
 竪穴式住居があったところはくぼんでおり、周囲は、複数の人が何度も歩いて小道のようになっていた。小道の形は、天をあらわす円と、地をあらわす方を合体させた形。まるで前方後円墳をくぼませたような形だった。
.
 垣根に囲まれた農民の屋敷奥にある2棟は掘立柱建物跡(倉庫)、中央の2軒は平地式住居跡、手前が馬小屋のようだ。
.
 右奥は、あたかも神木のようで、供え物を盛ったと思われる土器が根本に散乱していた。
.
 立木と家屋に囲まれた庭には、屋外カマドと鶏小屋があった。こういうところの土を持ち帰り、分析にかけると、残存する糞尿の成分やら寄生虫から、飼っていた家畜の種類が判るのだ。
.
  ☆
    ☆
.
【関連記事】 (↓ ☆クリックで記事にジャンプします)
.
「5世紀の竪穴式住居跡」
.
「『卑弥呼の宮殿?』 纏向(まきむく)遺跡報道に思うこと」

.
  ☆
    ☆
.

 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

   

 次の行まで必要
------------------------------   

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村おきてがみ

 
スポンサーサイト

theme : アート
genre : 学問・文化・芸術

line

comment

Secret

こんばんは。

たしかに、ポンペイと同じ運命を辿った村ですね。これだけの住居跡があるということは、文明度も当時としては高い水準にあったということですから驚きです。

縄文海進の名残で比較的海が近く、海運も発達していたのかなぁ??謎の多い古墳時代から、何かを語りかけてくるような興味深い遺跡ですね。

No title

いろいろなお仕事にかかわっていらっしゃるのですね!
古代遺跡とか??

被災した人の遺体ですか??

沖縄の小さな島で見た洞窟に無数におかれた、
しゃれこうべだけでも、興奮したのに・・・

今だに、いろいろな昔の痕跡が残っているのですね!

Re: こんばんは。

残りがよくないだけで、畿内ではもっと高度な都市文明が存在しておりました。群馬県のは、残りはいいのですが、ローカルバージョンですね。

縄文海進というのは5000年以上前あたりでしたか。それからまた気候変動をしつつ寒くなっていきます。古墳時代はけっこう寒く、陸地は現在とほとんど変わらない海岸線です。遺跡は、関東平野のつけねにある台地上なので、海進時点でも海のあった群馬県南端からは、けっこう遠い一にあります。

Re: No title

 いえ、今のところの本業が、こっち方面なもので。

こんばんわ

こんばんわ

考古学はほんとミステリーに似たところもあるのでしょうね。
物的証拠から色々推理する。
おもしろいだろうなーと思います。
今は科学的分析で相当なこともわかるようですね。
絵がいいですね。
いかにも当時の雰囲気ですね。
6世紀と言えば大和朝廷付近は進んでいたでしょうけれど地方は全国こんな感じだったのでしょうね・
ポンペイの遺跡パックはほんとにすごいですね。

Re: こんばんわ

はい、昨今の警察での物証は、DNA鑑定で、推理小説にでてくるような捜査はナンセンスになりつつあるようです。考古という分野はまだそこまではいっておらず、推理の介在する余地があるというのは皮肉なものです。とはいえ、縦割り行政下での発掘作業。弊害の声もあちこちできかれます。

現地の状況から起こした想像図をご覧下さりありがとうございます。この手の絵を描くと、どこぞのテキストをコピーしたのだろう──と疑われる私です。^^
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line