伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 日本刀誕生!/ざっくり考古学
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

日本刀誕生!/ざっくり考古学

  日本刀誕生!

 比較的レアだといわれる遺跡に製鉄遺跡がある。あまり興味をもっていたわけではなかったのだが、なぜだか、その手の遺跡ばかりに当たったものだった。平たくいえば宮崎駿のアニメ『もののけ姫』にでてくる、高殿と呼ばれる工房で、シーソーみたいな送風装置・フイゴ座をつかい、そこから吐き出す、風を、炉体で炭をくべ砂鉄を加えて、ドロドロに溶かすのだ。
 炉体は、平面形が長方形になった箱型炉と、円形になったポット型炉(竪型炉)が存在する
 溶けて赤くなった砂鉄を冷やし、炉を壊して取りだす。すると、当然、炉の形になってでてくる。黒光りしたものだ。これをハンマーで砕くと、銀色に輝く、金属がでてくる。それを称して玉鋼(たまはがね)という。
 できた玉鋼を集めて、また炉にくべて、さらに大きな塊をつくる。それを鉄丁(てってい)という。その鉄丁を、刀工が鍛えて刀剣ができるというわけだ。日本の初期の鉱山は鉄穴(かんな)と呼ばれる鉱石の路頭掘りが主体だったが、やがて、砂鉄による製鉄に替わる。
 ここで鉄の起源について触れておこう。
古代中国の青銅剣は、銅に錫を混ぜた塊りをハンマーで叩きながら成形してゆくわけだが、初期の鉄剣も製法は同じで、純度が高い隕石系の鉄塊・隕鉄を拾ってきて、炭素を加えながら成形してゆくのだ。だいたい中国東周・春秋時代の終わりごろだ。
 鉄の需要が増大してゆく戦国時代になると、日本のたたら製鉄の源流をなす、製鉄炉が発明された。炉体を、粘土に砂を混ぜた層、植物繊維を混ぜた層といった多重構造にすることで高温焼成・大量生産を可能たらしめたというわけだ。
 そこで、携帯武器である刀剣にも変化が起った。両刃で先が尖った剣は廃れだし、片刃である直刀が造られるようになってくる。漢代になるとすっかり直刀が主流になってしまう。鉄丁を母胎にした軟鉄の芯に、鋼の被膜を何枚も重ねてゆくという、錬鉄技法もこのころに一応の完成をみるようになった。
 中国漢代は日本の弥生時代とほぼ重なる。
 紀元三世紀までの弥生時代は、もっぱら、朝鮮半島から青銅と一緒に壊れた鉄製品を輸入・再加工していた。やがて古墳時代になると、だんだんと自前で鉄を生産するようになってきた。その痕跡は五世紀くらいに遡る。そのころ造られた刀剣は直刀だ。
 日本で造られる剣というのは、祭祀関連のものばかりで実用品はない。弥生時代・青銅器に多いのもそのためだ。
 鉄の量産化に成功した大和朝廷は、古墳時代から平安時代初頭にかけて、全国統一にまい進しだす。最後まで抵抗したのは僻地である東国だった。馬の飼育や鉄生産を敵である大和朝廷から学び、八、九世紀あたりになると、けっこう奮闘して、ちょっとした独立王国を東北地方に造るまでになる。
 古墳時代から平安初期の、一般兵士がつかっていた直刀というのは、蕨手刀(わらびてとう)だ。騎馬民族化した東北の民も、初めは同じものをつかっていたのだが、直刀だとよく折れた。そこで自然と、弓形に彎曲したフォルムに形状が移行していったというわけだ。彎曲した蕨手刀は、だんだん長くなって太刀となり、日本刀になった。……ここの記述は、国立歴史民俗博物館・紀要の論文にあったものをかいつまんだものだ。
 平安時代と重なる中国宋朝には輸出までされるようになる。明代では倭刀と呼ばれ、このスタイルの刀が制式軍刀にまでなる。かなり後である近世ヨーロッパのハンガリー騎兵が採用するサーベルなんかは、案外と、中国経由で彼の地に伝播した、日本刀のフォルムだったのかもしれない。
 その後、中世末に鉄砲が伝来し、その威力をもって再統一された日本の近世・江戸時代になると、武士たちは鉄砲もつかわず馬にも乗らなくなってくる。ステータスとして刀は腰にさしているため、果し合いや辻斬りに備えた護身用として刀を使うようになる。太刀は廃れて、それまで中刀と呼ばれていたものを大刀とし、小刀・脇差と一緒に携帯するようになる。
 侍たちが馬から降りると、直刀に近いほうが、彎曲フォルムの刀よりも、素早く相手を斬り倒すことに気が付いた。……そういうわけで近世・江戸時代の刀は先祖返りをして、まっすぐに近いフォルムとなってゆくのだ。
     END
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。