伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 随筆/日本の鬼について
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

随筆/日本の鬼について



 荒俣宏『本朝幻想文学縁起』だったか、日本の鬼は、中国的な幽霊というイメージよりは、より生物的だという指摘があったような気がする。
 私なりに整理してみると日本の鬼は、幽霊・妖精・巨人の3タイプのイメージに分類できるのではなかろうか。
 第1の幽霊は、ふつうの幽霊だ。これは日本でというよりは中国でという感覚になる。よく「鬼籍に入る」というときの鬼のことで、香港映画『女鬼』(チャイーニーズ・ゴースト・ストーリー)のイメージだ。特に悪霊というほどのことはなく、人間の若者と恋に陥って『ロミオとジュリエット』ばりに現世と異界の障壁に悩んだりもする。
 第2の妖精は、滅ぼされた氏族で、「百鬼夜行」的な大群をなす鬼だ。古墳時代・吉備津彦将軍が、地方政権・吉備ノ国(岡山県)へ遠征し彼の地の氏族・原住民を大虐殺して取り潰す。虐殺された民衆の霊が悪霊軍団と化した。こういう群れをなしたタイプの鬼が、冒頭の荒俣氏が述べるところの、生物的にみえる存在というわけだ。吉備津彦は桃太郎さんのモデルとなる。
 この手の少数民族虐殺は古代世界ではどこでもあった。ユダヤ教的にいえば「悪魔の民」である。神の民「選民」は皆殺してもよいというセオリーがまかり通っていた時代のできごとだ。吉備ノ国がある中国地方は鉄の産地であり、タタラ製鉄をやっている鍛冶職人が、トンカン鎚をふるっているとき火花が飛び散ったのが目に入り、片目を潰してしまい、一つ目鬼となる、という説もある。
 邪妖精の国が鬼が島だ。
 なんとなく欧州でいうところのケルト神話に近い。ケルト族が原始の欧州になだれ込んで敵対氏族と交戦して皆殺しにする。そういう氏族は、妖精の国にゆきました、という扱いになる。ケルト族に友好的な妖精はエルフ(シルフィー)、敵対しているのはオークル(オーガ)、コーボルト(ゴブリン)だ。
 第3の巨人は、歴史的なヒーロー、ものすごい神通力をもった存在の怨霊・邪神・祟り神あるいは、朝廷が懐柔して取り込んだ原住民たちのあがめていた神様だ。
 前者は、天神様こと菅原道真のように位人臣を極めながら政敵の陰謀で九州に左遷され、失意のうちに亡くなり、自分を貶めた連中を祟り殺し回る雷神だ。あるいは、関東に独立国を建国すべく叛乱を起こした平将門が、朝廷側傭兵軍団の奇襲を受けて戦死し、祟り神となる。こういう強力な邪神は、そののち、高僧の調伏を受けて天満宮や将門神社に祭られて守護神となるわけだが。
 反逆の英雄・将門公は、中近世において被差別民たちに崇拝された。このあたりは、ギリシャ神話でいうところの、巨人族(ティターンあるいはタイターン)出自のプロメテウスが、弱い人間を豊かにしてやりたくて、神々の専売特許だった火の使い方を人間に教えて粛清されたという内容のために、古代ギリシャ・ローマの奴隷たちから崇拝を受けるのに類似している。
 後者は、常陸ノ国(茨城県)『常陸風土記』にいうダイダラボッチや、陸奥・出羽ノ国(東北地方)の伝承にあるアラハバキで、特に人民に悪事を働くこともなく、人間とは関係なく大量に貝を食べたり、森の動物たちを管理したりしている東国の神様たちだ。とてもマイペースな自然神なので、土地の人間は怒らせないようにお祈りをしながら顔色をうかがって、生きのるに必要な分だけ狩猟・漁労をし、ささやかにおこぼれを頂戴するのだ。
 東国の神々は邪神扱いはされず、出羽三山の神々を挙げるように、朝廷から一位・二位といった、けっこうな位階をもらって優遇されている。古墳時代に大陸から日本に輸入された馬は、奈良・平安時代になると牧場に適した東国で飼育され、原住民は騎馬民族化する。朝廷側は、東国の民を無意味に怒らせず、懐柔して服属化させる政略の一環で、自分たちの神話体系に土着の神々を取り込んだ。英国に上陸した海賊系のノルマン朝が、先住民アングロサクソンを仲間に取り込むときのサクセスに少し類似している。上手い!
   END

     ノート2014.04.18

スポンサーサイト

theme : ファンタジー小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line