伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 掌編小説/南の島の恋太郎
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

掌編小説/南の島の恋太郎


 どういうわけだかそこには、水族館があった。
 地元の漁師の皆さんが、学芸員と仲良しで、いろいろと届けてくれるのだそうだ。ジャグジャグイカとか、コンチキクラゲとか、ズバッチョダイとか、ききなれぬ魚介類が、大型水槽に入れられている。
 縞シャツを着た流し髪の青年が、女性学芸員にきいた。
「あのお、ジュゴンとかシャチとかはいないのですか? イルカショーとかはやらないのですか?」
「水槽があまり大きくないのでそれはできません」
 南洋庁の役人・
田村恋太郎たむら・れんたろうが馬鹿げた質問をした。
 横にいた、ノッポな同僚は、
「恋太郎には妄想癖があります。でも、人畜無害です。その点は保障しますよ」
 といってフォローした。 
ジェシカさんは、亜麻色の髪をポニーテルにした女性で、よく笑窪をつくていた。
     ☆
 南洋庁と水族館の間には、ベランダのついた白い小さな木造の食堂があり、流し髪の青年と同僚のノッポな青年の二人連れは、ランチタイムになると、そこでよく、カレーライスを食べていた。
ノッポな同僚は、
川上愛矢かわかみ・よしやという。長髪を後ろに束ねて現地の人みたいだ。半ズボンとスニーカーといういでたちだ。
 ベランダ・パラソル席だ。
 青い海がみえる、
椰子の木がさやさや揺れている。
 恋太郎はホケーっと水平線を眺めていた。
 そこを蒸気をあげた駆逐艦隊が縦一列になって航行しているのがみえた。
「恋太郎、海が青いな」
「珊瑚礁だからね」
「珊瑚礁じゃないと青くならないのか?」
「いやそんなことはない。珊瑚礁だと『ステキ』な青になるんだ」
「珊瑚礁がないと『ステキ』にはならないのか?」
「判らん」
「判らんのにいったのか?」
「判らないから『ステキ』なんだ」
 二人はわけの判らぬ禅問答を延々と繰り返していた。喧嘩しているのではない。そういう習性らしい。
 珊瑚礁の島にあるポポラッチ港の波止場から、ネプチューン号という六百トンの小型貨客船がみえる。乗員乗員四十七名、乗客十名。クレーンがひっきりなく動いて、波止場から木製コンテナを積んでいるのが印象深かった。二人の若者はあの船で内地からやってきた。
 長い髪を後ろで束ねたノッポな青年がいった。
「恋太郎、空が青いなあ」
「うん、青いなあ」
「たぶん海の青を反射しているんだろう」
「反射しないと青い空にはならないのか? 逆に宇宙の色が青で、海こそ逆に青を反射しているのではないのか?」
 二人はまだ続きをやっていた。
 汽笛が鳴った。
 タラップを上がってゆく乗客たちがみえる。
 そのなかに、亜麻色の髪をした若い娘さんの姿があった。
 流し髪の青年は、桟橋をかけてゆき、その人を呼んだ。
「別れるのが辛くって、見送るのはやめようかって思ったのですが、やっぱり来ちゃいました」
 亜麻色の髪の美女は、トランクを抱きかかえて、タラップを駆け降り、桟橋に降り立った。
 甲板の上にいた船長が、
「もう出航の時間ですよ」
 というのだが、もう手遅れのようだ。
 二人は抱き合ってキスをしていた。引き離すのは不可能だ。
     ☆
 ちょーぷ。
「戻ってこーい。恋太郎。おーい!」
 ヤシの木がさやさや揺れている。
 波の音がする。
 流し髪の青年は水の入ったコップを手にしたまま魂魄を宙に飛ばしていた。
    END

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line