伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 掌編小説/シーサイドカフェ・春 (四季編完結)
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

掌編小説/シーサイドカフェ・春 (四季編完結)

 季節は巡って、春が訪れた。
潤んだ瞳をした流し髪の青年・田村恋太郎と、長い髪を背中まで伸ばし途中で束ねた
川上愛矢かわかみ・よしや、二人の高校生は、自転車に乗って、「シーサイドカフェ」を訪れた。
 路面電車の停車場から海にむかって数百メートルのところにある、取り壊し寸前みたいなくすんだ二階建てビルで、外付け階段からアールデコのパブに入ってゆく。
 若いマダム・夏夜が厨房からでてきた。
「お久しぶりね、恋太郎君、愛矢君。そこの窓枠が見晴しいいわ。はい、これメニュー」
 すっかり名前まで憶えられてしまった。
 二人は勧められた窓際の席に座った。
 大きな窓からは砂浜がみえる。
 恋太郎はスケッチブックを開いた。
 夏夜が注文をとりにきたとき、愛矢がいった。
「あれ、マスターは?」
「あそこ――」
 若いマダムが指さした先に、ウェットスーツ姿をした逆三角形の男が、サーフボードを小脇に抱えて歩いていた。
「今日は波が割れていない。沖から風が吹いている」
「沖から吹くといい波なんですか?」
「そうよ。海岸沿いに吹く波が一番よくないの。やたらに白っぽくて砕けたように泡立った波。あれが駄目。堤防をみて、サーフボードを積んだ車がどんどん、海岸駐車場に集まってきたでしょ」
波は海岸に押し寄せる潮が、浅瀬の凹凸にぶつかって、跳ね上がるものだ。波が立ち上がる地点は波間から数十メートルといったところだろうか。
 サーファーたちは群れをなし、人気のない海岸に、いつの間にか五十人くらいが飛び込んでいった。皆、長板に腹ばいとなり、両手で掻いて、沖合に漕ぎだした。
「まさか、サーファーって、いい波を追いかけて、海岸から海岸を車で渡り歩いている?」
 愛矢が驚いた顔をした。
 すると、若いマダムが、「もちろん」といって笑った。それから彼女は、「ご注文は?」と、愛矢をむいてつけ加えた。
「ミルクティーを――」
「恋太郎君は?」
 恋太郎は、スケッチブックに思いつくままに絵を描き、至福の世界に浸っている。
 愛矢は苦笑した。
「面倒だから、一緒でいいです」
 伝票にボールペンで書きこむ若いマダムの指先は長く優雅にみえた。
 ジーンズにエプロン姿、それにソバージュの髪だったのだが、恋太郎には、だんだんと、金髪碧眼の若い貴婦人にみえてきた。その人が笑みを浮かべて語りかけてきた。
     ☆
 なだらかな丘陵に、大きな牧場があって、牛や羊が往来している。
 オークの森があり、そこに、ぽつりと、荘園屋敷・マナーハウスがたたずんでいる。
 部屋はヴィクトリア様式だ。赤じゅたんに暖炉、テーブルの上には、銀ポットとティーカップ二つが置かれている。
 マダムが、銀ポットから紅茶を注いだ。
.
  “One, for you.”
  “One, for me.”
  “And one, for the pot.”
.
  一杯はあなたのために。
  一杯は私のために。
  そしてもう一杯はポットのために。
.
なつかし特集・紅茶メーカーのキャッチコピーみたいだ。
 するとだ。
 恋太郎は横から頭を何度も叩かれているのに気づく。
「恋太郎、おい、恋太郎、戻ってこーい!」
 恋太郎が正気に戻ると、いつも店内に流れているロックではなくて、フォークギターが演奏されていた。
 楽器を抱えていたのは、灰色のジャケットにシャツ姿の痩せた老紳士だった。どこかでみたことがある。
 恋太郎と愛矢が不思議そうにみていると、マダムが微笑んだ。
「紹介するわ、常連さんの教授よ。近くで遺跡調査をなさっているんだて。ポモリ教授ってみんなが呼んでいるわ」
「ああ、やっぱり――」
 愛矢が両手を打った。
 教授は城山大学で教鞭をとっている人だったのだ。恋太郎たちは大学付属高校だったので、直接講義を受けるということはないのだが、校内で何度かすれ違うことがあったのだ。
 ポモリ教授と呼ばれた考古学者の紳士は微笑んで、
「どうだい、うたってみないかい?」
 と恋太郎たちに提案した。
 教授はくわえ煙草をしていた。霜を混じえた頭はナチュラルヘア。細面、口髭。いつもスーツを着こなして、蓋のない懐中時計をズボンのポケットにしのばせていた。そしていつも煙草をくわえている。
 ポモリ教授はむかしの音楽家、ポール・モーリアそっくりだ。恐らくは、その名を縮めて教授の仇名にしたのだろう。
 レコードのアルバムが終わったので、マダムが針をはずした。教授が奏でだす。
「『ドナドナ』はね、楽しげに唱ってバランスをとるんだ。音楽というのはそういうふうにやるんだよ」
 ──なるほど。
.
  ドナドナドナ
  仔牛を載せて、  
  ドナドナドナ
  荷馬車が揺れる
.
 ポモリ教授と過ごす時間はとても愉快だった。教授は恋太郎たちにいったものだった。「恋太郎君はもう大人になる。もう少ししたら愛する人とアパートの軒先に洗濯物を並べてもいいんだよ」
「困りました。相手がいません」
「残念だねえ」
「はい、残念です」
「恋人ができるといいねえ」
「はい、できたら嬉しいです」
 二人のやりとりをきいていた、カウンターのむこうの若いマダムと、一緒にいる愛矢が、目を合わせると一緒に噴きだした。
 教授はマンドリンをケースにしまいながら、珈琲とナポリタンを三人分注文し、恋太郎と愛矢にご馳走してくれた。
 ――春は獅子のように現れて、羊のように去ってゆく。
 花を満開にした桜木の枝が揺れていた。
 羊のように去りゆく、ゆるい季節の夕暮れ。
 やがて恩師となる教授との出会いが、そんな風景のなかであったのを、恋太郎と愛矢は記憶している。

    END



散歩道2-2
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line