伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 電網都市 『夜桜』/シオサイ通り005
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

電網都市 『夜桜』/シオサイ通り005



   

 「『まち』の語源ってご存知ですか?」
 そうたずねたのは路面電車に乗るとどういうわけだかいつも長椅子の隣に座っている紐ネクタイのシャツ姿で灰色のスーツを羽織った人物は口髭の痩せた老紳士で、音楽家のポール・モーリアに酷似しているから、学生たちが略してポモリ教授と名付けたのだそうだ。
「なにも考えずに使っていました。なんでそういうのでしょうね」僕は答えた。
「こんな説があります。大河を下ってゆくと、どうしても舟では越えられない難所がありました。古代の旅人は、そこで降りて、難所を通り越した船着き場で新たな舟に乗り換えて、また、旅を続けたのです」
「難所の横にできたのが町なんですね」
「はい」
 教授は煙草のパイプを口にくわた。
 僕と教授の間には灰色の猫がいて、眠っていた。寝ているくせに、ときどき、きき耳をたてるように、ちょっとだけ、動かす。
 学生服を着た僕が教授にきいた。
「教授、それで、どうして『まち』と呼ばれるようになったんです?」
 老紳士がドーナッツみたいな煙を吐いた。
「素敵な人が待っているかもしれないじゃないですか。だから『まち』です」
「えっ?」
 僕はあっけにとられた。
 ガス灯がつけられた。車窓からは、流れゆく不夜城の街並みが風に乗って流れてゆくのがみえる。
     ☆
 電網都市「夢都(ムート)」。昭和初期をイメージしたノスタルジックな景観で統一されたバーチャル都市だ。人口五百万。登録者会員たる住人は、ここに棲家を構えて、現実の人生とはまた別の生き方を楽しんでいる。
 住民は分身(アバター)を操って、スマートフォン、タブレット、パソコンといった媒体画面(モニーター)に映し、それを操って街を歩いたり、会話したりすることができるのだ。
 僕、恋太郎がここの住人になってからまだ日は浅い。
 起動したパソコン・モニターに表示された会員登録画面をクリックする。すると、路面電車の停車場が現れて、人の群れの中に立つと、足元に、灰色の猫が現れた。
「やあ、坊ちゃん、待ってたぜ。俺は案内役のアンジェロだ」
 アンジェロと名乗った猫は、灰色で耳が大きく尻尾が太い猫だ。停車場の床に腰かけこちらを見上げている。
「坊ちゃんの名前は?」
 登録画面に、僕は、「田村恋太郎」と打ち込んだ。
「ふりがなは?」
「たむら・れんたろう」
「恋太郎坊ちゃん。よろしくな。じゃ、ゆこうか」
 路面電車がやってきた。
 先に乗った人々に続いて、尻尾を立てた猫が乗る。車掌の女の子が呼子を鳴らして発車を告げたので慌てて乗った。
 黒い瓦屋根の平屋または二階建ての和風建物が多い。大半はそんな感じだが、たまに、蔵や洋館なんかもあった。軌道は、運河に面した大きな通りの真ん中に敷設してあった。
 町は世界のど真ん中にある満月湖の畔にある。
     ☆
 ポモリ教授との間に伏せて寝ていた灰色猫のアンジェロが、起き上がって、僕にきいた。
「恋太郎坊ちゃん、この町には夢都(ムート)学院っていうのがある。サイバー学園つまり、インターネット通信制の高校・大学・大学院の一貫校でね、希望者を募って、講義がおこなわれている。テストに合格すれば、現実と同じように各学校の卒業資格を取得することまでできる。ただし受講は有料だけどな。やってみるかい?」
「夢都(ムート)学院? 東京の服飾学校みたいな名前だなあ。月謝は?」
「五千円だ。支払いは電網通貨(ウェブマネー)になる。」
「ちょっときついな」
「まあ、毎夜、酒を飲んで酔っ払うのも人生。学び屋に通うのもまた人生。無理強いはしないがね」
 路面電車が停車場に停まる。
 艶やかなピンクの着物に袴、ブーツを履いた女学生が、友達とじゃれあって、乗ってきた。僕の前に立つ。
 華やいだ風が吹いたような気がした。
 ポモリ教授が女学生に席を譲る。
 僕もつられて席を譲った。
「え、いいんですか?」
「レディー・ファーストだよ」
 教授が笑う。
 乙女たちが、「可愛い」といって、案内猫を抱き揚げようとした。
 猫は、ニャン、という代わりにこう答えた。
「お嬢さんがた。悪いね、抱っこが苦手なんだ」
 尻尾を立てたアンジェロが僕の肩に跳び乗った。
 湖にぽかりと浮かんだ、絶壁の小島があり、煉瓦橋が島まで続いている。橋脚がアーチを描いている。学校はゴッシック風な修道院のような巨大建物だ。
「あれが学校だ」
「なんだか、『ハリー・ポッター』のボグワーツみたいだな」
「そんな酷い。制作・運営スタッフがパクったとでもいうのかね、恋太郎坊ちゃん?」
「ご、ごめん」
「坊ちゃん、ボグワーツをパクったというのは公然の秘密だ。それをいったら野暮ってもんだ」
「野暮……」
 長椅子に腰掛けた乙女たちが、僕や教授、それから不思議な猫・アンジェロを上目づかいにみて、くすくす、笑った。
 踏み切りを車両が渡ろうとしたとき、やんちゃんな小学生が、バーをくぐって横切った。車両はキューブレーキをかける。車内の乗客たちが転びそうになる。
 長椅子に座り切れずに、僕の横に立っていた、紅の大きなリボンの女学生が僕の腕に倒れ込み、抱きつく格好になった。
「ごめんなさい」女の子は真っ赤になって一礼した。
「お気になさらずに」
 学校を卒業してからしばらく経つ僕だが、再度、高校からやりなおすのも藪坂じゃない。
 車窓から、桜の花びらが一枚舞い込んだ。
 案内猫は、「受理したよ」といってから、僕の不純な動機を察して、なにかいいたげに小首をかしげたが、言葉を続けなかった。
 教授はドーナッツのような煙を吐いている。
          ☆
 城山学園高等部・化学の授業が始まる直前の休憩時間。
 毎度小劇をやっていたのは、僕・田村恋太郎(たむら れんたろう)、のっぽな悪友・川上愛矢(かわかみ よしや)、そして黒縁眼鏡の委員長の三人だ。
 観客は女子が多かった。そのなかに、いつの間にきていたのだろう、憧れの塩野麻胡(しおの まあこ)先生もいた。
 白衣に長い髪を垂らし、長机に頬杖をついている。切れ長の目で微笑んでいるその人は、『指輪物語』にでてくるエルフを思わせるような完璧な容姿をもっていた。
「電網都市っていうあたりが、サブカルチャー風でどうかなあって感じだったけれど、ちょっと映画『ブレードランナー』みたいなムードもあって、青春ものにうまくまとめたところがいいと思うわ」
 素敵なコメント♡
 キャスティングは、青年役が田村恋太郎、猫のアンジェロと女学生役が川上愛矢、ポモリ教授が委員長である。

     END

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

町の語源は、素敵な人が待ち?

面白いですね。

jizou様

いえいえ、私が物語のなかでこじつけた語呂合わせでして^^
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line