伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 マルガリータの口づけ/シオサイ通り002
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

マルガリータの口づけ/シオサイ通り002

 風俗営業法が施行される前だ。
 東京に住んでいる同期というのは、大なり小なり成金の子息令嬢で、豪邸とはいわずとも瀟洒な家に住んでいた。週末の夜ともなれば派手な外車に乗って麻布の踊り場・マハラジャに繰り出す奴なんかもいたものだ。
 中産階層出の学生は、誰しもバイトをしたものだ。とはいっても、学費や生活費というよりはエンゲル係数を抑えるためなのだが。 
 田舎からでてきた僕・
田村恋太郎たむら れんたろうの実家は、旧家だと周囲はいうのだが富豪というほどのことはない。
 学校が終わると、小田急線の電車に飛び乗り、新宿から地下鉄・大江戸線に乗り換えて、黄金の象で飾ったディスコに近いところにあるビルに収まったバーに出勤したものだ。
 夜になると顧客の御曹司たちに、酒を注いでだしてやる。
 開店前、僕はマスターと一緒に、カウンターの内側で、せせとグラスを磨いた。
 カウンターと入口の間には、白いグランドピアノが置いてあって、週末になると赤いドレスのピアニストが弾きにきたものだ。夕方になると、彼女が鍵盤に指をなじませていた。
 その人が得意としていたのは、クラッシクをシャンソン・アレンジした曲だった。
「恋太郎君、リクエストしてくれていいわよ」
「それじゃあ、ショパンなんか」
「ショパンのなに?」
「えっと……」
 田舎者の僕が知っている曲なんかたかが知れている。でまかせにいったのだ。シャンソンだって詳しいわけじゃない。
 そのあたり、さすがにピアニストだ。こういう野暮な素人にも優しい。彼女は長い髪をしていた。肩をだした赤いドレスを自然に着こなしている。
「ノックターンなんかが有名だわ」
 くすくす笑うと、しなやかなにのびた指が優美に動かし始めた。いったい、彼女にはいくつのレパートリーがあるのだろう。ちゃんとシャンソンにアレンジされている。
 マハラジャ帰りの御曹司たちが、ナンパした娘たちを連れてきた。
 ――マルガリータ!
 当時、原田知世主演の角川映画『赤いドレスの女』というのが上映されていて、派手なCMで、インパクトの強いこのシーンを繰り返しやっていたのだ。映画に影響されて、カクテルの注文のとき、「一度やってみたかったのよ」という娘がけっこういたものだ。
 閉店してから、ピアニストがカウンター越しの僕の前に座った。
「ありがとね。マスターにも話したんだけれど、私そろそろバイト辞めて就職の準備をするんだ」
 なんてこった!
 彼女の曲はけっこう好きだった。というか、この人にもう会えなくなるかと思うと、やたらに寂しかった。僕はマスターにお願いして、バイト代から差し引いてもらい、ピアニストに一杯、カクテルを奢ってやった。
「プレゼント?」
「さっきの、弾いてくれたお礼、それと就職の前祝いです」
「生意気よ」
 彼女は手を伸ばして僕の顔を手繰り寄せた。軽くつねるか、叩く真似でもするかと思いきや、なんとキスしてくれたのだ。しかも頬っぺたじゃなくて唇に……。
「思わぬ反撃だな。じゃあ、俺からも恋太郎君に、女の子からキスしてもらった記念ってやつを贈ることにするよ」
 そういって、そろいのカクテルをつくってくれた。
 ピアニストは音大生で、地方の高校の音楽教師になるのだといっていた。生徒が羨ましい。
 最初で最後のキス。二人の短い恋物語が終わった。
     ☆
 ――ああ、また、恋太郎の「妄想劇」につきあわされてしまった。
 田舎の中高一貫校だ。高等部の教室は新校舎三階にある。
 親友の
川上愛矢かわかみ よしやは、辛辣なこともいうのだが、基本、つきあいがいい。休憩時間・僕の余興劇の相手役で、ピアニスト役をやってくれた。背が高いもんだから、髪を長くするとモデルみたいにみえる。
 マスター役をやった黒縁眼鏡の委員長も、腕組みしてうなずいていた。
 迫真の演技は、クラスの女子たちに、大ウケだった。
 しかし僕たちって、なぜモテぬのだろう。
     END

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

ショパンの曲では、幻想即興曲が一番好きですが、リクエス

トにシューベルトとか、ラフマニノフとかすると大抵の人は弾け

ませんよね。やはり女性は、ショパンかモーツアルトですね。

jizou様

ハードでカッコいいタイプが好きという人もいる一方で、お洒落な癒し系が好きだという意見が多数のようですね。ドン・ファンのタイプがどういうイメージかというアンケートが19世紀あたりにとられていて、後者のイメージが女性の多数を占めていたとのことです。

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line