伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 掌編小説/中世物語 『お貴族様ごっこ』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

掌編小説/中世物語 『お貴族様ごっこ』



 十五世紀末、ドイツ――
 「これはこれは帝国騎士・ボルハイム卿ではありませぬか! わが家の馬上槍試合(トーナメント)に出場していただけませぬか?」
 禿げて、でっぷり、とした男だ。
 とある城市(まち)に坊ちゃんと俺がやってきて、宿屋に泊っていた。すると、どこでききつけたのか、地元の騎士を名乗る男がやってきて、そんな話しをもちかけた。
「ちょうど暇だから、かまわないけど……」
(おいおい、坊ちゃん、なんだか胡散臭い奴だぞ) 
 二階建ての宿屋の一階は決まって居酒屋になっている。ワインをひっかけていた坊ちゃんにそいつが声をかけてきたのだ。
     ☆
 翌日。教会のミサが終わった午後、親爺の案内で、郊外の荘園にでかけてみる。
 荘園屋敷、貴族が独占権をもった狩猟森と小川、貴族に雇われた小作農の民家もなるほどにある。言葉づかいも貴族風にもってまわった言い回しだ。それにつけても親爺は優雅さに欠ける。
 屋敷前の広場には、親爺の友人・知人が集まって、馬上槍試合(トーナメント)を観戦しようとしていた。
 試合出場者は、ぎんぎらに、飾り立てた馬に乗り、どこの古道具屋で買ったのだか、時代遅れの甲冑を身に着けていた。
 観戦している貴婦人というのは、これまた厚化粧で、やたらに着飾っているのだが、どうにもバランスというものを欠いた格好だ。
「あら、あれをゆくはボルハイム卿。噂通りのイケメン君よね。珍しい猫ちゃんを連れてる。可愛い~。抱っこさせて~」
「悪いね。抱っこは苦手なんだ」
 ご婦人方が両手を拡げて群がってくるので、俺は、試合会場の広場にあった一本立ちのオークの木に駆けのぼり避難した。
 幼い時から大公陛下の御学友として騎士の修行を叩きこまれた坊ちゃんだ。試合にでれば、坊ちゃんがあっさり優勝するのは、目に見えて明らかなことだった。
 ――優勝者はボルハイム卿!
 主催者の騎士が、高らかに宣言する。
「そして懸賞はア・タ・シ♫」
 領主の娘だ。下顎が突き出していて、魚みたいな顔だ。深い皺のために、厚化粧が地割れしている。来客同様に、刺繍の被り物・指輪・ネックレスで派手に着飾っているのだが、どうにも下品だ。娘はどうみても行かず後家といった感が拭えない。
 やっぱり、この親爺、胡散臭い。
「いやあ、オーストリアの名門、ボルハイム卿と親戚になれるとはなんて儂は果報者なんだ。わははわはは」
 馬上の坊ちゃんが、古木のてっぺんに隠れて様子をうかがっていた俺に声をかけた。
「アンジェロ、撤退だ!」
(賛成だね)
 俺は木から飛び降りて、坊ちゃんが乗っている馬の鞍に飛び乗った。
「あっ、婿殿が逃げる」
 父娘(おやこ)がわめき散らす。
 かまうもんか。逃げるが勝ちだ。
 砂煙を巻き上げて、馬は駆けていった。
     ☆
 歩いて一日ほど離れた隣町にゆき、そこの食堂で坊ちゃんは遅い昼食をとった。
 奥のテーブルで職人たちがビールを飲んで息巻いていた。
「親方め、ちょっと羽振りがいいからって、お貴族様の真似事かよ。いい気なもんだよな。郊外に土地を買って屋敷を建て、小作人を雇い、荘園ときたもんだ。いかず後家のドブス娘の婿は絶対名門貴族にするって息巻いていやがった。今日は馬上槍試合(トーナメント)だとよ。あのバカの下で働くなんざアホらしい。ほかの町にいく。なあ、みんな?」
「そうだ、そうだ!」
 坊ちゃんは、ワインを飲むのをやめ、隣の椅子で毛づくろいをしている俺の顔をみやった。
 十五世紀現在、どこの都市でもそうだが、貧富の格差が拡大していた。豪商は郊外に土地を買って荘園と称し、貴族言葉をつかっていた。富裕な職人の親方衆もそうだ。中流以下の商人・職工といった一般市民たちから反感をかっていた。そういう時代の珍事だった。
 同情する。いやあ、色男は辛いよな、坊ちゃん。
END

  引用参考文献
   阿部謹也 著 『中世を旅する人々』 平凡社 1978年
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

行かず後家を押しつけるべき策略とは、面白いですね。

相当有名な女性だったんですね。おそらく。

jizou様

ケルンの武術大会の模様を何回掌編でかいたことがあり
今回はそれを少し手直しして
富裕層が貴族かぶれしていきトーナメントまでやっていたという
史実に重ねてみました
ご高覧に感謝いたします
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。