伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 掌編小説/中世物語 『水車小屋の親爺』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

掌編小説/中世物語 『水車小屋の親爺』


 ――祟りじゃあ。水車小屋の祟りじゃ~。
 ドイツの片田舎、荘園屋敷の周りには荘園集落がある。さらにそこから離れたところに石造りの水車小屋があった。御領主様がつくったものだ。
 パンを焼く都合で農奴やら自由農民は麦穂をもってそこにやってくる。順番待ちだ。
 ある年、親爺のゲッツが十三番めの客を迎えたとき、粉ひき臼から馬糞がでてきたのだそうだ。
「悪魔だ。水車小屋には悪魔が棲んでおる」荘園の衆は噂しあった。
 翌年、旅の若い職人エルンストがやってきた。
「なるほど、そんなことが。私がなんとかしてきましょう」
 エルンストが水車小屋の親爺と一緒に十三番目の粉をひくときに立ち会う。
 
悪童わるがきの丁稚が粉袋に孔をあけ、のぞいていた。
 職人が問うた。
「石臼をひいているのは誰だ?」
「ひくのは儂だ~」
 悪魔のようだ。
「小屋のなかにあるものはすべてやろう。だがなかには誰もいない。人の魂はやれぬぞ」
 すると、悪魔が姿を現し、丁稚が潜んでいる粉袋を小脇に抱え、勝ち誇ったように水車小屋からでていった。
 職人は丁稚が粉袋に隠れていることを悟り。しまった、という顔で悪魔を追いかけ、やはり小屋をでてゆく。
 親爺が職人と丁稚を探したのだがみつけようもない。
 荘園屋敷の姫様ジークルーンは推理した。
「話はすべてでっち上げ。親方が粉を着服するために仕組んだ狂言です。職人ははじめからいない。丁稚は年季が明けて故郷に帰っただけ」
 屈強な徒士二人を派遣して、親爺を締め上げる。姫様のいうとおりだった。
 親爺がはじめから小麦粉をくすねるために、そのようなデマを流し、着服していたのだ。
 裁判が言い渡された。 
 糞溜めの刑!
    ☆
 水車小屋は領主の直接支配下に置かれていた。親爺はよく粉を誤魔化した。水車小屋の親爺は半分農民で水車小屋職人を兼ねていたのだが、いつのまにやら賤民化してゆく。集落から離れていたため売春宿としても使われていたらしい。


 引用・参考文献
  阿部謹也 『中世を旅する人びと』 平凡社 1978年

スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

肥たんごに入るくらいなら、どんなことでもやると自分では思い

ます。

小麦の護摩かしぐらいで、よくこんなリスクを犯すもんだ。

jizou様

> 肥たんごに入るくらいなら、どんなことでもやると自分では思います。小麦の護摩かしぐらいで、よくこんなリスクを犯すもんだ。


それでも減らない悪事
人間はなかなかに罪深い

とくに飢饉のときはやらかすみたいです
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line