伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 掌編小説/中世物語  『風呂屋の親爺』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

掌編小説/中世物語  『風呂屋の親爺』


 中世ドイツのとある田舎町である。
 風呂屋は城市から少し離れた川縁にあった。町の人は朝になると、どっと、そこに押し寄せる。
 風呂屋の親爺・アーベルは、夜が明ける前に湯を沸して町の人を出迎える。
 風呂にゆく途中の麦畑の道で子供が泣いていた。
「やだやだ~、僕、お風呂嫌いだ~」
「汚い子は魔女にさらわれるよ」
「……」
 魔女にさらわれると言われれば泣くも黙る。母親にくっついて風呂屋にゆくのだった。
 次から次へと町の人が風呂屋にやってくる。
 なかは桶が並び、二人づつ入ることができる。混浴だ。
 若い娘と爺様がむかいあって湯につかることもある。娘たちは恥ずかしがるということはない。あたりまえのことなのだ。
「仕立て屋のお爺ちゃん、うっ血の具合、どうなった?」
「風呂に入りゃ調子よくなるんじゃ」
「ほーんと?」
「まあな。かっかっかっ」
 大都会では知識人・文化人という輩が、混浴習慣が卑猥だといって槍玉にあげることもあるのだが、そのくせ、地方都市にでかけては、のぞきにくるのだ。
「あのよお、学生さん、変な目でジロジロみてんなよ。町の衆があんたをキモイっていっているぜ」
「混浴は公序良俗に反する。卑猥だ。いずれ取締の対象になるであろうことはいうまでもない」
「なに面倒くせえこといってんだ。でてけ、このタコ、町の衆は、ナチュラリストなんだ。インテリが一番下品で興ざめなんだよ」
 うがった学生は外に叩きだされた。
 風呂桶につかって、町の人々はくつろぎ、お喋りを始めた。娯楽場であり、もっとも重要な社交の場でもあった。
 風呂場からあがったところには、散髪屋がきて、髪を切るサービスを始めた。
 冷やかすように旅商人がいった。
「隣町の風呂屋じゃ、湯女を雇って、いいこともしてくれるぜ。あんたんところの風呂屋じゃ、湯女は雇わないんかい?」
「うちはカタギの風呂屋なんだ。そんなもんは雇わねえ」
「ぎゃっ、なにしやがる」
 湯船に熱い湯を入れた風呂屋の親爺アーベルは、ふっ、と何か耳を澄ませている。
 火事だ~。パン屋のところだ~。
「若ぇえ衆、行くぜ」
「合点でぇえ!」
 風呂屋の親爺は消防士でもあった。火消し道具一式を携え、若い三助の兄さんたちと一緒に市門をくぐり、パン屋のオババのところに急行。バケツの水をかぶった親爺は水をかぶり、中に閉じ込められた子供たちを助けて、またでてくる。
 若い衆、それに町の人々のバケツ・リレーで火が消し止められた。
 アーベル親爺はヒーローになった。
 十五世紀から十六世紀・ルネッサンス期から大航海時代にかけて、中世の森林が乱伐・羊の放牧によって禿げあがり、木材価値が急騰する。新大陸から性病・
梅毒ばいどくがもたらされ、人々は風呂にあまり入らなくなりだした。風呂屋の親方衆は、湯女を雇いだしたので風呂場はソープランド化してしまう。また風呂屋で雇った散髪屋が死刑囚の刑執行前に散髪・髭剃りをさせられることがあった。そういった事情から、ルネッサンスから近世にかけて、だんだん風呂屋の親爺は、賤民視されるようになってゆく。金持ちでも市参事に立候補することが許されなくなる。地位が回復するのは十八から十九世紀・近代になってからのことだ。
     ☆
 なおスイスでは、パン屋が一階の窯を利用して二階をサウナ風呂にするサービスをしていた。風呂の準備ができると、ぱお~、と角笛を鳴らし町の人を呼ぶのである。
「ゆくぞ、ハイジ。ペーターもくるか?」
「うん、いくいく♫」
 童男童女がベルを首につけた山羊と一緒に跳ね回る。
「おい、山羊どもは置いてゆけ」
「判ってるよ、もう」
 氷河の谷間の村で角笛をきいた元傭兵・アルムおんじは、子供二人を引き連れパン屋の風呂にむかうのだった。

 END

 引用・参考文献
  阿部謹也 『中世を旅する人びと』 平凡社 1978年
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

ローマ帝国には入浴の習慣がありましたが、ドイツの中近世に入浴の習慣があったのは知りませんでした。

何となく江戸の湯屋の雰囲気に似てますね。

jizou様

> ローマ帝国には入浴の習慣がありましたが、ドイツの中近世に入浴の習慣があったのは知りませんでした。
> 何となく江戸の湯屋の雰囲気に似てますね。
    おそらくはローマ帝国の名残と、水浴びの風習があわさって残っていたのでしょう
    ペスト・梅毒の流行ですたれたのが残念です
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line