伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 地誌(ハンガリー、イタリア、その他諸国)、創作ノート/ハプスブルク戦記
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

地誌(ハンガリー、イタリア、その他諸国)、創作ノート/ハプスブルク戦記


〈ハンガリー〉
 神聖ローマ帝国における先代ハプスブルク家嫡流ローマ王の所領があった。トルコ帝国がバルカン半島に侵攻してくる中、後を襲った支流のフリードリッヒ三世に対抗する気迫はなく、彼を見限って地元貴族は独自にリーダーを選んだ。二代目
マーチャーシュ英雄王はバルカン半島一帯を支配。そこでなぜか神聖ローマ帝国帝位を狙って、トルコと和睦し、オーストリアに攻めかかる。子がなく遺領は、東方の大国ヤゲロー朝から王を迎えた。後にここの王家と、マクシミリアンは和睦してスペイン同様に、孫たちと二重婚姻させた。結果、ここの王統が断絶したため、しばらく後にハプスブルク家に転がり込んできた。
 ●シュトゥールヴァイゼンブルク城市。先王マーチャーシュ英雄王の霊廟があった。王都前面にある要害で、マクシミリアンが珍しく軍事上の判断ミスをした。ハプスブルク家名物金欠病で傭兵賃金が払えず、苦し紛れに、略奪許可をだしてしまった。同市は、陥落直前に開城したのだが、ドイツ傭兵ランツクネヒトたちが、英雄王の墓を暴き、降伏した市民たちに襲い掛かって略奪・凌辱を盛大にやらかした。戦術では連勝したが遠征自体は失敗に終わった。騎士道の人であるマクシミリアン最大の汚点でトラウマとなる。

〈イタリア〉
 当時のイタリアは小国に分裂していた。北部にはフランス貴族出自の君主が統治するサボイ(サボワ)公国、フィレンツェ公国、ミラノ公国、ジェノバ共和国、独特の政治システムをもち地中海に大きな勢力があったヴェネチア共和国、中部には大封を有するローマ教皇領、南部にはナポリ王国があった。
●トスカーナはフィレンツェ公国とその周辺地域である。二稿において主人公としたガスパーレが経営する荘園もここにあるとした。
バーリはアドリア海に面したイタリア半島の突端に近いあたりにある港湾都市だ。サンタクロスこと聖ニコラウスの聖柩が教会に安置してある。聖柩からは聖水が湧きでるという奇跡が現在も続いている。

〈イギリス〉
 百年戦争後もこの国がフランスで保持しているのは港湾都市カレーのみである。ブルターニュ(ブルグント)公国北部フランドル地方にあるアルトス・ピカデリー両州がカレーを取り囲んでいるので、フランス王国軍を寄せ付けないのだ。一四九〇年時点ではフランスと対抗していた。同時に、ヨーク家・ランカスター家間に生じている薔薇戦争の最中であった。ヨーク家から王妹マーガレットが、三番目の公妃として猪突公シャルルに嫁いできた。手工業が盛んなブルゴーニュ公国へは大量の羊毛を輸出している。いいお得意さんだ。

〈スペイン〉
 カスチリアとアラゴンの両王国が婚姻関係を結び連合王国となった。南方にあるムーア人の国コルドバを陥落させイベリア半島からイスラム勢力を一掃した。ローマ王マクシミリアンのブリュージュ捕囚に際して、艦隊派遣を申し出たのが縁で後に、マクシミリアンの息子フィリップ及び娘のマルグリットは先方の王太子・王女と二重婚姻する。やがて、そのことで、スペインにおけるハプスブルク朝が創始される。

東ローマ帝国
 1453年に、この帝国の首都ビゼンチン(コンスタンチノプール)がトルコ帝国によって陥落させられ滅びたとき、全欧州が震撼した。このとき、臣下がその報告をしたところ、マクシミリアンの父親である神聖ローマ皇帝フリードリヒ三世は何事もなかったかのように庭いじりを続けた。これをもってこの人が暗愚だとしている。ただ、この人って、けっこう予知能力みたいなことを感じさせる逸話が何度か記事でみている。独自の諜報網もそれなりにあっただろう。ほかの関係者からすでに聞いてのかもしれない。
●ミラ城市。サンタクロスこと聖ニコラウスは、紀元前四世紀、小アジアとも呼ばれるローマ帝国リュキア属州ミラ城市の司教だった。数々の奇跡をお越してきたこの聖人は死後も奇跡を起こし、柩を聖水で満たした。トルコ侵入の際、南イタリア・バーリの漁民が櫃を奪ってゆく。

ヤゲロー朝
 十五世紀当時、東欧リトアニアやポーランドを中心にバルト海から黒海近くにまで達した超大国で合衆国を称した。マクシミリアンが欲したハンガリーはここの出自の王に一時転がり込む。
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

神聖ローマ帝国、ビザンチン帝国にはロマンを感じますね。

この時代のヨーロッパはオスマントルコに劣勢だと世界史で

習いました。

jizou様

同時代、ルーマニアのドラキュラことヴラド公が唯一まともに戦っていました
背後にいた、ハンガリー王が、悪口を掻きたてます
そののち、ハンガリーも、オーストリアもトルコに蹂躙されることになるのですが…
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。