伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 伯爵令嬢シナモン 『国際貨客船・長崎丸の怪』02
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

伯爵令嬢シナモン 『国際貨客船・長崎丸の怪』02



 太陽が昇った。オレンジ色の陽射しを浴びた国際貨客船・長崎丸は現在、黄海の沖合を航行している。上海には明日着く。
 姫様レディー・シナモンのいる一等室に、転がり込んだモガの装いをした女性は、森三千代という作家だった。華奢な体躯だ。なんというか、男を前にして弱さを演じ、ときには甘え、周囲に散弾をばらまきながら、あっちへよろめき、こっちへよろめきしている。そういうタイプに思えた。できるならば関わらぬ方がいい。
 姫様と森三千代が出会ったのは、船内喫茶室であるヴェランダだ。観葉植物が置かれ、殿方はリラックスして煙草をふかしている。満席に近くて、たまたま姫様のいるテーブルのところに、一席空いていた。そこで彼女と話し込んでいたのだ。森女史は詩人でもあり、フランス文学についても造詣がある。そこで彼女はアルチュール・ランボーとか、あのあたりの詩人の談義で盛り上がったようだ。  
 森女史は三人部屋である一等室にいる。話しが少し込み入ってきたので、姫様は自室に彼女を呼んだらしい。
「主人も詩人です。私たちは自由恋愛をして結婚しました。そのときの約束で、もし、どちらかに好きな人ができたら、離婚してもかまわない、って約束だった。子供が生まれてから、あいつったら、悪阻の女のところに居ついて、家に戻らない。一年もですよ。それで私は、義母様のところに子供を預けて、でちゃいましたの。転がり込んだ先は素敵な学生さんのところ」
 黄金の髪をした若い貴婦人、姫様は困った顔をして一度、戸口に立っているボクのほうをみやった。ボクは、ベルを鳴らし、やってきたルームサービスのボーイに、紅茶を二つ注文した。部屋では森女史がまだ泣き言をいっていた。
「……そしたら、あいつったら、子供を連れてきて、帰ってきてくれ、といって泣きを入れたんです。仕方がないから戻りましたとも。主人は、親戚の遺産がたんまり転がり込んだから、一緒にパリへゆこうといいました。ええ、判っていますとも、私の機嫌をとるためですわ。けれど、船に乗ってみて気づいたのです。彼は自宅にあったものを一切合財売り払って渡航費用をつくっただけ。しかも行く先は、パリじゃなくって、上海。私はあいつをなじってやりました」
 そこで、モガの女流作家は、ハンカチで鼻をちーんとやった。給仕が、紅茶と水を、リビングテーブルに置く。彼女はノリタケのカップに注がれた珈琲を飲み干し、次いでコップの水も一気に飲み干した。彼女はなおも話を続ける。
「不幸な事に、この船には私を追って、愛しい人が乗り込んでいる」
「愛しい人……学生さん?」
「ええ」
 とんだ愛憎劇。茶番だ。
「それで、学生さんは?」
「いなくなりました。乗船したばかりのとき、確かにいたのです。ところがです。それからずっと捜しているのですがみつからないのです」
「ご主人に消された?」二人の会話に口を挟まぬようにしていたボクだが、なんたる失態。内容が内容なので思わずそうしてしまった。
 そのときだ。部屋の外でボーイがノックして、メッセージを伝えにきた。
「こちらに森三千代さんがいらっしゃいますね。ご主人がヴェランダでお待ちです」
 彼女は憎悪を剥き出しにするようにして、「判ったわ」と答え、姫様とボクに会釈すると、部屋の外に出ていった。
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

ちょっとちょっと、早く続きを((o(^-^)o))わくわく

みゆきん様

これ10回分あるから、
前回のシリーズのほうが短くていいと思いますよ
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。