伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 月下美人と三色たては/自作画集 & 自作小説 『恋太郎白書』
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

月下美人と三色たては/自作画集 & 自作小説 『恋太郎白書』

挿絵(By みてみん) 
 『月下美人と三色たては』 水彩画 20130611



●恋太郎白書 『月下美人と三色たては』

 六月、家のヴェランダにある鉢植えの花が咲いたのでスケッチブックに描いてみた。胡蝶は標本で、戦前、さる好事家が千葉県にあるとある町の資料館に寄贈したものを、縁あって間近で拝見させて戴いたものだ。
 月下美人と三色たては。花と胡蝶は、どちらも中南米産のものだ。月下美人はサボテンに咲く花で、夜に密やかに咲いてすぐしおれてしまう、儚げな白い大輪の花だ。花言葉は儚い恋。一方、三色たてははというと、多数の亜種をもって、「華麗なる一族」の異名をもつ胡蝶。富豪が金に糸目をつけず買いあさるステータスコレクションである。
 こんな物語はいかがであろう。
     ☆
 帆船なのだが、蒸気機関による外輪船でもある黒い船だった。
 明治政府の全権大使・
榎本武揚えのもと・たけあきが、南米に渡って任務を果たし、帰途についていた。
 デッキの縁にもたれ、鉢植えを抱えた青年がいて、しょぼくれていた。白シャツに黒のパンツ、革靴のなりである。
 同じ年、同じ格好の通訳が横にきて、やはりもたれかかった。
 赤道から少しばかり北にあがった太平洋の夜で月ばかりが明るい。
「なあ、
恋太郎れんたろう、いつまで凹んでいるんだ?」
 通訳は
愛矢よしやという。イエス・キリストの別名がヨシュヤで、そこから名前をとっているらしい。恋太郎より少し背が高い。やはり痩せている。
「凹んでなんかいない!」恋太郎が答えた。
「やせ我慢か?」
「やせ我慢なものか!」
 使節随員・恋太郎は痩せた青年で、維新の元勲やらその後輩たちと豪快に酒を酌み交わすことよりも、欧米の文士たちの詩を朗読したり、瀟洒な絵を描くことが好きだった。なにゆえ恋太郎などという軟弱な名を名乗るのかは知るよしもないことだが、そのままずばり、惚れっぽいのは確かなことた。
     ☆
 十九世紀末の中南米は、プランテーション農耕とか、牧畜なんかで、けっこう潤っていた。榎本武揚は、維新のために職にあぶれた幕臣・各藩藩士を救済するのが目的で、移民計画をたてた。外交交渉の合間、中米のとある大臣宅である。アルハンブラ宮殿をヒントにつくられた豪奢な屋敷で祝賀会が催されることになった。
 恋太郎と愛矢も、全権大使の随員として招かれたため、黒い燕尾服に盛装して出かけた。
 大理石を敷き詰めた庭園には四角い池があり、座ったライオンが、天を仰いで咆哮する口から水が噴きでいている。楽士たちがマンドリンを哀愁をおびた曲を奏でている。給仕役の
混血児メスチソ青年が、グラスを二人に渡す。
 屋敷はかがり火の炎で照らされ、オレンジ色がかって、闇に映えている。そこでだ。二階のバルコニーから、少女が姿を現した。なんと美しいのだろう。黄金の髪、細くしなやかな腕、花嫁のような白いドレス。  
「大臣のご令嬢らしい。まあ俺たちには高嶺の花だな」
 恋太郎は友の声などきこえてなどいない。
 ほろ酔いとなったところで、ダンスタイムになった。乙女の気まぐれというやつで、令嬢が、恋太郎の前に立った。
「お相手して戴けません?」
「姫、かしこまりました」
 恭しく欧米式に一礼した恋太郎に、少女が手をさしだしたので、渡航に備えて特訓したソーシャルダンスを披露する。バルコニーにいた榎本大使と訪問国の大臣は、会談を中断して、二人の舞に目をやった。
「よい若者ですな。だが娘には婚約者がいる。貴国にはやれませんよ」
「さぞかし彼も残念がることでしょう」
 榎本大使と大臣はそういって笑った。
 二人のいうように、麗しの姫に求愛できぬ青年は大層残念がった。
 何曲舞ったことだろう。最後の曲が終わったところで、その人は庭にある鉢植えの一つを手にとり、「今宵の思い出にどうぞ」といって渡した。
     ☆ 
 ふたたび使節を乗せた蒸気船に話しを戻す。
 デッキの縁にもたれた二人の青年がいる。
 愛矢が恋太郎にいった。
「よほど惚れたんだな? 出会わなければよかったのにな」
「そんなことはない!」
 のっぽの友は、恋太郎が、大事そうに抱え込んでいるサボテンの鉢植えをみやった。花のつぼみが開いて大輪の花になっている。繊細で白い花だった。それを満月が照らしている。
 愛矢が、かの国の楽器店で買い、覚えたばかりであるマンドリンの弦を、ラテンの調べで弾じ始めた。
 ――その人が装う花びらのような薄絹のドレスは白く、月夜に照らされ可憐にゆらめく。ああ、夢幻か月下美人、きまぐれに舞う胡蝶・三色たてはを惑わす。

  END

  
ノート2013.06.11
スポンサーサイト

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line