伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 恋太郎白書 第8話「ポモリ教授のマンドリン」
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

恋太郎白書 第8話「ポモリ教授のマンドリン」

 むかし恋をしてはふられてばかりいる若者がおり、人は若者を指差して恋太郎とよんだ。花や紅葉が、はらはら、と宙に漂うかのような若者だった。
.
 シャンソンのレコードがいつもかかっている〝めらんこりい〟 大学の講義受講のあと、恋太郎はその日もやってきた。カウンターには、楽器ケースが置いてある。
.
 恋太郎が不思議そうにみていると、マダムが微笑んだ。
 「あれね。教授のよ」
 教授と呼ばれた人は少し遅れてやってきた。ケースの中身はマンドリン。教授は微笑んで、
「どうだい、唱ってみないかい?」
 と恋太郎に提案した。
.
  ※  ※  ※
.
 教授はくわえたばこ。霜を混じえた頭はナチュラルヘア。細面、口髭。いつもスーツを着こなして、蓋のない懐中時計をズボンのポケットにしのばせていた。そしていつも煙草をくわえている。
.
 従弟からもらったカセットのカバーにあった音楽家のポール・モーリアそっくりだ。少し長いので、学生たちは、ポモリ教授と呼んでいた。

 .
  シャンソン・レコードのアルバムが終わったので、マダムが針をはずした。教授が奏でだす。
.
  ある晴れた昼下がり市場へ続く道
  荷馬車が、ごとごと子牛をつれてゆく
.
 「『ドナドナ』はね、楽しげに唱ってバランスをとるんだ。音楽というのはそういうふうにやるんだよ」
.
 ──なるほど。
.
  かわいい仔牛、売られてゆくよ
  悲しそうな瞳でみているよ

  ドナドナドナ
  仔牛を載せて、  

  ドナドナドナ
  荷馬車が揺れる
.
 「うーん。いいぞお」
 ポモリ教授が演奏をやめたところで、顔なじみが入ってきた。恋太郎の幼なじみで愛哉(よしや)という学生だ。恋太郎の通う大学に近いところにある大学に進学し、〝めらんこりい〟の常連になっている。
.
 愛哉が入ってくるなり、
「どうしちゃったの」
 と素っ頓狂な声をあげた。
.
 楽しいから唱いたくなり、唱うから楽しいのだ。ほかに理由などあるものか。
.
  ※  ※  ※
.
 ポモリ教授と過ごす時間はとても愉快だった。教授は恋太郎にいったものだった。
.
「恋太郎君はもう大人だ。愛する人とアパートの軒先に洗濯物を並べてもいいんだよ」
「困りました。相手がいません」
「残念だねえ」
「はい、残念です」
「恋人ができるといいねえ」
「はい、できたら嬉しいです」
.
 二人のやりとりを訊いていたマダムと愛哉が顔を見合わせて噴きだした。教授はマンドリンをケースにしまいながら、エビス・ビールとナポリタンを三人分注文し、恋太郎と愛哉にご馳走してくれた。

 (春は獅子のように現れて、羊のように去ってゆく)という。葉桜が揺れている。羊のように去りゆく、ゆるい季節の夕暮れが、そんなふう、であったのを恋太郎は記憶している。


.
.
  ※  ※  ※

せ、先輩、ルパンだあ~っ!

 

 

 

 

中居、クリックだけはするな。ブログを盗まれるぞ。

↓ 

.

.  
  ※  ※  ※  
.

ポチボタン

 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村

小説・詩ランキング

人気ランキング娯楽部 ※

  http://www.blogmura.com/help/?type=h&no=12http://ping.blogmura.com/xmlrpc/b3byx262eg9q にほんブログ村 
おきてがみ
次の行まで必要
------------------------------  


 




スポンサーサイト

theme : 短編小説
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

おはようございます

おはようございます。
今日は少し寒さもゆるんだようです。

恋太郎シリーズ、詩的でいいですねー。
ポモリ教授もとても魅力的、こんな先生も確かにいたような。
ドナドナは大好きでした。
ジョーンバエズの透き通った歌声を思い出します。
(春は獅子のように現れて、羊のように去ってゆく)、なかなかいいですね。人の春もこのように現れ去っていくのでしょうね。

いつも読んでいただきありがとうございます。

Re: おはようございます

「(春は獅子のように現れて、羊のように去ってゆく)、なかなかいいですね。人の春もこのように現れ去っていくのでしょうね。」

欧州のことわざ。青春もまさにその通り。いつのまにやら情熱的な恋も一歩さがって、慈しみにかわっています。

いつもありがとうございます。
line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line