伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」 メガソーラ―導入が帰郷の理由だった
 

伯爵令嬢シナモン「飛行船の殺人」

小説、エッセイ、画塾

cinamon B 飛行船シルフィ― cinamon

メガソーラ―導入が帰郷の理由だった

 福島県いわき市というところは、炭鉱の町だったものを、工業都市として再整備し、小名浜港・常磐線・常磐自動車道をアクセスルートにしていた。人口は2000年の36万人をピークに以降はゆるやかな人口減となり現在34万人になっている……ことになっている。ところがだ、原発事故の後、危険区域住民がなだれ込んできたため、実質2から3万人増となっているらしいのだ。被災地全体としては、遅々として進まぬ復興工事の中、一種のバブルが生じていた。そのいわきに3月22日から私用があって戻った。
 急に呼び出されたのは、叔母の土地を実家が私名義で買い取ったからだった。舗装路・水道・電気が通り、近くには常磐湯元温泉郷がある。バブル前、叔母はそこにペンションを建てる予定だった。だが登記簿上は山林だ。地下は常磐炭鉱坑道があって、落盤を起こし穴が開いたこともある。450万で1000坪を地元共有林を購入した。おそらく現在の取引価格は100万を切るものだろう。
 叔母は夫が癌となり、治療費に多額の費用がかかるため、処分したがっていた。他の兄妹たちが、いくばくながら遺産を貰っていた中、ただ一人貰っていないという経緯がある。実家の親は、遅ればせながらの財産分与の意味があってか、バブル時代の購入価格で買い取った。
 別件で、高度経済成長期に実家が借地に出した住宅区画があり、土地区画が曖昧になっていた場所がある。そこも懸案の場所だった。
 日吉真一(仮称)は、小学校から高校まで同級生で、遠縁の親族でもある。日吉は、遺産相続税対策で、アパートなどの物件を造成したり、古い建物を整備していた。中学時代まではぱっとしない感じだったのが、高校から急に成績を伸ばし、そこそこの大学に進学し、地元銀行に就職。昨今は、独立して会社を設立していた。メガ・ソーラという小型の太陽光発電所を自前でつくる。800坪の敷地に大型パネルを設置して、50キロワット弱の電気を発電設備を2組つくるというものだった。取引先は主に企業なのだが、老いた親はこれを一基買い取ることにした。
 彼のいうところのウリは、民主党時代の原発爆発事故の復興事業の一環で、来年まで、倍価格で電気を買い取るのだという。はじめ2基購入する話だった。そこへ縁者の経営者がきてメンテナンス上の問題で、さほどの収益は見込めないという横やりを入れた。そんなわけで結局、様子見ということで、1基だけの購入となった。
 さて、首都圏から呼び出された私。叔母の土地の購入者として、またプチ発電所オーナーとなる親の保証人として、銀行借り入れのハンコを押す必要が生じたわけだ。ともかく、実物をみなくてはならぬ。日吉の車に乗り、施設を視て回る。彼の両親名義のシステム1基ずつ、自分の名義1基、手持ちの会社名義1基。通算4基200キロワットの発電所を所有していた。単純に1億はかけている。
 本気度は分かった。金融で培った法制上の優遇措置は、いまだけで、再来年から徐々に目減りしてゆくので、一気に投資しているのだという。そういう先見性も判った。私は彼が昔から嘘はつかないことを知っている。ゆえにハンコを押した。
 はっきり、いって、私は原発反対論者ではない。いまさらどうせよというのだ。原発をとめたら、危険地区はどのみち、最終処分場としてしか使えない土地になるだけのことだ。ドイツの事例をみれば判り切ったことではないか。
 日吉は、いわき市内でのメガソーラー設置者の一覧表をみせた。どれも地元の有力企業ばかり。例外で個人名があったのは彼とその親だけだった。
 私は、「ソフトバンクの孫氏が、震災直後に被災地や休耕田で、ソーラー発電所建設プランを打ち出したけれども、被災民は動いているのか?」と訊いた。
「別荘感覚でいわき市内に家は建てる。おかげで建設ラッシュになった。しかし、補助金が停止するとかの理由があるらしい。例えば一人に対しての月額補助金は10万だが、大家族で10人いれば100万になる。それを打ち切ってまで、思い切った投資はしない」と答えた。
 彼は続け、「国も自治体も、メガソーラーの優遇措置の件はほとんどPRしていない。周知不徹底だ」といった。
 2012年12月の選挙に関らんで、原発反対の声もあったのだけれども、私は上記の理由で原発反対に、反対だった。あまりにも対案というものがなさすぎで、具体的に動いている人がいなかったのだ。
 昨年たまたま読んだ、賛成派のブログに、『本当に、原発はいらないか?』 という記事があったので、「要る」と書き込みした。「候補者の人気取りにつきあうほど、 現実逃避につきあうほど国民は馬鹿か? 要は危機管理能力の問題だと考える原発県福島県いわき市出身の私」と書いた。
 すると、原発反対論者が記事とコメントに対してきた。
「すばらしい持論ですな・・・・しかしそれは、被害はおろか、計画停電すら経験のない東京人の発想かと・・・・福島、新潟の原発の電力をほとんど東京で消費してるんですけどねぇ・・・・・俺は、原発は、いらねんじゃねぇかと思ってる人間なんで、おそらく論議は平行線・・・・つか、夢の島あたりに原発作る計画があったとしても、賛成ですかい?
火力発電・・・・クリーンじゃねぇし、燃料コストもかかるけど、それはそれでいんでねぇの? 現在の先進技術(今の暮らし)を捨てる気がねぇから、先進国の人間のエゴみてぇな話になると思う。俺は、東南アジアを旅したし、少しだけど住んだこともある。そこに住んでる人間は、熱いぜ?今を生きてる活力があるんだよ!貧乏だけどな・・・・・日本人は、(俺もだけど)そんな活力あるんかいな?先進技術(電力含め)が当たり前になってるからダラダラ生きてるのが多いじゃん?ゆとり教育の負の遺産は、これからもっと増えるぞ!つか、昭和の活気があった生活に戻せば、原発はいらねぇよ!まぁ、戻ることはできねぇから節電しかねぇのかなぁ?ある意味、電気料金を今の5倍とかにすれば、原発はいらねぇんじゃね?払いたくねぇから、みんなが、みんな節電するぜ!原発がいるだの、いらねぇだのって議論の前にモラルとかの話が先だと思うぜ?俺(私)は、関係ねぇ!って人間が日本には多すぎる。ちなみに・・・・↓の人知らないけど、出身なだけで今現在そこにはいねんじゃねぇの?打撃を受けた被災者の考えじゃねぇもん!まぁ、人それぞれだけどな!.
 「↓」と書かれた私。はいはい家屋だけで500万被害を受けましたよ。住民票がそこにあって、いずれ戻る人だよ。コメントの主はどういう人だろう。1980年代末に書かれた田中芳樹のSF小説『銀河英雄伝説』の主人公が、「見事な見識をお持ちだ」と知的な恋人と出会ったときに格好よくいったものだから、一部のオタクな読者は、褒め言葉やら嫌味に、真似て使うになった。言葉づかいから30前後の人かな。
 原発継続運転に反対する人、NPOを立ち上げ、募金を集めて被災地一帯に土地を借り、メガソーラシステムを買いなさい。使えない土地が死ぬほどあるから、そこをソーラーパネルで一杯にするんだ。いわき一帯は暑すぎもせず雪も滅多に降らないところで、太陽光発電における蓄電設備に支障を与えない理想の環境だよ。節電ばかりで産業が維持できるかね? 産業なくして日本は何をする? 吠えるだけのヒステリーは見苦しい。私も動かないでいたのだけれどね、ささやかながら、動く側に回ることにしたよ。
 END
スポンサーサイト

theme : ヒトリゴト
genre : 小説・文学

line

comment

Secret

No title

原発に関しては、電力会社の管理能力の問題が大きいと思っています。あれだけお粗末な管理、危機管理の欠如が重ならなければ、大被害は起こらなかったと思っています。

どうも、日本の官僚組織、電力会社も同様の組織ですが、経験したことがないことは、起こらないと言う発想が有り、予防に関しては極めて稚拙で、内部での反論は押しつぶされてしまう傾向があります。

そういう組織に、原発は管理出来ないと思います。

jizou様

> 原発に関しては、電力会社の管理能力の問題が大きいと思っています。あれだけお粗末な管理、危機管理の欠如が重ならなければ、大被害は起こらなかったと思っています。どうも、日本の官僚組織、電力会社も同様の組織ですが、経験したことがないことは、起こらないと言う発想が有り、予防に関しては極めて稚拙で、内部での反論は押しつぶされてしまう傾向があります。そういう組織に、原発は管理出来ないと思います。

この件に関して、当時の会社やら政府の対応に問題はありました。ただ、実際、原発なくなった場合、すくなくとも、直接・間接的にこれに頼るようになってしまった34万都市いわきは存在意義を失い急激な過疎となって消滅することでしょう。その電力に大半を頼る日本はどうでしょうね? 中国・韓国・ロシアが売ってくれたらいいのですが…。

line
line

line
Google ペイジランク
ページランク-ナビ
line
奄美剣星
line
文鳥貴族
文鳥貴族
line
最新記事
line
「怪盗めろん」

 

line
「文鳥王トリスタン」
 
line
ブクログ
line
小説家になろう
line
amazon書籍
line
アルパカ版の恋太郎です
line
映画『副王家の人々』より
副王家の一族 
line
イアリング
 ekubo
line
チャイナドレス
chainadoress
line
ポーズ
sofa
line
魯迅記念博物館
inu
line
陽だまりの乙女
usagi
line
裸婦
うつぶせのジャスミン
line
sakasu
line
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
line
PC広告Amazon
line
テーブルと椅子
椅子3   
line
sub_line
プロフィール

奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)

Author:奄美剣星 (狼皮のスイーツマン)
1930年前後の歴史推理小説 シナモンと素敵な旅をどうぞ

line
ranking 1
 
line
ranking 2
人気ブログランキングへ
line
置手紙
おきてがみ     
line
Twitter ぼたん
Sweetsman7をフォローしましょう
line
レッドバロン
line
検索フォーム
line
QRコード
QRコード
line
所収作品について
文献・画像等引用の場合は引用元を記載。自作小説倶楽部作品著作権は各著者に帰属。それ以外の文藝作品・絵画写真画像に関する諸権利は当該ブログ管理人に帰属。無断複写転載を禁じます。
line
カジュアルのシナモン
シナモンアップ 
line
リンク
line
マラッカ要塞
marakka
line
珈琲館の割れ甕
城南
line
地図
line
草原の乙女
sougenn
line
バー
eruhurio  
line
海へ行こう
umiheyuku2
line
祖母
  umiheyuku 1
line
洗い髪
araigami
line
癒しの音楽
line
sub_line